くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

想像する

2012-12-10 20:25:10 | 小論文・作文

Img_6466
 小学3年生が、「タイムマシンに乗って未来に行ってきた」というテーマで作文を書きました。
 Kくんは、ロボット研究者になっていました。人を助けるロボットができていて嬉しくなります。なぜなら、今、いちばん作りたいと思っているものだから。みんなで、どんなロボットが欲しいか考えてみました。
 自分にとって欲しいロボットを考えるだけでなく、災害にあった時に活躍するロボット、一人暮らしでさびしい人の話し相手になるロボット、お掃除してくれるロボット、介護する人を助けるロボット。世の中に、どんなものが求められているのかとか、どんな気持ちで暮らしている人がいるのかとか、そういったことを「想像」するのも、「創造」につながります。連想ゲームのようにたくさんのことを考えながら想像しながら過ごした今日のトレーニング授業でした。

 先週は体調不良だったクウ塾長は、日曜日にしっかり休養してすっかり元気になりました。