久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

全ての経営問題は、最終的には数字に表れる

2017年07月29日 | 経営論



経営上の問題は、最終的には決算書の数字になって現れます。

このように考えれば、数字を見れば、全ての経営の問題がそこに隠れているのです。


現実を直視するためには、数字から逃げてはいけません。

即時決算体制を作り、数字の分析を怠らないようにすることが大切です。





All problems with company management eventually show up in the numbers.





Management problems ultimately appear as figures in the financial statements.


If you look like this, all the management problems are hidden there if you look at the numbers.


To face the reality, do not escape from the numbers.


It is important to make an immediate account settlement system so as not to neglect the analysis of figures.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ONとOFFを分けない 全てはON... | トップ | 入社三年目までは自分の意見... »
最近の画像もっと見る

47 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (日高)
2017-07-29 22:59:45
経営をしてる以上数字は避けられません。

なんとなくの数字で経営をしてるうちは、いい企業にならない。

上向きのときは、問題に気づかないが、下向きになったとき、一気に問題が顕在化する。
そのときは、もうたてなおせないので、上向きのときこそ、数字をはやく正確にだせる体制をつくらなてはならない。
数字と責任 (大阪支社 大月)
2017-07-30 01:19:53
経営上の問題は数字になって現れます。
しかし、全ての経営者や会社の従業員がその数字から問題を理解し、
対処策を講じることができるとは限りません。

だからこそ、私たちがコンサルタントとして、数字から見える問題点を伝え、
行動を変えるきっかけを提供する必要があります。
言い換えれば、コンサルタントはそれだけ顧客に対する責任を負っていると言えます。
だからこそ、正しい価値観と考え方を持ち、誰よりも数字に強くなる必要があると考えています。
数字で考える (東真奈美)
2017-07-30 05:10:52
結果は、全て決算書の数字で表れると考えなければ、数字を直視ですることができません。経営の状況を数字で判断する習慣化はとても重要になります。毎月の数字を直視し、問題を先送りしないで改善し続けることこそが、経営努力です。
 (野口)
2017-07-30 08:35:17
人は城、人は石垣、人は堀。
有名な言葉ですが
企業もまた同じだと思います。
人無くしては語れません。

そんな人だからこそ
企業の問題は根っこで
人に起因するものが大半なのだと思います。

だからこそ『人』の問題であっても
数字に表れてくるのだと思います。
理想に向かう (増田)
2017-07-30 09:42:41
“決算書なんか見ても、役に立たない”
“内容なんて、数字を見なくてもわかっている”

そういった会社の多くは、業績が赤字か、黒字スレスレ。
規模も小さいので、見なくても社長の目の届く範囲で
予想がつき、かつ、一丸となった本気の目標設定が
無いので、その乖離を検証する必要もない。
気になっているのは、会社・社員の将来よりも銀行の顔色。

一方で、高い目標に向けて進んでいる会社、高い利益を
生み出している会社は、過去情報の決算書を上手く使い
それを自社の舵取りに活かしている。

遠くの目的地に向かうために乗った飛行機のパイロットが、
計器を利用せず、直感で方向や速度を計るだろうか。
よくあるたとえ話ではあるが、極論、そういうことだと思う。
Unknown (藤森聡子)
2017-07-30 10:49:51
問題が数字に現れるようにするには、数字を記録しなければいけません。
普段の業務を数値的に記録していくことを徹底していけば、客観的な判断材料が集まり問題の原因が見えてくるのだと思います。
All problems with company management eventually show up in the numbers. (TCF Bangladesh (Mohammed Faruqe))
2017-07-30 12:35:43
Settlement in accounting have to do with most careful. It is
One of the managerial problem. If sub-ordinate cannot do it properly,
It show up in financial statement at last and it arises a lot of problem.


Management Problems. (TCF Bangladesh (Nurul Kabir))
2017-07-30 12:36:23
All problems with company management eventually show up in the numbers.

If management face problem, it will ultimately impact on the financial statements. Middle level management and first/lower level management also make mistake or face problem, ultimately this is also impact on management decision and making strategy.
仕訳も大事、分析も大事 (山内康平)
2017-07-30 12:43:40
決算書も結局は仕訳の積み重ねであり、決算書の骨組みを知るために仕訳の知識は大切です。
ただコンサルタントとして道を示していくには、決算書を読む力、経営分析のスキルが求められます。

最近未来会計図表の講義を営業担当の方が行ってくれていますが、どちらかというと分析の方はおろそかになりがちです。
しっかり勉強して、経営者の役に立てるようになりたいと思います。
All problems with company management eventually show up in the numbers. (TCF Bangladesh (Razaul Karim))
2017-07-30 12:49:00
Financial statements shows various figure in which some have provision which indicate management problems.
Management indicates their problems as number in the financial statements and also given by disclosure.
When the problems really occur, the provision will be recognized.

コメントを投稿

経営論」カテゴリの最新記事