自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

プラモデルのストックと完成品の分析

2017年02月01日 18時06分39秒 | プラモデルのお話
インフルエン座星から帰還したばかりで、ラッカー系の塗装作業は明日からということで、ちょっと暇になったので、プラモデルのストックと完成品の分析をしてみました。

本日時点のストック324個、完成品125個について、そのジャンル別に分析した結果です。

       <ストック>  <完成品>

飛行機   57.4%    56.0%

車      13.0%     9.6%

SFキャラ   6.5%     2.4%

船       5.9%     6.4%

潜水艦    4.3%     12.0%

鉄道      3.1%       0%

AFV      2.5%    12.0% 

(%が100にならないのは、これ以外のジャンルも少数あるためです)

飛行機が過半数を占めていることと、車が2番目になっていることはストック/完成に共通しています。

大きく違うのが潜水艦とAFVです。
このふたつのジャンルはあまりストックせずにドンドン作っていることがこの数字で見ても判ります。
理由は簡単です。
潜水艦は購入頻度が少なく、たまに買うと直ぐに製作に取り掛かるケースが多いからです。
好きなジャンルなのにキットの発売が少ないからでしょうね。
AFVは全部1/48で、何も考えずにサクサク素組みするだけなので1個1~3日で完成するからです。(一時期、嵌ったせいもあります。)

反対に買うばかりで、殆ど製作に手が付いていないのが鉄道とSFキャラです。
鉄道については製作ノウハウが全く無いために手が出せていないのが実態ですね。
どれか1個完成させられれば一気に進む可能性はあります。
SFキャラは今年が勝負です。

メーカー別に国産か輸入かで見ると、「あぁ、やっぱりねぇ」って感じです。

          <ストック>  <完成品>

国産キット     47.8%  55.2%

輸入キット     52.2%  44.8%

見事に逆転しています。
手を出し易い「国産キット」から作っているのが明らかですね。 
コメント (8)