清治邦章の日記

産業医、訪問診療を行っている清治邦章の日記です。
コメント、感想、苦言、苦情、
何でもどーぞ(^^)

2022年3月11日の日記~あれから11年。~

2022-03-12 15:32:33 | 日記

またちょうど5か月ぶりの日記、読んで頂いている方には本当に申し訳ありません。

色んな事が起こってはいるが、忙しいこともありなかなか投稿できず。

忙しさを理由にするのは、簡単だし好都合。

色んな方が見ていると思うと、なかなか率直に書けないこともあるのも正直なところ・・・。

 

今日は3月11日、東日本大震災から11年が経過した。

本当にやっと、客観的にこの出来事を見て分析して、どのようなことが起こったのかを認識できるようになってきたような気がする。

これまでは感情が先走ってしまい、なかなか客観視できなかった。

これが起こっていなければ今の自分はない。この時に「やりたいことをやる人生にしよう」と思った。

11年目の日常は、新型コロナのパンデミックは3年目に突入。未だ第6波の終息は見えない。

 

それに加えてロシアが独立国であるウクライナに侵略した。こんなことが許されていいのだろうか。

本格的な戦争を目の当たりにして、歴史の転換点になるのだろうと感じる。

ロシアとNATO、アメリカ、双方への批判を耳にするが、間違いないのはゼレンスキー大統領をはじめとするウクライナの人々の素晴らしさだと思う。

私達日本人は同じ目にあった時に、あんな風に誇り高く国土を守ることができるだろうか。。。

侵略されないようにするために軍備増強や核保有を主張する人々もいるが、何だかすっきりしない。

平和は当たり前ではないということだけは、肝に銘じたいと思う。

 

 

 


2021年11月21日の日記~こんなことって・・・~

2021-11-16 22:05:41 | 日記

5か月ぶりの日記。

コロナ、選挙・・・。

色んな事があったが、なかなか書くことができず・・・。

久しぶりのブログなんだから、明るい話題で、とも思ったが、なかなかそうもいかない。

穏やかに過ごしたい方は、ここで読むのをやめることをおススメします。

 

今日、一通のメールが来た。

産業医の紹介会社から「先生に産業医をお願いしたい会社があります」というやつ。

なんでも「ご契約中の産業医がいらっしゃいますが実務対応が充分でなく、交代のご相談となります。従業員に寄り添って、柔軟にご対応頂ける先生を希望されています。」ということらしい。

って、この会社、今、俺が月1で行ってる会社だよ!

「ご契約中の産業医」=俺です(汗)

 

ショックを受けて、会社の担当の方に聞いてみる。

「1月で契約終了でしょうか・・・?」

「はい。本部の意向で・・・。先生にはいつもすぐに対応して頂いていたのにで、心苦しいのですが・・・。」

俺は思った。「社交辞令でないといいなあ・・・」

 

産業医の紹介会社も会社だからね。利益を追求しなければならない。営業して、できる限りお客さんを増やす必要がある。

一方、産業医と契約する会社の都合もわかる。本部の方針では仕方がない。

 

でもね・・・。「実務対応が充分でない」というのは結構堪える・・・。「従業員に寄り添って、柔軟にご対応」していたのだけれどなあ。(これは謙虚ではないな・・・)

 

こういうことが起こらないように、今以上に成長して、真摯に、誠実に、そして謙虚に、日々精進していこうと強く思うのであった。

 

 


2021年6月29日の日記~ワクチン~

2021-06-29 18:44:53 | 日記

ワクチン接種が進んでいる。

そんな中、ワクチンの供給量が不安視されている。

ファイザーワクチンの供給も7月からは少し減るようだ。

職域接種についても新規の受付を停止している。モデルナワクチンも潤沢にある状況ではないらしい。

仙台駅に近い某所では、職域接種を申請できなかった企業向けにワクチン接種会場ができている。私も産業医として十分職場での接種に応えることができていないため、このような取り組みには期待する。

ただ、この会場で接種するには1回あたり2000円を企業が負担しなければならないらしい。2回で4000円・・・。

私が産業医をしている会社にも手広く「営業」にきていたようだ。

この会社がどのくらいのワクチンを確保したかはしらないが、このように営利目的でワクチンを利用することは、断固として許せない。

全国でこのようなことが行われて、ワクチンの供給に問題が起こっているとしたら、それはとても大きな問題だと思う。

河野大臣はこのような状況をご存じなのだろうか・・・。

 


2021年4月1日~感染拡大は深刻な事態に・・・~

2021-04-01 08:11:42 | 日記

昨日、宮城県の新規感染者数は200人を超えた。人口当たりは断トツの1位。他の県でも最多を更新しているが、宮城県は悪い意味で象徴的になっている。

産業医として関わっている企業からも感染者報告が出てきているが、幸いクラスターにはなっていない。皆さんが黙食黙飲黙煙を徹底して頂いているからだと思う。本当に気を付けて頂きたい。

 

訪問診療をしている患者さんにはまだ感染者は出ていないが、時間の問題のような気がする。

在宅療養している高齢の患者さんたちはコロナに罹るなどということは想定していなかったかもしれない。

それによって大好きな家から病院に戻らなければならないとしたら、悲しいことだ。

僕は、もし患者さんやそのご家族が「このまま家で診てほしいのですが」と仰られたら、是非そのようにしたいと思う。

施設に入所しておられる方々も然り、そのまま住み慣れた施設で診てあげたい。

 

そうすることが、自分のつとめだと思う。


2021年3月16日の日記~宮城県での流行~

2021-03-17 07:06:21 | 日記

1都3県の緊急事態宣言が解除されようとしている中で、宮城県・仙台市のコロナ陽性者は2月末から急増してしまった。

人口比でも日本有数の流行地となってしまった。

2月中旬、感染者が1桁になり、多くの人が「もう大丈夫」と思ってしまったのだろう。

16日は宮城県で69人の陽性者、未だに接待を伴う飲食店での感染があること自体、理解に苦しむ。

「経営が苦しいから、助けたいと思って」などと言い訳をする政治家もいるが、クラスターになっては完全に逆効果だと思う。

 

他の地域の方々には是非教訓として捉えてほしい。油断してはいけない。

 

一方で、我々の我慢だけで感染を抑制することにも限界が来ていると思う。

オリンピックが終わりワクチンが広まった段階で、二類相当ではなくもう少し軽い扱いにすべきと思う。

世界的にはどうなのだろうか?

いつまで感染者の数を数えるのだろうか?