KU Outdoor Life

アウトドアおやじの日常冒険生活

今回のダメ出し-ゴア雨具(15年もの)

2011年05月04日 | 道具

 一方、今回ダメだったのが、このゴアテックスの雨具。

 
 
 考えてみると、もうかれこれ15年は使っている代物。
 雨具としてのみならず、残雪期はヤッケとして使い尻セードはするわ、沢ではシャワークライムからヤブ漕ぎまでするわで、ここまで使い倒すとさすがにボロボロ。
 雨続きの天気の中、三日目の夜には内側までビッショリ濡れてしまった。
 「戦力外通告」というより「現役引退・・・長い間ご苦労さん」といったところ。

 で、帰ってからさっそくネットやカタログなどで調べてみると、ゴアの雨具も知らない間にずいぶんと値段が高くなっている

 ちなみにこれまでのはカモシカの「岳楽多市」でたしか1万円ぐらいだったが、現在、その値段ではゴアの上下はまず買えない。
 1万円台でも防水透湿生地のはいろいろあるが、それらはいわゆる「ゴアもどき」である。
 片や本物のゴアは山の店オリジナルでも2万円半ば、マムートとかノースフェイスなどの有名ブランド・メーカーだと3~4万円以上する。
 
 「もどき」と「ゴア」。まるで、その関係は「マグマ大使」に出てくる「人間もどき」と「悪の帝王ゴア」のようでもある。 (ちと違うか?スマン。)

  ←こちらが本家?ゴア。


 
 で、いろいろと見て回って、最終的に選んだのがコレ。

  
 ヘリテイジ(カモシカ・スポーツ)
 「ライトSRジャケット」&「SRパンツ・ストレッチ」。 (もちろんゴア)

 決め手は、
・シャカシャカのリップストップ・ナイロンで無く、落ち着いた風合い。薄いが目の詰まったしっかりした生地。
・ジャケットは雨具というより3シーズンを通してアルパイン・ジャケット、ウィンド・ブレーカーとして使えそう。
・パンツの方は若干だがストレッチ仕様。他の雨具よりかなり動きやすい。
・フードの作りやパンツの裾のベルクロ・テープなど細かい所が機能的。(下写真参照)
・さらに今の期間だけ「カモシカ」で古い雨具を二千円で下取り中。

  長めのベルクロで裾幅が絞れるのは便利。

 「バーグハウス」や「ノースフェイス」のもデザイン的には良くて最後まで迷ったが、意外と穴馬だったのが好日山荘のオリジナル「バイレス」。
 特にオレンジ×ブラックのものはパッと見た感じ、色使いが「マムート」と似ていて、胸のロゴ・マークさえ気にしなければお得感アリ。

 しかし、バイレスってどういう意味なのか。
 古いオヤジとしては、どうもガメラの対戦相手だったコイツを思い出してしまう。

  ←宇宙怪獣バイラス 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今回のスグレもの-グローブ... | トップ | GWの合間にコソ練 【横パン】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

道具」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事