くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

お天気

2017-04-24 17:40:32 | 塾生へ
 よく晴れた日曜日、所用で出かけたついでに奈良公園を歩いてきました。国立博物館では快慶展をやっています。気になるのですが、体調が万全でもありませんので、今回は自粛。そのかわりに地下のミュージアムショップにだけ立ち寄って、予習がてら本をパラパラ、のつもりが、じっくり。
 青空を背景にヤマザクラ、東大寺の西の転害門のところには「奈良の八重桜」、そのすぐそばの、さんまさんの出身らしい小学校の正門前には「御衣黄(ぎょいこう)」という黄色いさくら。写真、上手に撮れませんでしたが、晩春のずいぶん力を増した日差しに映えます。明るいけれど眩しすぎないほどの日差し。冷たくもなく乾きすぎてもいない風。本当に良いお天気で、心の澱が浄化されるように感じます。
 気持ちの晴れないときには、どんなに外が良いお天気だろうと、土砂降りだろうと、重いままです。でも、ちょっと何とかなりそうなくらいなら、青空につられてみるのもいい。爽やかな風に誘われてみるのもいい。内側を向くことで得る深い思索もあるので、内向きなら、それも結構。そこで苦しむのも悪くない。でも、でも、でも。それで見えなくなるものも、感じられなくなるものもあります。陽気に誘われて解放されるといいのに。
 国内でも地方によって気候が違います。晴天率によって人の気質に違いが出るのでしょうか。人の心をお天気になぞらえたとして、晴れの日だったらいいねと思います。ちょっとそう思う生徒のことが気になっています。

くにみ塾 電話0774-71-3774
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« スタートのないゴール | トップ | 所属 »