くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

猛勉強中

2012-02-25 22:25:12 | 塾生へ

Img_4767

 学年末テストが近づき、生徒たちはいつもよりずっと真剣に授業を受け、滞在時間も長くなってきています。こんなに頑張っている姿を、保護者のみなさんにも見ていただきたいと思ったりもするのですが、そういうときは講師側も一生懸命になっていますので、写真をとる余裕もなく、今回も段ボール箱でくつろぐクウ塾長の写真です。

 寝ている時間と食べている時間以外は勉強、と言いたいところですが、まさかそんなに集中力が続くわけもなく、だからといって羽目をはずして遊んでしまうと、気持ちが途切れてしまいます。ぐっと集中して、そのあと少しだけ気を休めて、また集中して。定期テストの勉強は、決められた範囲だけを勉強するように見えますが、「勉強をする練習」「時間を上手に使う練習」「集中する練習」でもあるのです。それを積み重ねておくからこそ、スムーズに「受験生」になれる、そして、効率的な受験勉強ができるようになるのです。がんばれ、中学生!


きちんと生きること

2012-02-18 19:24:45 | 塾生へ

Img_4770

 くにみ塾をひらくずっと前のこと。Оくんという少年とのお話です。

 出会いは15年前、中学入学に合わせて塾に入ったОくんとは、授業の教室ではじめて会いました。話をよく聞き、課題もきちんとこなす。まじめですが、休憩時間にはお友達と大騒ぎしながらはしゃぐ、ごく普通の中学1年生でした。そんな彼に異変が訪れます。授業中に鼻血を出したのです。大量に。そのうえ、学校でも出していたとクラスメートが教えてくれました。その後の検査で、白血病であるとわかりました。治療のため塾どころではなく、気になりながらも縁の切れた状態になってしまいました。

 入退院を繰り返す毎日。臍帯血移植を行い、一時は症状の消失する「寛解」となり、運動会や修学旅行にも参加。病気と闘いながらでしたが、中学生生活もそれなりに充実していました。それが、中学3年の秋に再発、入院生活を余儀なくされてしまいました。受験生としては正念場の時期にОくんはベッドの上。受験生Оくんはあせりました。体調はずぐれませんが、受験は気になります。そうでなくても中学での欠席日数が多くあせっているのに・・・。このころ、再び縁がつながりました。

 Оくんのところに、個別授業をしに行くことになったのです。長時間は疲れるので、一度にできるのは短い時間。入院中の小児病棟に通いました。風邪やほかの菌を持ち込まないように、私自身の体調管理にも気を使いながら。Оくんは授業をとても楽しみにしてくれていました。学校を休むことが多くてわからないままのところがたくさんあったのに、どんどんわかってきて楽しい、と。練習問題もたくさん解きました。そして、受験校が決まって、出願の日。夕方からは塾の授業がありますので、病院には昼いちばんに向かいます。小児病棟のドアを入って、Оくんの病室に。Оくんがいません。すこし探して、お母様に会えました。急に悪くなり、さっき集中治療室に入りました、と。数日間闘いましたが、集中治療室を出ることなく旅立って行きました。毎年、何人もの中学3年生の受験生と一緒に勉強しますが、お別れをした2月が来るたびに、15歳のОくんを思います。

 先日、小学5年のYくんとの雑談で、「社会のために自分にできることって何だろうね」と尋ねたところ、「人生、がんばる」と答えてくれました。軽く聞いて、軽く答えてくれたのですが、文字にすると軽くない。「きちんと生きよう」と、あらためて自分自身に活を入れるのでした。


春を待つ

2012-02-16 21:30:34 | 塾生へ

Img_4774

 私立高校の入試は無事、「サクラサク」でした。つぎは公立高校の入試。明るくうれしい春が来るようにとの思いを込めて、今日の塾玄関は春の花。チューリップや菜の花やスイートピーといっしょに、強い思いも持てるように、鋭い入才らんも生けました。

 中学2年生の楽しい修学旅行も終わり、各クラスで学年末テストの準備が始まりつつあります。広範囲ですが、しっかり準備して納得のいく結果を得たいもの。もう提出物の準備、はじめていますか?


満月みつけた

2012-02-09 20:31:20 | 塾生へ

Img_4757

 立春も過ぎだんだんと日が長くなってきたとはいえ、中学生の授業が始まるころは真っ暗で、すっかり夜です。寒い中、自転車で通塾する生徒が多いのですが、昨日、塾の前でそんな生徒たちを出迎えていると、中1のTさんが、「月がすっごくきれい」と教えてくれました。薄く雲がかかっておぼろにみえる満月でした。きれいな月に気づいたり、花をみたり、風を感じたり、そうした感性をもっているのっていいな、と嬉しく思いました。

 写真は、各教室に貼っている天文カレンダー。満月の日や新月の日がわかります。


元気にいってらっしゃい

2012-02-07 15:05:24 | 塾生へ

Img_4739

 塾生たちの風邪ひきやインフルエンザのピークが過ぎて、先週まで体調を崩していた生徒も、今週はだいたい元気になったようです。といっても、欠席が多かったのは中学1年生。中学3年生、2年生はいたって元気です。ときにはマスクをしてきたり、頭が痛いと言ったりすることはあっても、お休みをするほどのことはめったにありません。受験目前の3年生は、緊張感を持っていますし、なにより体調管理に気をつけています。2年生も修学旅行を目前に、今風邪をひくわけにはいかない、という気の張りでしょうか。毎年、そういう傾向があるところからすると、やはり気の持ちようや自己管理はとても大切なこと、といえそうです。

 さて、木津南中学校の2年生は明日から修学旅行。明日の早起きに備えて、今日の授業は少しだけ時間を繰り上げて始めます。元気に楽しんできてくださいね。

 写真は、長年通っているお稽古場のもの。信楽焼の花入れには、白梅と紅白の椿。掛ものは、うぐいすを詠んだ短冊。歌は、おおまかには読めるのですが、すべて読めるわけではなく、「まだまだ勉強が足りないなあ」と反省しつつ、『くずし字字典』を調べるのです。


「サクラサク」ために

2012-02-04 20:08:02 | 塾生へ

Img_4743

 立春です。今朝の新聞に、京都の私立高校の出願者数が載りました。その倍率をみて、中3生は、「大丈夫かなあ」と少し不安にも思ったようです。大丈夫、しっかり勉強している自分に自信を持って、身についた力を発揮すればいい。そんな受験生に、「サクラサク」うれしい合格が届くように願いを込めて、玄関に「元日桜」を生けました。


節分の業務終了

2012-02-03 21:55:36 | クウ塾長

Img_3250

 クウ塾長、節分の鬼担当でしたが、無事に業務終了。慣れない業務にお疲れで、寝込んでしまいました。暦の上では、今日で冬が終わります。


節分の準備

2012-02-02 18:24:08 | クウ塾長

Img_3249

 「節分の鬼、こんな感じで大丈夫?鬼役だけど、外にはいきたくないよ。」

 あちらこちらで大雪のニュース。州見台では、昼間にちらちらと雪が舞いましたが、夕方、6年生の授業のころにはきれいな夕焼けがみられました。年明けすぐには、5時からの小学生の授業が始まるころはすでに暗くなっていましたが、暦の上とはいえ冬の終わりになったのを実感させられる、日の長さになりました。寒い寒いと言いながらも、少しずつ明るい時間が長くなっていくことに励まされます。


くにみ塾 クウ塾長のお仕事

2012-02-01 21:35:31 | クウ塾長

Img_3244

 「クウ塾長、もうすぐ節分です。今年は鬼役、担当よろしくお願いします。」「お面掛けたらいいの?了解

 インフルエンザが大流行のようで、木津南中の1年生は学年閉鎖。塾の生徒もかわるがわる欠席してしまうので、塾の授業も行ったり来たりのゆっくりペースになっています。それでも、きちんと、「お休みしていたところの授業内容と宿題を教えてください」と言ってくれるのは頼もしいことです。当たり前に言われることですが、手洗いうがいをしっかりしましょう。