くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

やま

2018-06-19 22:07:38 | 塾生へ
 単語練習をしたノートを持って、中1のKさんが事務室に来ました。「これ、何て読むんですか?」と。読み方を教え、こんな時に使うよと教えて、納得した返事が返ってきたところで、英語担当のサイトウ先生がぼそっと、「ま、今日それは出ないけど」と。小テストがあるようです。そこで、「これとこれとこれは出るんじゃないかなあ、これは出ないと思うよ」と言っていると、サイトウ先生から、「言いすぎや」と叱られました。どうやら、わたしの「やま」は当たっていたようです。
 Kさんがテスト範囲のところをきちんと勉強して覚えているであろうことを承知しているからこその、サイトウ先生やわたしの対応です。
 英単語でも漢字でも指示されたところは全部覚え欲しいけれど、たとえ半分しか覚えられないとしてもこれははずさないでという優先順位の高いものがあります。オトナはそれがわかり、コドモはその判断が難しい。
 一度その道を通ってきたオトナは、その使い道や大切さをわかっているけれど、コドモはいろんなことを勉強中です。勉強をしながら、勉強の仕方を勉強中です。
 期末テストの範囲表には、担当の先生からポイントが示されています。オトナがみると、「○○のところは必ず出題される」と書いてあるように見えますが、コドモにはそれがわからないのも、そうした理由です。
 根拠のある「やま」を張れるようになれというわたしたちの小芝居がKさんに通じたかなあ?

 モンシロチョウははじめの1匹が羽化しました。きっと明日はどんどん誕生します。小学生のクラスで観察できるかもしれません。

 くにみ塾 電話0774-71-3774
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 効率 | トップ | みる »