久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

景気 政治 教育問題は、経営には無関係

2017年08月15日 | 経営論



経営の外部環境要因である景気、政治、教育問題は、本質的に経営者自身で変えることはできません。

そこに文句を言っても何も変えられないのです。


自分が変えられることに集中しましょう。


政治に文句があるのなら、自分が政治家になればよい。

教育に文句があるのなら、自分が教育者になればよいのです。


あなたが、経営者であるのなら、経営に集中することです。



Business climate, politics and education issues have nothing to do with a company's management.




Economic, political and educational problems, which are the external environmental factors of management, can not be changed essentially by management itself.


If you complain there, you can not change anything.


Let's focus on what you can change.



If you have complaints about politics, you can become a politician.


If you have complaints about education, you only need to become an educator.


If you are a manager, you have to focus on management.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (51)   この記事についてブログを書く
« 課題がない会社は、理想が低... | トップ | 一人辞めたら二人取れ 二人... »
最近の画像もっと見る

51 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
資源配分 (大阪支社 大月)
2017-08-15 22:40:14
私たちが持っている経営資源には限りがあります。
そのため、成果を最大化することができるように資源を配分する必要があります。

変えることができない問題に資源を配分しても、その資源は成果を生みません。

私たちが変えることのできること、できないことを理解すること、
その上で、どの部分に資源を配分するのか見極めることが重要だと考えています。
使命に向かうことで、影響を与える (山内康平)
2017-08-15 23:23:41
社会に影響を与えるための最も効果的な方法は、自分の使命に全力で向き合うことかもしれません。
私はそれを、スポーツを見ながら感じます。
決して雄弁とは言えないアスリートの真剣な生き様が、国中に勇気を与えることだってあるのです。
コンサルタントとして経営課題を解決していくことは、とても価値のある仕事です。
一流になるためにはたゆまぬ努力が必要ですが、その過程で周りにもポジティブな影響を与えていることを願い、へこたれずに取り組んでいきたいものです。
Unknown (タシャ (Tasya - TC Indonesia))
2017-08-16 09:54:19
When something bad happen to company, some people might blame external factor like politic and economic. But it is better if we focus on what we can change so that we can face those factors.
Business climate, politics and education issues have nothing to do with a company's management. (Chakree )
2017-08-16 10:47:04
Even though we try to improve and develop the company to be better, the external factor will affect the company. But if you can adapt the company to be followed the globalization, the company will survivor in this fast exchange world.
実質無関係ではないが、 (柴田)
2017-08-16 13:10:55
人や企業には、出来ることとできないことがあります。出来ないことを気にし、愚痴を言っているぐらいならば、その現状からどう対応するのかを考えた方が良いと言うことだと思いました。
時間は限られていますので。
注力すべきはどこかを見極める (松田)
2017-08-16 15:03:36
自分がどこに力を入れるべきか
それを考えよということだと思う。
政治が悪い教育が悪い時代が悪い
愚痴を言っても進まない。
生産性を上げて、今いる環境やルールの中で
戦略を進めよう
言い訳 (増田)
2017-08-16 16:24:48
非常に口に出しやすく、また、多くの人が納得しやすいもの。

上手くいっていないときに、理由を自分ではなく、自分以外のものに見つけ、納得をさせようとする。

しかし、その理由を身近なものに置いてしまうと、更に物事がうまくいかなくなる。周りとの衝突が起きやすくなるため。

だから、自分たちと遠い、しかも特定の人の事ではなく、単位がおおきいので批判をしたところで波風もたたないものに置く。

自分を納得させるために、そして、周りの人も納得しやすくさせるための言い訳。
言えば言うほど、自己満足度が高まると同時に自己完結度も高まり、結果として何も行動しなくなり、何も変わらず、何も生まれない。
Unknown (梶野有里)
2017-08-16 16:55:26
自分の力では変えられないことは世の中に沢山あります。それを嘆いているだけでは、何も変えることは出来ないですし、時間を無駄にしてしまいます。自分で変えられること、自分に出来ることに集中しましょう。
現実から目をそらしたい言い訳 (今野)
2017-08-16 17:37:35
外的要因ばかりに目を向けてしまうと、真の問題を見失うことになりかねません。
逆に言えば、真の問題から目をそらしたいがために、外的要因をみているだけなのかもしれません。

ソフトバンクのように急激に伸びる会社は、経営環境に左右されず、むしろ移ろい易い外部環境をも味方につけて、内側から成長戦略を打ち出していける会社なのだと思います。

意識を向ける方向 (高見)
2017-08-16 18:27:54
経営者のステージによって、取り扱うテーマも変わってきます。

高いステージだから良い、低いステージだから悪いというこはありません。
経営者は、今、何に選択と集中を行い、何をテーマとして、優先的に扱うのかを、
考えていく必要があります。

自分でコントロール可能な課題を認識し、解決への方法を模索し、実行を繰り返す
ことで、次のテーマが見えてきます。

コメントを投稿

経営論」カテゴリの最新記事