クニの部屋 -北武蔵の風土記-

郷土作家の歴史ハックツ部屋。

「冗談じゃない!」の上野樹里と大竹しのぶ。複雑な気持ちなのは?

2007年04月16日 | 恋部屋
――婚約者の母親は元恋人。
そんな設定のもとスタートした「冗談じゃない!」(TBS)。
ユニークな構造で魅せます。
現実的にこんなことはあり得るのでしょうか。
20年ぶりに元恋人に会ったと思ったら、
次の瞬間“義母”になるのですから……。

主演は“織田祐二”と“大竹しのぶ”。
若い奥さんを貰うのと同時にその子の母親は元恋人だということが判明し、
ひと悶着が起きます。
彼は独身ですが片や4児の母親。
複雑怪奇であり、様々な波乱を秘めています。

“元恋人”に再会するならどんな形がいいのでしょう。
独身同士、既婚者同士、彼らのようにひとりは結婚していても、片方はまだ独身……。
胸がときめくときめかないを別として、
いろいろな意味で特別な人であることは確かです。
極悪な別れ方をした場合を除き、
会って嫌な気持ちになるわけではないと思います。
(相手が恋人と一緒だったら嫌だけど……)
同じ時間を共有した分だけ特別な存在であり、
外国の地でバッタリ再会した織田祐二と大竹しのぶも感慨深そうでした。

元カレと元カノ。
不思議な立場にいる存在です。
特別だけど特別ではなくて、
大切な人かもしれないけれど、大切ではない存在。
「つき合う」「別れる」の言葉だけでその関係性は変わってしまい、
普段の生活に大きな影響を及ぼしかねません。
以前のように言葉を交わしたくても気軽に声を掛けられることができず、
躊躇している内にその距離感はどんどん離れていってしまう……。
特に能動的ではない男の場合、
そのまま一言も話さなくなるのは珍しくありません。

新しい恋人と出会い、それまでとは全く別の季節を過ごすことは自然ですが、
心の移り変わりはどこか切ないものです。
恋人に限らず、人との出会いと別れが増えるほど
孤独の重みは増していくのかもしれません。
例え過去の記憶が色褪せ、新しく出会った人とどんなに楽しい時を重ねても、
孤独だけはなくならないのは人の絶対的悲しみと言えそうです。

そんな悲しみはさておき、「冗談じゃない!」はコメディタッチです。
第1話で登場した脇役が、
今後どのようにストーリー関わってくるのかも注目されます。
また、最も複雑な立場にいるのは花嫁(上野樹里)。
母と夫が昔つき合っていたと知ったとき、
どのような反応を示すのでしょう。
その衝撃は誰よりも強いことは想像し難くありません。

――再会した元恋人は義母。
20年間別々に流れていた時間が再び重なり合い、
今後は違う形で流れようとしています。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死の1年前の自作の処置は? ... | トップ | 川向こうの城には…… ―飯野城... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

恋部屋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

上野樹里 (いま話題の女性芸能人とは?)
上野樹里 プロフィール検索 動画検索 画像検索
上野樹里 (いま話題の検索語とは?)
上野樹里 プロフィール検索 動画検索 画像検索
上野樹里 セクシービキニショット最新画像情報 (上野樹里 画像・動画 最新情報ブログ)
うわーーー!!!!!??? 普段は絶対に見られない撮影現場の裏側に潜入! 大規模...