とあるダメ管理人の戯言日記

九里学園陸上部OBのダメ管理人の戯言集。
題名通りただの戯言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その先にあるもの

2015-11-20 19:01:50 | 戯言
たまには後輩の参考になるような事を書いてみようと思う。
もっとも、本当に参考になるかと聞かれると断言はできないけど。


私自身、最終的にはインターハイに個人1種目・リレー2種目の計3種目に出場し、1600mリレーで入賞しました。
とはいえ、もともと目立つような成績を残すような選手ではなく、中学時代の結果も正直パッとしない感じでした。
1位になった試しはなく、一応県大会で入賞こそするものの、1位と2位以下では他に与える印象は劇的に違います。
1位の選手は持て囃され、それ以外の選手は「あ、そんな選手いたっけ?」みたいな扱い。
高校に進学、九里学園の陸上競技部に入部してもそんな感じ。やはり県で1位は取れない。
2位までは取れた。しかし、結局同じチームメイトが常に1位だった。
1位を取れていた時期もあったが、それはそのチームメイトが体調を崩した期間中だけの話。
体調管理も実力のうち等とはよく聞くが、前述の様な形で勝っても嬉しさはあまり感じなかった。


最終的に、3年時に東北大会まで勝ち進みインターハイにいければそれは勝ち組と言える。
1年、2年の時に結果を出せるなんて輩は稀なのだ。もしくはそれだけその年のレベルが低いかのいずれかである。
今年結果が出た人もいれば、そうでない人もいるだろうけど、来年その「勝ち組」に入れればそれでいいのだ。
今は負けていたとしても、その負けた経験をどう活かすかで数ヵ月後の結果が変わってくる。


何も感じないようであればそれまでだし、思うところがあれば考えてみてほしい。
ただ普段の練習をなぁなぁとこなすのもアリだろう。それはその人の選択だ。
でも、コーチや先生方は本気で勝たせようと向き合ってくれている。それは卒業生だから断言できる。
それらに応えたいと思うか、それともただ楽しくできればいいと思うかもその人次第。



さて、後輩諸君は数ヵ月後のために今から何を思い、何を考え、どんな行動を起こすか。
しがない一人の卒業生として、応援しながら見守っていきたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ラグビー | トップ | Microsoftの暴挙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戯言」カテゴリの最新記事