とあるダメ管理人の戯言日記

九里学園陸上部OBのダメ管理人の戯言集。
題名通りただの戯言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久々の部活見学

2017-08-28 19:05:56 | 戯言
なんか久しぶりのブログ更新です。
お盆の連休後に夏風邪を引き、仕事には出ていましたがダウンしてました。
少しずつ更新を再開していきます。

連休中に九里陸上部の様子を見学に行きました。
なんというか、選手ひとり一人眺めていましたが、積極性が無いなぁという印象を受けました。
今に始まったことではなく、何年か前にも同じような事を書きましたが、練習終わり等には指導者にアドバイスを貰いに行く所は見かけました。
しかし、個別にアドバイスを貰いに行くような姿勢が見られなかったのは残念でした。
リレー種目の練習の際は、予め「お願いしまーす」と大声を出して見てもらう事をしても、それが個人の種目練習では出来ない、そんな感じです。
コーチや監督くらいベテランになれば話は違うのかもしれませんが、冷静に考えれば、約40~50人の生徒が一斉に押し寄せ「どうでしたか?」等と聞かれて事細かにアドバイスなんか出来るものなんだろうかと。
聖徳太子じゃないんだから…
走る前や跳ぶ前、あるいは投げる前に、あらかじめ指導者のところに言って「これから走る(跳ぶ・投げる)ので、見ていただけますか?」のアポイントを取るくらいの積極性はあっても良いのではないかと思います。

あと、とある選手に目標を聞いたところ、答えられなかった生徒がいたました。
単に答えられなかったのではなく、「これと言って目標が無い」との事でした。
その生徒には言いましたが、目標が有る選手と無い選手が同じ練習をすると、不思議なもので練習効果に差が出ます。
これは誰かが言ってたのを聞いたのではなく、私が身をもって体験した事です。
その選手には前述の2点をまず押さえる事をアドバイスしました。伸び代は間違いなくある選手ですので、頑張ってほしいとは思いますが、結局は本人次第です。
何かしら変化がある事を切に願います。

今はたまたま声をかけた「ある選手」の話をしましたが、全体的にこんな感じの選手が多い印象を受けました。
レベルが低いどうこう以前に、どうして良いのかが分からなかったり、何を目指せば良いのかわからないという選手が仮に居るのであれば、まずは「どうなりたいのか」を考えてみてください。
単純に身体能力を上げたいのか、東北大会に出場したいのか、それともインターハイの表彰台に立ちたいのか。
どちらが高い目標かなんて比べることは出来ません。身体能力云々の個人差は必ずありますし、綺麗事を抜きにして努力したから勝てるというモノでもありませんから。
ただ、目標を持って取り組めば過去の自分よりは成長は出来るはずです。

周囲が42年連続インターハイ出場だ何だと無責任なプレッシャーは与えてくる人はでしょうけど、まず自分自身の目標を立てて、それを達成できるようにしてください。
自身の目標を達成できないのに、部活の、チームの目標だ何だと言ってられないですしね。

こんな何年も前の卒業生のブログを読んで、何かを感じ取ってもらえればそれはそれで幸いです。
ただ、私の言葉よりも指導者の言葉を第一に考えてください。

と、そんな感じです。以上、見学の感想でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« インターハイ(陸上競技)終了 | トップ | 熊本に行ってきました(行か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戯言」カテゴリの最新記事