くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

流れ星

2012-12-13 22:27:26 | 塾生へ

Img_6472

 2学期も終わりに近づき、中学校では三者懇談の真最中。2学期の成績を見ながらの話だったようで、中2のHさんが、「英語の成績、あがりました」と報告してくれました。
 通知表の評価や、テストの点数は、もちろん良いにこしたことはないのですが、しっかり頑張ったかということや、するべきことをきちんとしたかということは、土台としてとても大事なことです。通知表の4でほめる場合もあるし、省みることを促す場合もあります。90点で「頑張ったね」という場合もあるし、「細かなところをないがしろにしている」ときつくいう場合もあります。くにみ塾で学習する生徒は、点数のとれる者が偉くて高い評価をされ、点数を取るのが苦手な者が低く評される、ということはありません。それぞれが、前を向き上にすすむ。それぞれが、すべきことをきちんとする。
 先日の個人懇談で、ある保護者の方が、「成績重視の塾ではないので、のびのびと勉強できて、うちの子に合っています。」といってくださいましたので、「成績、重視していますよ。」と笑いながらお答えしたところ、「わかっています、塾に通うようになってテストの点、随分よくなりましたから」とのこと。成績重視とは、いい意味でも悪い意味でもあると感じました。くにみ塾では、点数を取らせることはとても大切にしています。通知表の評価を上げることも大切です。ただ、それだけで満足してはいけないと伝えたい、その上に、考えることや感じることを忘れずに持ってほしい。そこをお伝えすると、ついつい「成績重視でない」となってしますようです・・・。

 前出のHさんが、今日は流れ星がいっぱい見られる日だと教えてくれました。授業を終わって帰るところだった小学生も、それを聞きつけて楽しみにしていました。新月の今夜、流れ星がたくさん見られそうです。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予備実験 | トップ | 小道具 »