くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

満月

2015-07-31 22:24:15 | 塾生へ
私用があり、昨日は西の町にある実家に里帰りをしました。めったにないほどの早起きをして、朝曇りのうちに出かけました。夜は、疲れていて早寝ができそうだったのですが、気持ちが落ちつかないからか、蒸し暑さのせいなのか、寝返りを打つばかりで時間がたってします。気分を変えようと外に出てみると、とても明るい。満月にちかい大きな月。
今日は担当授業がありましたので、朝のうちに京都に向けてまた移動でしたので、寝足りないままにまた早起きしました。早起きのご褒美に、朝露に濡れた芙蓉の花を見ることができましたので、まあいいか。

例年より少し早目に始まった夏休みなのに、もう7月も終わり。授業のあいまに、「夏休みの宿題はどう?」と聞いても、満面の笑みが帰ってくるのではなく、ニヤッと笑ったり、恥ずかしそうだったり。
暑さに負けそうな毎日ではありますが、頑張れ、子どもたち。7月最後の夜は、明るく大きな満月です。

くにみ塾 電話0774-71-3774

お母さんのちから

2015-07-28 18:35:57 | 塾生へ
夏休みの講習はふだんと少し時間帯がずれていますので、おうちの方には食事の時間に気を遣わせているかもしれません。
おうちで食べる余裕のなかったKさんが、ラップにくるんだおむすびを頬張っています。
普通のおむすびです。カバンに入れていたので、形はいびつです。お友達が「変なかたちー」と笑っても(もちろん、意地悪な感じではなく)、「いいねん、塩加減、ぜつみょー」と。
お母さんに作ってもらったの?と聞くと、にっこりしながら、「はい」。とてもうれしそうです。
部活動の後の夏期講習は大変だけど、がんばって行っておいで、というお母さんの気持ちの詰まったおむすびです。
成績ぐんぐん上昇中のKさん。お母さんだけでなく、私たちも嬉しいよー。

くにみ塾 電話0774-71-3774

一生懸命は楽しい

2015-07-25 13:42:56 | 塾生へ
今日は木津川市の夏祭り。夕方からの花火大会を楽しみにしている生徒が多いので、例年この日は授業時間を繰り上げています。
猛暑日になりそうな日で、部活から帰って大急ぎで塾にやってきた生徒たちの顔は真っ赤ですが、それでも、部活動も勉強も頑張っているという欲張り具合に満足しているのか、しっかりした顔つきです。
先日、K君が深刻そうな顔をして話に来ました。「中学校の部活でぼくは○番目なので、今まで試合に出たことがなかったんです・・・」と。深刻な話かと思って聞いていたら、「初めて試合に出たんです。」「勝ったんです。」という嬉しい話でした。
いまだに青春小説を読むたびにキュンとし、甲子園とかインターハイとか文化祭とかの中高生が頑張っている姿を見るにつけ胸が苦しくなるのは、羨望ややり残しの気持ちがあるからかと思っている私は、Kくんの話を聞きながら、それはそれは嬉しく、本当に本当に喜んだであろう彼の気持ちを思ったのでした。講師室のメンバーもみんなで喜びました。

くにみ塾 電話0774-71-3774

自由研究

2015-07-23 20:22:19 | 塾生へ
夏休みの宿題をどんどん片づけてしまおうという企画、「宿題マラソン」を実施中です。
運動部の中学生は、試合と重なる日もあって欠席の人もいるのですが、それでも参加している生徒たちは、それはそれはというがんばりっぷりです。
たしかに、おうちで2時間やるのはダラダラかもしれませんが、塾での2時間は集中していられます。
多くの人はドリルや問題集から手を付けます。それがどうしたことか、今年の中3の中には、「まず作文から」といって、大物から始めている生徒が何人も見られます。
それぞれの性格や考えが垣間見えて、講師が主導する授業の時とはまた違った面が見られます。
小学生の宿題の自由研究に役立つ実験教室は、1回目が「塩のはたらき」。沸騰するお湯の温度をあげるはたらき、逆に氷のとける温度を下げるはたらきを確かめた後に、お楽しみのシャーベットづくりをしました。
2回目は「空気のちから」。ふだん意識することのない空気の意外な重さとちからをたしかめ、最後は工作をして浮沈子をつくりました。自由研究に使えるかなあ?
小学生のSさんはこの夏、ネコの日常を観察するそうです。クウ塾長、役に立てるか?

くにみ塾 電話0774-71-3774

西へ

2015-07-22 21:06:20 | 塾生へ
夏休みのはじまりに海の日の祝日があたりましたので、里帰りをしてきました。台風は去っていたものの、西に進むにつれて雨がひどくなり、高速道路が途中で通行止め。6時間ほどの道のりでした。
6月に父が旅立ってから、実家では毎週「おかんき(看経)」という中陰の供養をしています。今回これに初参加し、お経をあげてきました。ふだんの生活の中では、「家」というものを強く意識することはありませんが、そういう思いにさせられた里帰りでした。
多くに人にとって、お盆は、おじいちゃん、おばあちゃんに会ういいチャンスです。いとこや、日ごろ会わない親戚に会える機会です。
日常の中にはないもので、なくてもやっていけるもの。でも、持っておくと豊かになる、知っておくと安らかである。そんな形のないなにかが、お盆にはあるのかなあ。

くにみ塾 電話0774-71-3774
夏期講習会をはじめました。

いけばな

2015-07-16 21:02:35 | 塾生へ
人はみんな違っているという当たり前のことを、何かしらのきっかけで強く思うことがあります。
また、人は変わっていくものだということも思わされます。
もちろん、大きくは変わらない人も、悪い方向に変わる人もいるでしょうが、それとはべつに、「こういう自分である」という自分に近づき、「こういう自分でありたい」という自分を目指して変化していきます。
その、変わった自分、自分が変わったということを、相手がコドモであるならば、オトナとして気づけるようでありたい。コドモの幸せな表情を発見できるオトナでありたい。
そんなことを漠然と考える、大型台風接近の日。
京都の祇園祭にちなんだお花、「ひおうぎ」を活けました。
花壇で見かけるような花ではありませんが、伝統行事にちなんだ花を飾ると、どことはなく改まった気分になります。

くにみ塾 電話0774-71-3774

それはそれはがんばっている

2015-07-12 19:49:56 | 塾生へ
梅雨どき。湿度は高いけれど日差しはあって、紫外線もたっぷり、30度を超える気温。
こんな日に一日中外の部活動をしたあとに、夜7時過ぎからの授業にやってきた中学3年生の3人組は、真っ赤な顔で熱中症が心配されるほどのヘトヘトの様子です。
授業前は「しんどいよー」「はやく帰りたいよー」と言っていましたが、授業が始まると実に一生懸命頑張ります。
座っているだけでも大変だろうとこちらは心配になるほどなのに、考えるタイプの問題に真剣に向かい合っています。
少しでも何とかしてあげたくて、保冷剤をレンタル。タオルにくるんで、やけどしたほどに火照ったほっぺにあてています。冷えピタも役に立ちました。
中学生に勉強をさせるのが私たちの仕事、それでもこれほど疲れた日にも頑張っている様子を見ていると、かわいい、えらい、褒めてあげたい。
こんな日にも頑張っている生徒と、こんな日はおうちでゆっくりの生徒と、そこにきっと何かの違いが出てきます。
頑張れ。頑張ってくれてこそ、私たちの出番があるのです。
そんな子供たちの夏期講習も開講間近です。ぐっと力をつける夏、わかるようになる嬉しさを味わう夏です。もちろん志望校にも近づきます。

くにみ塾 電話0774-71-3774
✿夏期講習の受付をしています。小学生の実験教室もあります。

主人公

2015-07-08 19:59:21 | 塾生へ
保護者懇談をさせていただいています。一日にお話しさせていただける方の数が少ないので、小規模塾なのに、連日です。
ご家庭での様子やご意見を伺い、塾での様子やアドバイスをお話しさせていただいています。
集団の中では、主役をつとめるようなタイプの子もいれば、エキストラのような位置づけの子もいます。本当はみんながそれぞれに主人公。
そんなのは当たり前なのですが、あなたは主人公なのだと、ちゃんと教えてあげたい、ちゃんとそう感じさせたい、そう思う子もいます。
主人公なのだから、そのように生きていこうと知らせたい。
お父さんもお母さんも、スタッフの時もあるけれど、それでもそれぞれに主人公なのだと思っていてほしい。そんなことを懇談のさなかに思ったのでした。

くにみ塾 電話0774-71-3774
夏期講習の受講生を募集しています。中3~小3。小学生は実験教室のみの受講もできます。

7さい

2015-07-02 20:59:10 | 塾生へ
クウ塾長が7歳になりました。写真は、塾の前の草むらで不安そうに鳴いていた数日後、保護して間もなくのクウちゃんです。

中学生の期末テストが終わって、徐々に結果が届き始めました。生徒に「どうだった?」と聞くと、きまって「びみょう」と言いますが、確かに結果を見ていて、そうだなあと思います。
点数を順調に伸ばしている生徒や、高得点をしっかり維持している生徒。頑張っているように見えたのに思い通りの点数ではなかった生徒も。それぞれに手応えや反省があるようです。
点数よりなにより、努力賞をあげたいなあと思う生徒もたくさん。成長だなあと思ってみています。
そして7月に入りましたので、保護者懇談もはじまりました。何を言われるんだろうと子どももドキドキ。きっと親御さんも、私たち塾側も、みんなドキドキです。
中学生になって、学校も部活動も塾も宿題もたくさんになって大変そうです、忙しそうですとおっしゃる中1の方もあります。それが大方だと思うのですが、真逆の生徒も。学校、部活動、塾、宿題、やることがたくさんあって、充実している。こなしていくのが楽しい。難しい勉強がわからないときは涙が出てしまうけれど、頑張って解いていくとわかってきて楽しく嬉しいのだそうです。すごい。
みーんなこんな生徒たちだと塾の苦労は別の方向に向かうのですが、大概は「頑張らせる」のが仕事。
今日も「頑張らせる」ために頑張っています。

くにみ塾 電話0774-71-3774
✿小中学生の夏期講習生募集中です。小学生は恒例の実験教室もあります。定員のあるものはもうしこみじゅん