お世話になります亀戸で不動産

江東・墨田区を中心に仲介の蔵不動産。亀戸で開業して27年です。宅地建物取引主任者・不動産コンサルティング技能登録者です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

階段のコーキング

2013年05月28日 | 不動産
この階段は施行が悪く踏み面の角が波打っていました。そのためコンクリートと鉄骨の間にすき間があります。そのためか、2階から3階に行く階段がグラグラするようになりました。去年鉄の板を溶接する補強の工事をしました。
すき間があるので、吹き込んだ雨水が染み込み階段の裏側で錆がひどくなっていました。
ケレンすると場所によっては錆が固まりで落ちます。この前ペンキ屋にペンキ工事をして貰った時にコーキングをしてもらいました。古くなり剥がれて来ていました。そこから雨水が染み込み錆が出ていました。ペンキ工事をしていて気が付きました。
古いコーキングを削り取り剥がしました。錆と埃を取り錆止めのペンキを塗ってから、新しいコーキングをしました。
時間が無くまだ工事中です。終わるまでもう少し係ります。
階段の踏み面を防水ペンキで塗ることも考えています。どの様な物があるか捜しています。滑らない物を捜しています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埋木を知っていますか。

2013年05月25日 | 不動産
埋木と言っても特別のことではありません。木部に機器を取り付けたあった場合、その機器が何度も壊れてしまい、木ねじを抜き挿していると穴が空いてしまいネジを挿すことが出来なくなります。この場合、割り箸を挿して埋木をします。割り箸を長いまま挿して折ります。カッターで削って平らにすれば穴が木で埋まり、また木ねじを使うことが出来ます。簡単な事ですが知っておくと意外と役に立ちます。
先日トイレの鍵を取り換えたのですが、何度も壊れたのでしょう、木ねじを付けようと思った位置が穴になってしまっていました。埋木をし、同じ位置に鍵を付けました。
穴が空いていない他の位置で木ねじを挿して鍵を付ける場合、鍵の位置が変わることによって受け口も全て替えなければなりません。埋木により同じ所に付けることで簡単に付ける事が出来ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンキ塗りのためのケレン

2013年05月21日 | 不動産
脚立の問題が解決したので階段の裏側の錆び落としを始めました。
今度は、脚立に乗っても届かない所が出てきました。「皮剥がし」で錆は取っていたのですが、皮剥がしは短いヘラのような物ですので、高い離れた所は届きません。
長い棒が付いたケレンする道具を捜しました。ケレンの棒とは、例えば床にこびり付いたガムを剥がし取るための道具です。ケレンとは剥がしたり、削る事を言います。
島忠で探しました。ケレンする道具は無くスレイパーと言う物がありました。ペンキのはがしにも使えると書いてあった事と、長さが1メター以上(現場は階段から離れた位置に鉄骨がとび出ています)あったので、これを買って来ました。
包装を取ってみると刃先がカッターの刃の様な物でした。これでは弱くて鉄の錆を取れません。これはアスベストや壁紙を取るための道具でした。ペンキでも、平らな広い面を取るための道具でした。
ケレンの棒は職人が使っている道具屋で見つけました。1,500円ほどでした。
1メーターちょっとの棒の先に刃が付いています。これで階段の高い所のケレンが出来る様になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

階段ペンキ工事のための脚立

2013年05月17日 | 不動産
鉄骨階段のペンキ工事をしています。
2階から3階に上がる階段の下場をペンキで塗ります。足場が階段のため脚立が平らに置けません。台を置いて遣ることも考えたのですが、危険なので躊躇していました。届く範囲を遣りながら方法を考えていました。
脚立の足を継ぎ足せる物がないか調べました。島忠でアルミの脚立用は無いが、鉄のパイプ脚立用ならあると言うことでした。親父が鉄のパイプ脚立を物置にしまってありました。これで使えるので買ってきました。1本千五百円ほどでした。この足は脚立の足に差し込んで付けます。長さも調整できます。
鉄のパイプ脚立は良く工事現場で見かける物です。オレンジ色の鉄のパイプ脚立です。重いので今まで使っていませんでした。
鉄パイプ脚立の片側の2本に継ぎたし足を付けました。足を一杯いだして、階段3段分です。片側が階段3段上にあり、もう片側が3段下にあることで平行に立ちます。これで階段の裏側の作業が出来る様になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外水道の蛇口を交換

2013年05月14日 | 不動産
長年使っていない外水道から水がでていました。昔に休止したはずでした。水が出ることは無いと考えていました。メーターボックスを見るとバルブが開けてありました。バルブを閉めて水が出ないようにしました。蛇口も取っ手の無い蛇口に替えました。この蛇口は先日洗濯防水盤を付けた時に取り換えた古い蛇口です。取ってあった物を付けました。蛇口の交換は簡単です。バルブを閉めて、古い蛇口を左に回して外します。古いシールテープを綺麗に取り除き、取り付ける蛇口にシールテープをすこしのばし気味に巻き付けます。テープは糊が着いていませんので巻きにくいですが何とか6、7回巻き付けます。口を下にして、そのまま差し込んで右に回します。うまく口が下になって止まります。バルブを開けて付け根から漏れなければOKです。強く閉める必要はありません。漏れなければよいのです。
またいたずらされないように、水道局に電話してメーターを取って貰いました。
直ぐに来てメーターを取ってくれました。
水道局に電話した時にメーター番号を聞かれました。休止のため請求書がなかったので、番号は判りませんでした。直接メーターを見る事にしました。
メーター番号はメーターの蓋を開けると金属の周り縁に刻印が押せれています。それを見て連絡しました。
後で考えて見たら、去年水道局でメーターの耐用年数がきたとの事で建物の全メーターを取り換えていきました。その時に外水道のメーターボックスにもメーターを付けていったと思われます。そしてバルブも開けていったのではないかと思われます。
外水道の蛇口は誰かが回してみたのではないかと思われます。
何年も使わない設備でもたまには見る事も必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リヨービの作業台

2013年05月11日 | 不動産
親父が買ったリョービの作業台がありました。上部に長方形の板が二枚付いており、そこに鉄の足が付いています。オリジナルの2枚の板は合板でした。そのため古くなって、合板の糊が剥がれてぼろぼろになってしまいました。家にあった無垢の板に取り替えました。
オリジナルには2枚とも穴が空いていましたが、1枚だけ2センチほどの穴を10ほど空けました。この穴にばドライバーなど道具を挿しておいて使います。亡くさないで直ぐに使えて便利です。下部にある横棒の少し大きめの穴にはトンカチを挿します。これらの穴がこの作業台のいい点です。
1枚の板には万力を付けています。私は力が弱いので、これでしかりと物を止めて作業しています。
大きい板を切るための作業台としては、ビールのケースを2台使っています。
それぞれ便利の使っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家電製品の解体処理

2013年05月07日 | 不動産
引越した人が置いていった小型家電製品やアパートの燃えないゴミ置き場に置かれていたゴミの小型家電製品。また、ゴミ置き場に置いてあった不法投棄の家電製品を壊して燃えないゴミと燃えるゴミに分別しています。たんに構造がどうなっているか興味があるからです。
家電製品も古い物は電線をハンダ付けしていますが、新しい物は基盤に差し込むことにより繋いでいます。プリンターなどの動くところにはバネとプラスチックの歯車が多数かみ合って相当複雑です。基盤だけはビスで止めていますが、あとは差し込むことにより止めていることが多いです。特に外装ははめ込み式が多いです。組立安くを考えて作られているんだと思われます。リサイクルを考えて、外し安くは作られていません。
パソコンは外装が丈夫な鉄板で出来ていますので、鉄板をたたむのに苦労しました。昔の物の方が丈夫に作られています。
作業台にプラスの大小のドライバーを2本、マイナスを1本、電線を切るペンチを挿します。電動ドライバーに長いドライバーを付けて、ビスを取る作業します。たたけるマイナスのドライバーはこじ開けるのに使います。近くにゴミ箱も用意します。
こんな事も楽しみにしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加