くーにゃんの落書き
空林庵:絵と犬と猫と
 




知人宅の素敵な薄ミケ猫ちゃん。
強い心の猫でした。
プレゼント用

今までプラ板は片面だけ色鉛筆で色を塗っていたので
表も裏もどちらも正面なら正面、後ろ姿ならどっちも後ろ姿という具合でしたが

今回、立ち姿の方は両面ヤスリがけして
ウラオモテそれぞれに色鉛筆で後ろ姿と正面と描いてみました。

プラ板に色鉛筆で色づけするときは
焼いて縮める前にヤスリがけして塗るんですが
縮まると、色がずいぶん濃くなります。
塗る段階では、薄くしか色が付きませんので
両面塗っても、反対側がすけて見えます。

厚みのない透明な板に塗るので
さきに塗った色が見えてしまい
後から塗る面が塗ったんだか塗ってないんだか
わかんなくなって
なかなか大変でした。

後頭部に顔が透けて見えるのだけは避けたいと
頭だけは特に濃く塗りました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




プラ板作り楽しい。


久馬(クロ)ちゃんと豊空(白黒)。
久馬ちゃんに付けた紐も作ってみました。
紐作りはイマイチ性に合わないです。


これは失敗続きで3匹に増えました。
前にも似た様なの作ったんですが↓

それはうっかり折ってしまったので作り直しです。

まずヤスリをかける面を間違えて最初から新たにやり直し。
それから焼いた時に折れてくっついちゃって
どうにか剥がして平らに伸ばしたんですが
色が変なとこにくっついちゃって失敗。
折れたのは真ん中ので、ヨゴレを誤魔化そうとアクリル絵の具で塗ってみました。
色鉛筆に比べると随分とはっきりしますね。
それからもう一度最初から作り直しましたが
ヤスリ面を間違えたのも裏からもう一度マジックで描いてやり直したので
結局3匹になりました。


迷子札


無くしたり、踏んづけて壊したりするので
沢山作っておきます。

名前の下に連絡先を入れてあります。


迷子札は、以前は金属の輪っかでつけていましたが
りんごちゃんの喉の毛がすれてきたので
縫い付けてみました。


カメが大好きな姪に
本当は甲羅のフチに名前を入れてありますが、
消しておきました。
花は薔薇、ジャクリーヌ・デュ・プレ




上は同じ下絵から作りました。
縮み具合はプラ板によっても随分違うんですね。




縮み具合です。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







久馬(くま)ちゃん


りんごちゃん


タヌさん


七豊(シップ)ちゃん


豊空(プックー)くん


カメ好きの姪と甥に


月カメ


  




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タヌさんにプラ板とレジンで
金の葉っぱの迷子札を作りました。
これは裏面です。


表面。名前の下に連絡先を入れています。
連絡先はPhotoshop Elementsで消してあります。


豊空の分は子供っぽく。
こちらも同様に名前の下に連絡先を記入してあります。

↓以前つくったもの。

裏面です。


↑これはレジンを盛る前。






カブちゃん兄弟。


久馬の迷子札。

裏面。

金色は金ではなくてテンペラに使っている顔料の雲母チタンです。
プラ板を縮めた後にレジンに混ぜて色付けして
表面に透明のレジンを更に乗せると奥行きが出ました。

でもこの迷子札、使う前にどっかいっちゃった。
もっかい作るかな。


型紙は4cm角に油性ペンで線を引いて
中に鉛筆で文字や絵をかくだけ、楽チン。

色鉛筆で色付けする面には
紙ヤスリをかけるんですが
そこで生じるプラスチックの粉を吸い込むなんておぞましいので
私は紙袋の中でヤスリがけをしています。
時々取り出して目で確認しながら
触感を頼りにしての作業も面白いですよ。
ヤスリは320番が好みです。

カッターは刃を垂直に入れ
最初は傷で筋を書くようにし
一気に下まで切ろうとしなければ
殆ど失敗しないです。

色付け方法や油性ペンの上にレジンを乗せるときの注意点などは
詳しく説明しているサイトがたくさんあるので見てみてくださいね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





姪と甥に


名前入っていたところはぼかしました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ