自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

アメリカン4-4-0薪機関車 完成写真

2018年09月25日 13時11分17秒 | プラモデル完成写真
mpc1/25のアメリカン4-4-0薪機関車の完成写真です。

製作記その11で、速報写真アップしていますので、そちらにコメント頂いた皆様、ありがとうございました。
改めてコメント頂くには及びませんので、どうかお気遣いなく。

4-4-0というのは先輪(機関車の方向を安定させるためのステアする車輪のこと)が2軸(4輪)、動輪(蒸気シリンダーからクランクを介して動く、ステアしない車輪)が2軸(4輪)、従輪(後進が多いような機関車で必要となるステアする車輪)が無いという意味です。
4-6-4というと先輪2軸、動輪3軸(日本では”C”が付く機関車)、従輪2軸という意味で、日本のC11がこれになります。

4-4-0の薪機関車は1840年代~80年代(日本の幕末~明治)のアメリカ開拓時代に活躍した機関車で、石炭ではなく薪を燃料としています。
時速40kmくらいで走っていたようです。
西部劇にもよく登場するお馴染みの機関車です。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅢ」で登場し、デロリアンを押して谷に転落する機関車が正にこれと同型です。
TDLのウェスタンリバー鉄道の汽車(本物の蒸気機関車です!)もこれをモチーフに作られたものです。
現在ではアメリカ国内にもほんの僅かしか残っていないそうです。

キットは1/25というビッグスケールで、機関車と炭水車、軌道の台座がセットになっていて、台座の全長67cm、全幅15cm、機関車の全高が19cmという大きさです。
パーツ数はかなり多く、パーティングラインやバリも程々にありますが、パーツ精度自体はまぁまぁ良い方だと思います。
但し、インスト(もちろん全部英語)にはごく一部を除いて塗装指示は無く、パーツも芋付けが多い上にインストが判りにくいので、決して作り易いキットではありません。
初心者モデラーにはちょっとハードルが高いと思います。
実車の資料や写真が殆ど無いことと、前述の通り塗装指示が無いので各部の塗装は映画「B・T・F・Ⅲ」を参考にかなりの部分を想像で塗っています。
金色部分は実車では真鍮磨きのようですが、キットでは金メッキパーツです。
この金メッキが非常に薄い色でぼやけている上、パーツ組立後の成型処理などでどうせ剥がれてしまうので、思い切ってハイター風呂で全部剥がしました。
組立成型後にクレオスメッキシルバーネクストを下地無しで塗り、その上にクリアイエローとクリアオレンジの調合色を吹いて再現しました。

ヘッドライトはLED電球で点灯するようにしました。
電源は台座内に仕込んであります。
これも資料が無くて判りませんが、電球発明前なので多分ガス灯だと思われますが、雰囲気重視でオレンジ色の光にしてあります。

その他は完全素組みです。

汚しは殆どせずに、ミュージアムモデル風に綺麗目に仕上げました。

製作期間2.5ケ月、製作日数は13日程度です。
今年10個目の完成です。








コメント (12)

P-47サンダーボルト 製作記 その4 完成

2018年07月01日 18時33分15秒 | プラモデル完成写真
6月23日の夜から、かなり酷い風邪で寝込んでしまいましたが、27日から仕事に復帰し、お陰様で現在ほぼ全快状態です。

・・・と思ったら29日には関東地方で梅雨明け! 関東で6月に梅雨明けするのは観測史上初だそうです。
この分では相模湾がサンゴ礁の海になる日も遠くないのかも知れません。
当面の心配は水不足ですね。

そんな心配をしていたら今日から7月! 湘南は既に海開き。
7月中旬には平日休みが取れそうなので、シマアジ五目の遠征釣りに行けそうです。
楽しみです! お願いだからその時だけは台風来ないでね・・・。

さて、プラモデル作りですが、風邪が治ったので早速昨日からハセガワ1/72のP-47Dレザーバックの製作を再開しました。
・・・ここで大シクジリです。
久々のプラモデル作りで乗ってしまい、夢中になっているうちに気が付くと途中写真を全く撮らずに完成してしまいました!
生まれて初めての電動電飾なのに、肝心の製作途中の写真がゼロという、ブログモデラーとしては最悪のシクジリで申し訳ありません。
そんな訳で前回の「コックピット製作」から一気に「完成」です。

キットはハセガワ1/72のD型レザーバックです。
クラブの例会での放出品で箱無しです。
ハセガワ流の繊細な筋彫りで、パーツ精度はほぼ完璧でパテ不要です。
特に胴体と主翼の合わせは特筆もので、他のメーカーも手本にしてもらいたいものです。

いつもなら飛行姿勢で素組しますが、今回は電動=モーターでプロペラ回しと電飾=LEDで翼端灯点灯に挑戦しました。
電飾はTBシリーズで経験済みですが、電動は全くの初めてなので以下の諸先輩方のサイトを参考にさせて頂きました。
改めまして御礼申し上げます。

SOMAPさんのブログ。
https://blogs.yahoo.co.jp/somap20

モデルグラフィックスなどでもお馴染みのどろぼうひげさんのブログ。
http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/

飛行姿勢&プロペラ回しの専門のサイト「フライトポジション」。
http://www.flight-position.com/index.html

翼端灯は胴体内部の3mm砲弾型白色LED1発から光ファイバーで翼端まで持っていきました。
プロペラはダウンソル製のマイクロモーター(直径6mm、シャフト径0.8mm、定格4.2V)をキットのエンジンパーツの後ろに仕込んで、真鍮パイプでプロペラと連結しました。

電源は飛行姿勢用のスタンド台座から取ることにしました。
台座(木製の自作)の中に単三乾電池2本とトグルスイッチを内蔵して、+-各1本で直径8mmのプラパイプ製支柱の中を通して機体とのジョイント部分まで持っていきます。
機体と支柱のジョイントは3mmビス1本と真鍮パイプ製のコンセントです。



機体の内部でLEDとモーターにそれぞれ並列で接続しました。
LED1発は単三2本の3Vでちょうど良いのですが、マイクロモーターは回転が速すぎるので、1S1588のダイオード2個を直列で挟んで電圧を落とし、回転数を下げています。

塗装はキット付属のデカールを使用して1944年にイタリアに展開した第325戦闘航空軍のR・ベイスラー中佐機のマーキングにしました。
デカールが古くて限界寸前でしたが、何とか使えました。(あちこちシルバリングを起こしています。)
今回は電動電飾ノウハウの習得が目的だったので機体の製作はサラっと素組みで、若干手抜きもあります。(笑)

今回の反省は沢山あります。
・スタンド台と機体とのジョイント部分をもう少しコンパクトで綺麗に作りたい。
・機体内の配線処理をもっと上手くやりたい。

難しかったのは、機体内の配線を繋いで左右パーツを合体させる工程です。

それでは完成写真です。
先ずは電源オフ状態の全景です。


エンジン部分のアップ。


スイッチオン!
屋外自然光で撮影したので翼端灯の光具合があまり良く判りませんね。




心配したプロペラのブレはゼロです。


これで今年9個目の完成です。

次もアメちゃん物ですが、宇宙?陸?水中? 何にしまひょか・・・


ハセガワ 1/72 アメリカ陸軍 P-47D サンダーボルト プラモデル A8
クリエーター情報なし
ハセガワ
コメント (10)

チャレンジャーⅠ 製作記 完成

2018年06月10日 11時20分50秒 | プラモデル完成写真
レベル1/25 ミッキー・トンプソン&チャレンジャーⅠが完成しました。
その6以後の作業はモデリングワックスで磨いただけです。
完全素組みです。

1960年9月にアメリカ人ホットロッドドライバーのミッキー・トンプソンが地上を走るレシプロエンジン4輪車として初めて時速400マイルを突破し、時速406.6マイル(654km/h)の速度記録を出した時の車です。
記録を出したのは数々の速度記録で有名なユタ州のボンネビル・ソルトフラットです。

スーパーチャージャー付V8エンジン4基を搭載し、4輪それぞれを駆動するという4WD方式で、エンジンパワーは4基合計で3200馬力以上です。

車体レイアウトとしては前から冷却水タンク(ラジエターは無し)→4基のエンジンとミッション&デフ(燃料タンクは極少量のものが各エンジンの脇に配置されています。)→コックピット(お尻よりペダルの位置の方が高い!)→エアブレーキ用パラシュートの順に並んでいます。
フレームは鋼管トラス構造の溶接です。
排気は各エンジンの片側4気筒つづを1本に集合し、サイレンサー無しの直管で車体側面に排気するというレイアウトです。
中央アンダーカウルの4個の穴から覗いているのがそれです。

キットはアメリカレベルのもので、初販がいつ頃かは判りませんが、ランナーやバリの感じから見て、あまり新しいキットではないと推測します。
インストの著作権表示は2012年になっています。
現在は殆ど入手できない状態だと思います。




このキットの最大の難関はシャシーフレームと10分割されたボディパーツとの合いが致命的に悪いことです。
フロント、両サイドのアンダーカウル、リアカウル、キャノピーは調整すれば何とか見られる程度にまで収まりますが、脱着式のセンターカウル(エンジン部分のかばー)はどう調整しても合いません。
完成品を作品展などで展示する際にはセンターカバーとコックピットキャノピーを外してエンジン、コックピットを見せた状態で展示すると思うので、最終的には諦めました。
コックピットキャノピーの小さな窓用のクリアパーツは付属していないので、透明塩ビ板で作ることも考えましたが、素通しでも全く違和感が無いので、そのままにしています。
ミッキー・トンプソンの1/25塗装済みフィギュアが付いていますが、これの出来がかなり良くて、実物とも結構似ています。

それでは完成写真です。

先ずはフルカバード状態です。



フロントホイールカバーを外した状態です。


センターカウルも外した状態です。

コックピットキャノピーも外すとこうなります。


エンジン部分のアップです。

コックピットのアップです。
シートベルトはキットのモールドを塗り分けました。



これで今年8個目の完成です。
6ケ月で8個ですからまずまずのペースです。

次もアメちゃん物・・・空?海?・・・
コメント (14)

ボーイングB-52H製作記 その6 完成

2018年05月05日 15時05分45秒 | プラモデル完成写真
写真撮りががなかなかできなくて遅くなってしまいました。
ミニクラフト1/144のB-52Hの完成写真です。










大きさの比較の意味で前作のC-141と並べて撮影です。
ほぼ同じ大きさであることがお判りいただけると思います。
写真撮り忘れましたがYS-11の2倍以上です。



コメント (12)

ロッキードC-141スターリフター製作記 その4

2018年04月25日 14時26分25秒 | プラモデル完成写真
ローデン1/144 ロッキードC-141Bスターリフターが完成しました。
前回までで塗装とデカール貼りが終っていましたが、その後、墨入れとつや消しクリア吹きをして完成しました。

飛行姿勢用スタンド自作と、飛行姿勢に合わせて主翼の取り付け角度と反り具合を修正した以外は完全素組みです。
キットのできはまぁまぁ及第って感じです。
パーツ数も少なくて作り易そうなのですが、パーツ精度が若干悪いことと1種類しかないデカールの質が良くないのことが欠点です。
デカールは白/グレーツートン用の物も付けてほしかったですね。

実機は、1963年初飛行、1964年運用開始、2006年退役で、生産機数285機ですからC-47や同じロッキードのC-130と比べると決して成功とはいえません。
C-130の高翼、尾部ゲートという基本レイアウトをそのままジェット化したような感じですが、胴体の細さが欠点となり、最大積載量(重量)に大して貨物室の容積が少なく、パワーを活かしきれない場面が多々あったそうです。
この欠点を払拭した後継機C-17グローブマスターに現役の座を譲りました。
実戦ではベトバム戦争、湾岸戦争の両方で活躍しました。

私はこの欠点である胴体の細さが輸送機には珍しいスマートさになっていて好きです。
キットは胴体を延長したB型なので、スマートさが更に強調されています。
実機は全長51.29m、全幅48.74m、全高11.96mで、最大積載量は42.2tです。兵員なら205名を一気に運べます。

私が多摩地区に住み始めた30年程前は横田基地に離着陸するるC-141が頻繁に我が家の上空を飛んでいました。
特に着陸時は脚出し、フルフラップで高度数百mでしたから結構迫力がありました。
でも爆音は現役のグローブマスターの方が遥かに静かです。










Lockheed C-141 Starlifter (Warbird Tech Series)
クリエーター情報なし
Specialty Pr Pub & Wholesalers
コメント (14)

ドイツⅣ号戦車製作記 その4 完成

2018年03月17日 18時03分25秒 | プラモデル完成写真
タミヤ1/48のドイツⅣ号戦車J型が完成しました。

基本塗装完了後、
・転輪と履帯取り付け
・クレオスウェザリングカラー2番グランドブラウンでウォシング
・小物パーツ取り付け
・ライトグレーでドライブラシ
・タミヤウェザリングマスターA、B、Cセットで汚し
・つや消しトップコート吹き
で完成となりました。

砲塔のシュルツェンは付けましたが、車体両サイドのシュルツェンは付けず、箱絵の通りに作りました。
塗装とマーキングは44年のノルマンディー戦線のものです。
完全素組です。
製作期間2週間、正味製作日数は3~4日くらいです。

Ⅳ号J型の詳しい考証は別として、パーツ精度は完璧で非常に作り易いキットです。
インスト通りに作るには全く問題ありません。

これで今年5個目の完成です。









これまでに制作した戦車の完成品集めてみました。
手前は全部タミヤ1/48です。
奥の小さなⅣ突はドラゴン1/72です。


この後の製作予定はサークルの今年のテーマである「アメリカ」一筋になります。


AFV SUPER DETAIL PHOTOBOOK Vol.5 ドイツⅣ号戦車 F2(G)型
クリエーター情報なし
モデルアート
コメント (10)

T-34/76製作記 その3 完成

2018年03月03日 16時18分42秒 | プラモデル完成写真
タミヤ1/48 ソビエト中戦車T-34/76が完成しました。

製作自体はあまりにも簡単なので、製作途中の写真が殆ど無くてすみません。
前回その2の後、デカールを貼り、小物パーツを取り付けました。
更にMr.ウェザリングカラー2番グランドブラウンでウォッシングをして、ニュートラルグレーでドイライブラシを掛けて、最後につや消しクリアを吹いて完成です。
完全素組みです。
正味製作日数は4日程度です。

何せ、本格的に戦車を作ったのはこれが3台目なので。、まだまだ初心者の拙作です。
これからこの分野も少しづつ修行して、ジオラマなんかも作っていきたいと思います。

これで今年4個目の完成品です。











次は何にしましょうか・・・・。


第二次大戦ソ連重戦車 (ミリタリーモデリングBOOK)
クリエーター情報なし
新紀元社
コメント (6)

アメリカ空軍 ジェット戦闘機3機同時製作 その6

2018年02月09日 06時13分28秒 | プラモデル完成写真
3機同時製作の最後、タミヤ1/72 Fー84Gサンダージェットが完成しました。
今年3個目の完成です。(数だけは快調です・・・)

リパブリック社がP47サンダーボルトの後継機として開発した世界で初めて核爆弾を搭載できる第一世代のジェット戦闘爆撃機です。
但し、MIG15が投入されると戦闘機としては太刀打ちできず、F86にその座を譲り、爆撃任務に専念したようです。

キットは写真でもお判りの通り素晴らしいモールドがビッシリと施され、パーツ精度も申し分のない、とても作り易い秀作キットです。
ネットで実機の写真と比較しても、実機の特徴をよく捉えており、その点でも問題ありません。
マーキングはキット付属のデカールを使用して、1952年、韓国の大邸に展開した第58戦闘爆撃航空隊の超派手なマーキングにしました。
このデカールも非常に出来が良く、タミヤ特有の硬くて馴染みにくい物ではなく、扱い易いものです。
サイズや形も非常に正確で垂直尾翼や機首のカラーリングもピッタリです。



この勢いでミレニアムシリーズへ突入する事も考えましたが、手元にキットが無く、わざわざ買う程の事もないので、次はフランス🇫🇷のダッソー一族に行こうと思います。










F-84 Thunderjet in Detail
クリエーター情報なし
Squadron/Signal Publications Inc.
コメント (10)

アメリカ空軍 ジェット戦闘機3機同時製作 その5

2018年02月03日 14時52分17秒 | プラモデル完成写真
F-100Dに続いて、ロッキードF-104Aスターファイターが完成しました。
キットはイタレリ(元はエッシー)の1/72です。

72のA型でアメリカ空軍のデカール付となるとこのキット」が唯一だと思います。
パイロットが付いていませんでしたので、ハセガワの別売りフィギュアを搭乗させました。
それ以外は素組みです。
パーツ精度も良く、組み立てやすい好キットです。
モールドやディテールも72としては必要十分なものです。

スターファイターのシャープさ、スマートさをフルに表現するため、増槽やミサイルは一切付けずに組みました。
まるでミサイルに小さな翼を付けたような独特の感じが最大限に強調されて良かったと思っています。

機体の塗装は下地にグロスブラックを吹いた上にクレオスSM06クロームシルバーとSM05スーパーチタンを使用しました。

製作日数は正味4~5日くらいです。

残るはF-84だけです。











ハセガワ 1/48 アメリカ空軍 F-104C スターファイター プラモデル PT19
クリエーター情報なし
ハセガワ
コメント (12)

F-100Dスーパーセイバー完成写真

2018年02月01日 08時08分41秒 | プラモデル完成写真

今日から2月です。
当たり前ですが、今年も1/12終わってしまいました。
ちょっと遅くなってしまいましたが、タミヤ(イタレリ)F-100Dスーパーセイバーの完成写真です。










タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.60 アメリカ空軍 F-100D スーパーセイバー プラモデル 60760
クリエーター情報なし
タミヤ
コメント (8)