お世話になります亀戸で不動産

江東・墨田区を中心に仲介の蔵不動産。亀戸で開業して27年です。宅地建物取引主任者・不動産コンサルティング技能登録者です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

堆積箱について

2010年06月28日 | Weblog
枝葉を入れるのにベニヤで堆積箱を作り2年程入れていいましたら、腐葉土が出来ました。
出来た腐葉土を庭に掘って撒きました。堆積箱の上部の10センチから20センチ程は、まだ枯れつつある枝葉です。その下10センチ程は虫や、ミミズが大量にいる場所で葉等が食われて残った細い枝が大量に出てきました。家の前の川でのハゼ釣りに、今年はこのミミズを使おうと考えています。全体の三分の2程が土のようになっていました。太い枝や、根はまだ腐っていません。特に竹は下の方でも腐らないで残っていました。
枝等は土になるまでには相当の時間がかかるようです。
根や太い枝や竹等は腐るのに時間がかかり、体積もあるのでゴミ袋に入れて出す予定です。堆積箱の大きさに限度があるので何年も入れて置けません。ベニヤの大きさで作りますが、今度の堆積箱は一部に戸を作り、随時に腐葉土を取り出して使えるように作りたいとと考えています。今後はこの腐葉土を植木鉢や庭に撒いて随時使おうと考えています。
コメント

土地の値段

2010年06月22日 | 不動産
地価について


不動産業者がだす土地値は
地元の不動産業者は長年、その地域で売却価格を見ています。それにもとずいて金額を出します。

鑑定士が出す値段は
周りの売却価格を調べて、それに基づき決められて計算式により出します。

公示地価(国)は
国により定期的に評価されている公的な地価です。

路線価(税務署)は
相続税の計算をする時に使うものです。
土地は時価を計算するのが原則ですが、すべての土地の時価を計算するのは大変です。
そこで税務署は道路に値段をつけました。これを路線価といいます。
簡単に言いますと、この値段に土地の面積を掛けて相続税を計算します。
公示地価の8割が路線価です。

評価額(都税事務所)
市町村の税務課(東京都23区では都税事務所)にある固定資産課税台帳に登録してある土地や建物の評価額のことです。
固定資産税評価額は、固定資産税、都市計画税や不動産取得税や登録免許税の税額を計算するときに使います。
評価額は原則として3年ごとに見直し、評価替えが行われます。
公示地価の7割が評価額です。

路線価から公示地価を出す方法

路線価÷0.8でだいたいの公示地価がでます。
コメント

不動産手数料の計算

2010年06月18日 | 不動産
不動産手数料の計算

手数料の計算は下記のように金額を分けて計算し、合計します。

1, 200万以下の金額           5%+消費税=5.25%

2, 200万円を越え400万円以下の金額 4%+消費税=4.2%

3, 400万円を越える金額 3%+消費税=3.15%

例えば1,000万円の売買金額の場合の手数料の計算です。

1,ゼロから200万円は
  200万円×5.25%=105,000円       105,000円

2,200万円を超えて400万円までの200万円は
200万円×4.2%=84,000円    84,000円

3,400万円超えて1,000万円までの600万円は
600万円×3.15%=189,000円      189,000円

1+2+3=    合計378,000円

*簡易計算法
売買金額×3%+6万円に消費税を足して、でます。

1,000万円×3%+6万円=360,000円×5%(消費税)=378,000円

合計378,000円

東京では400万円以上のことが多いので「簡易計算法」で行うことが多いです。
コメント

植木の引越し予定

2010年06月11日 | Weblog
家の前の5メター程の道路は土手です。現在では土手と敷地の高低差は敷地の方が低くなっています。高低差は50センチ程です。その昔は敷地の方が1メーター程高かったです。土手を工事をする度に嵩上げされて、今では土手の方が高くなっています。
今は川の中が公園になっていますが、それまでは防災のため土手の縁は堤防で人の高さ以上に高くなっていました。この辺はいわゆるゼロメーター地域です。今は土手の道路面が高いため、雨水が敷地に流れ込んできます。そのために、役所で排水口とエル型の工事をすることになりました。
一部の糊面に何十年前から植木が植わっていました。これらの木はうちで面倒を見ていました。今回の工事のため、それを片づけ無ければならなくなりました。
そこにはススキが1本と皐月が数本とピラカンサツとミモザが植えられています。ピラカンサツは大きくて動かせません。但し、今度の工事に少しだけかかっているので枝を切ることで対処できそうです。
ススキは根がしかり張っていますので簡単に抜けません。工事の人に一部でも抜いて貰い。植え替えようと考えています。昔は原っぱに幾らでもあったのですが、今ではススキもなかなか貴重です。毎年楽しみにしています。
植え替えるときに前回で書いた堆肥を入れる予定です。上手く根付いてくれると良いのですが。
近々、植え替えをやろうと考えています。


コメント

自然に腐葉土が出来ました。

2010年06月07日 | Weblog
切った枝葉をゴミ袋に入れて出すのも面倒でした。また、葉は嵩がありますので小さい庭ですが、葉の量も相当なります。そのため堆積場を作りました。ベニヤを四方に貼り高さ90センチで畳1畳程の箱を作りました。そこに枝葉を入れて2年程になります。多少の土や木の削りくずなど入れたこともありました。生ゴミは入れませんが、腐葉土になりそうな物は何でも入れました。箱に入れると枯れて自然に少なくなっていきます。時々上に載って押しつけると下がります。変な臭いはありませんが、細かい虫は沢山います。虫が食べているんでしょう。
この度、いっぱいになり葉が箱から溢れるようになりました。ベニヤ板も腐ってきましたので壊れた所を剥がしました。半分から下の方が土になっていました。自然に腐葉土が出来ていました。
入れた物の中で竹の枝はそのまま残っていました。普通の枝は残っていませんが。竹はなかなか腐らないようです。
コメント