くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

大学見学

2013-05-31 22:13:51 | 塾生へ

Img_7706
 木津南中学の3年生たちは校外学習で京都市内に行き、史跡や大学を見学。事前に、自分が見学する大学の付属高校について資料を探しに来た生徒もいて、よい意識づけになっているように思いました。
 今日は、龍谷大学付属平安高校の説明会があり、会場が大学でしたので、生徒につられたわけではありませんが、わたしも大学見学。梅雨入りしたとはいっても、良いお天気でしたので、明るいキャンパスを満喫。大切なお話もたくさん聞いてきましたので、また授業中に小出しにしましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

むかしばなし

2013-05-30 20:37:12 | 塾生へ

Img_7675
 むかしむかし。小学校で斡旋されたお習字セットをみんなが持っている中、わたしのは、他所からお祝いでいただいたもので、ほんの少しだけケースの形が違っていた。おとなが見ればその形はどれほどの違いもないだろうし、今思い返すと、きっと上等なものだったと思うものの、それでも、その違いが嫌だった。みんなのセットの中に入っている墨は、やわらかなすり心地だったのに、わたしのはかっしり固く、それすら引け目に思っていた。
 この出来事が本質をついているとも思わないけれど、特別な自分でありたいと思う気持ちと、みんなと同じでありたいという気持ちは同居する。どの年代も、単純な気持ちだけで生きているわけではないけれど、小学生のころは、自分の気持ちを客観視するなどということもできず、不器用に苦しんでいたことを思い出す。
 墨の老舗のまえを通りがかり、すこし苦く、すこしなつかしい。


この記事をはてなブックマークに追加

マンガの力

2013-05-28 17:58:42 | 塾生へ

Img_7659
 すぐに古本屋を開けそうなほどの本に囲まれて暮らしています。テレビを持たない我が家にとっては、本は考える種を与えてくれる重要な情報源でもあるからと、自分に言い訳。狭い家なのに本は日々増殖中。マンガもたくさんあります。
 そんな中の1冊、『浮浪雲』に次のようなことばが出てきます。「富士山に登ろうと心に決めた人だけが富士山に登ったんです。散歩のついでに登った人はひとりもいませんよ。」これは、日ごろのほほんとしたふうに生きている主人公が、勉強に身の入らない息子に言ったことば。散歩しながら良い見つけものがあることもあるでしょうが、目的を持つべき時には目的が必要。いいことばだな、中学生に教えてあげたいなと思いもしますが、そうするときっと解説付きの押しつけになるでしょう。主人公・浮浪さんが息子の新さんに話すようにつたえたい。そんなとき、マンガの力、本の力は大きい。
 おとなは子どもを育てていると思い、子どもは勝手に自分で育っていると思う。程度の差こそあれ、この思いは多くのおとなと子どもに共通するでしょうが、その育ちが、多くのよい刺激に囲まれたものでありますように。


この記事をはてなブックマークに追加

努力賞

2013-05-25 20:12:07 | 塾生へ

Img_7607_3
 中間テストの結果が出揃いました。よく頑張れた生徒、エンジン始動が遅くなってしまった生徒、いろいろですが、中学最初の定期テストだった中学1年生は、みんな実によく頑張りました。社会の100点も、英語や数学の98点も嬉しいけれど、それよりも、中学1年生全体に努力賞。勉強の得意な生徒ばかりを集めている塾ではありませんので、何点が立派とはひとくくりに言えませんが、一人も欠けることなく、頑張りどおりの得点でした。
 中学1年生の1学期中間。問題も易しいものもたくさん。こんなチャンスを逃すわけにはいきません。簡単に高得点できると感じたのではなく、頑張ったからこそ高得点に結び付いたという成功体験となりました。


この記事をはてなブックマークに追加

最高

2013-05-23 21:36:39 | 塾生へ

Img_7528
 翁草(おきなぐさ)の写真です。花の後の綿毛のようすをおじいさんの頭にたとえて、この花の名になったようです。
 80歳の三浦雄一郎さんが、世界最高峰のエベレスト登頂に成功されました。「世界最高の気分」とおっしゃったそうです。こここそ、「最高」という言葉を発するにふさわしい場所。その場所には立たなくとも、「最高」にたくさん出会えるように、エネルギーいっぱいにありたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

テレビ

2013-05-21 20:27:33 | 塾生へ

Img_7577
 小学生のKくんがおうちで見るテレビ番組は、家族で一緒にいるときについているニュースと、ほんのわずかな動物番組や科学番組のようです。「その他のときには、テレビはついていません」と、教えてくれました。
 そんなお話をしながら、私自身の小学生のころのことを思い出しました。1台きりのテレビですので、それなりの遠慮と、時々のチャンネル争いをしながら家族で見ていました。食事をする部屋にはテレビを置いていませんでしたので、食べながら見るということはまずなかったものの、一人で見られるときなどは、だらしなくつけっぱなしにしていたように思います。
 テレビのない暮らしをしている今は、時間を損せずにいられるかなという感覚があります。また、静かにものを考える時間を作れるようにも思います。テレビは、必要な情報を得るためにはとても有効ですが、なかったらなかったで、あまり不自由もないものです。


この記事をはてなブックマークに追加

クウ塾長、観察される

2013-05-18 16:47:14 | 塾生へ

Img_7601
 「クウちゃんを観察させてください」と小学2年生がやってきました。学校で、観察名人になろうという宿題が出たようで、その観察対象にクウ塾長が選ばれました。どうぞどうぞ、ゆっくり観察してください。
 大きさや、色や、においや、いろいろな項目をチェックしていきます。触った時の感触もレポートしたいところですが、警戒して、なかなか触らせてくれません。そうしていたところに、6年生の女の子たちがやってきて、「くうちゃーん」と言いながら撫で始めました。くうちゃん、うっとり。これでは悲しくなってしまいますが、ネコは小さな子どもや大きな声が苦手。Sちゃん、もう少しお姉さんになると、ゆっくり触らせてくれるようになりますよ。


この記事をはてなブックマークに追加

がんばりました

2013-05-17 19:29:28 | 塾生へ

Img_7560
 中間テストが終わり、ほっとひと息です。数人のご父兄からお電話をいただいてお話しましたが、みなさん、よく頑張っていたと口をそろえておられます。特に、中2、中3でこの春から入塾した生徒たちは、塾に入ったのだから頑張ろうという張り切りもあって、おうちでも机に向かう姿がよく見られたようです。
 「点数には結びつかないかもしれないけれど、こんなに勉強に向かうようになったのがうれしくて」とおっしゃる方もあります。親御さんとは、なんて有り難いことでしょう。一人ひとりの子どもが、それぞれに前向きに行動していても、その努力と点数は必ずしも比例しません。返却される解答用紙も、成績も、他人からの客観的な評価は点数にしかあらわれませんが、だからこそ、点数にあらわれない頑張りや努力を、親御さんにはよく見てほしい。私たちは点数を伸ばしていくことを応援し、お手伝いします。各々の立場で見守り、育てていく。子どもに対する、おとなの大切な役割だと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

塾菜園

2013-05-14 20:34:45 | 塾生へ

Img_7487
 小学5年生の理科でインゲンマメの発芽について学習しますので、4月に、乾いた脱脂綿の上、湿った脱脂綿の上、水中、日光を遮断したところ、冷蔵庫の中など、条件をかえて発芽実験をしました。せっかくなので、先週、残ったマメを蒔いてみました。金時豆とうずら豆。数年前、当時小学生だったYちゃんが、「このマメを蒔いたら何ができるんですか?」と尋ねたことを思い出します。金時豆を蒔いたら金時豆ができます。今年は、遺伝を勉強している中学3年生のМちゃんが、金時豆とうずら豆を隣どうしに植えるとどうなるかなあ、と考えていました。
 夏のような陽気だった今日は、小学2年生とミニトマトを植え、さっそく作文のネタにしました。目の前で完結する実験もよい作文ネタになりますが、育てていくものは、時間をかけてワクワクでき、収穫でまたワクワクでき、何度も楽しい。テスト前の自習にやってきた中学3年生たちに、苗を植えるために外にいた小学2年生たちは、大きな声で元気に「こんにちは!」。中学生からもしっかりとあいさつを返してもらい、ご機嫌で、「あのお兄ちゃんたちは何年生?何の勉強するの?」と興味津々。子どもにとっては、年上のお兄さん、お姉さんは憧れの存在です。


この記事をはてなブックマークに追加

季節を知る

2013-05-13 17:42:26 | 塾生へ

Img_7450
 たけのこ、ふき、わらび、さんしょう、アスパラ。芍薬、菖蒲、躑躅、藤の花。冷蔵庫の野菜室や、部屋に飾った花に初夏がいっぱい。
 中学生のテスト対策で俳句を勉強していますが、季語を見つけるのを苦手とする生徒がかなりの割合でいます。定期テストですので、出題される句は解っていますし、覚えておけばすむのですが、それにしても、花の季節、鳥の季節などを知る機会もあまりないのでしょうか。私の苦手なのは魚の季節。魚屋さんに行ったときには、ちょっと意識して見てみようかと思います。


この記事をはてなブックマークに追加