鈴木「先生」の側で読んだ漱石の「こころ」 (まったり屋の小説広場)
私はその人を常に鈴木邦男「先生」と呼ぶことにしたい。先生とは、最初にコンビニで偶然出会い、その時は、声をかけ、一緒に写真を撮って貰...