久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

新卒が文化を作る 新卒中心に採用せよ

2017年08月18日 | 人材採用




企業にとっては、どんな文化を作るかが重要です。


企業文化が、会社の将来を決めるといっても過言ではありません。


企業文化は、中途採用の社員ではなく、まだ、何にも染まっていない新卒が作るものです。


良い文化を作るためには、採用は新卒中心に行う必要があります。



New graduates create corporate culture. Make new graduates the focus of your recruitment.




For a company, it is important to create a good corporate culture.


It is no exaggeration to say that corporate culture decides the future of the company.



Corporate culture is not mid-career recruitment but a graduate that is not yet tainted by anything.


In order to create a good culture, recruitment needs to be done centered on new graduates.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一人辞めたら二人取れ 二人... | トップ | 大きな失敗は誰でも分かる ... »
最近の画像もっと見る

43 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真っ白 (野口)
2017-08-18 05:51:36
会社の立上げ当初は通常は中途に頼ります。
すぐ収益化できるよう、
すぐ業務に貢献できるよう、
など
即効性を求められます。

それは、会社に利益を生み出すための
余裕が無いからとも言えます。

新卒は、そんなにすぐ利益を生みません。
その間、会社としてはコストが増えたままの状態になります。

新卒を採用するとは
そういう状態に耐えうるかどうか,
組織について考えられる余裕があるかどうか,
に対してあると答えた会社のみが行うことができます。

そこまでして採用することを考えると
そこに期待するのは利益や業務などの即効性ではなく
企業文化にあると考えます。

真っ白なキャンバスに
どのような絵を描くかは会社の考え方次第です。
昨日の内定式 (山内康平)
2017-08-18 06:56:36
昨日も内定式がありましたが、毎回意欲の高い内定者が来てくれます。
採用での試行錯誤の賜物と感じます。
感謝します。

新卒の社員が何色に染まるかというと、社風色に染まります。
良い原石も輝くかどうかは、在籍中の社員による所が大きいです。
せっかく「I Promise」を掲げ大志を持って入社してくれるのですから、実現できる舞台を準備したいなと思います。
We should be like a freshgraduate everytime (タシャ (Tasya - TC Indonesia))
2017-08-18 09:38:22
We have to act like fresh graduate. It is not like we have to be an amateur everytime. But it is about the spirit. The spirit to learn new things. Because fresh graduate usually always have the willing to learn in the company.
中途社員離職率 (松田)
2017-08-18 09:48:15
人事に近い仕事をしていると、よく新卒3年以内の離職率の話題がが出るが、意外にそれよりもシビアな課題と言えるのが中途社員の離職率。特に転職後3年間を経過していないあるいは経過して間もない方は再度転職をする傾向が大きい。

転職をして入社してきた分、転職に対しての距離が近く抵抗感がないというのも大きい。

プロスポーツを見ているとわかるように生え抜きの自力が付いていない組織はもろい。生え抜きを成長させ活かせるシステムや余力を持つことは難しい。それは企業規模が大きくなっても現代のように海外との競争が激しくなっている状況では同じだろう。

新卒や未経験者を活かせる企業を創ること。強い経営を目指す上で避けられない。
New graduates create corporate culture. Make new graduates the focus of your recruitment. (Chakree )
2017-08-18 10:20:27
The opportunity is the most important for developing the company because the new thing will happen if we try to do it. The new graduate is the fresh worker so try to welcome them and teach them. If we concentrate them with kindness, they will react us with their power and skill.
新卒は宝 (今野)
2017-08-18 17:41:04
新卒の方が入社されるたび、その力強さとフレッシュさに、ホッと一息救われた気持ちになります。

入社して2年、3年と経過すると、時間と共に周囲のモチベーションも下がっていき、目標を設定することすら、忘れてしまいがちになります。そのような淀んだ空気の中で、先陣を切ってリーダーシップをとっていくことには、尋常ではないパワーを要します。

自分だけは流されずにいよう、変わらずにいよう、そう言い聞かせながら、新卒の方々の存在に助けられている部分も存分にあると思います。
経験 (松島 龍)
2017-08-18 21:49:56
企業文化を作る上では、今までにない、変革を起こす必要があるのと同時に、新卒関係なく、初心の気持ちに立ち返ることが誰にとっても重要かと考えます。過去は戻れないため、常にチャレンジ精神は持ち続け邁進していきたいです。
文化形成 (増田)
2017-08-19 05:04:25
企業文化の形成、醸造するには長い時間がかかる。

新卒社員の強みは、真っ白で色に染まりやすいという点。色がついていない(個人のクセ、と言う点では
色々あるかもしれないが。。)という点。

中途社員の場合、仕事は即戦力として対応できても
その会社の文化に馴染んでいくということは意外と
難しい事が多い。

というのも、会社の人たちとは”コミュニケーション能力”で
馴染むことが出来ても、文化に馴染めるかどうかは組織と個人の
”価値観”の問題であり、この”組織の価値観”がその会社自体を定義し、
世の中での会社の存在意義を生み出していく。

商品(形)が残っても、文化(心)が残らなければ会社は長くは続かない。
何に重きを置いて、経営を行っていくのか。
文化を脈々と長きにわたり紡いでいく事を考えれば、
新卒、若い世代を重視して組織を作っていく必要があるのだと思う。
文化形成は新卒中心 (東真奈美)
2017-08-19 06:02:52
新卒にとって初めて入社した会社の価値観が、その後の人生の価値観の土台になります。会社の文化は、理念→規律→習慣→文化の流れで形成されます。これから価値観を形成する新卒でなければ、会社の理念と規律をしっかりと浸透させるのは難しいでしょう。新卒は育てるのに時間がかかりますが、そもそも文化形成にも時間がかかるので、会社の永続を考えれば、新卒採用は最も重要です。
Unknown (藤森聡子)
2017-08-19 09:01:43
会社の価値観を自分の中に取り込み、他人に伝えていける人が文化を作っていく人になります。
それを比較的行いやすいのは新卒です。
特に新しい人たちは自分が文化を作っていく当事者なのだということを忘れず、
会社の持っている考え方を存分に吸収し、アウトプットしていかなければなりません。

コメントを投稿

人材採用」カテゴリの最新記事