アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

シー・シェパードが捕鯨国への圧力を強化 日本には幹部クラスが入国

2018年10月22日 15時42分43秒 | IWCから脱退し、商業捕鯨を再開せよ!
反捕鯨団体シー・シェパード(SS)が今秋、捕鯨国への抗議活動を活発化させている。商業捕鯨を行っている北大西洋の島国アイスランドに団体支部を立ち上げ、10月中旬には寄付金集めのイベントを開催。9月に今期のイルカ漁が解禁された和歌山県太地町には、すでに幹部クラスを含む3人の活動家が滞在し「監視活動」を行っている。国際手配されているSS創設者のポール・ワトソン容疑者は声明を出し、「(太地町には)2~4人の小規模グループを維持することが目下の目標だ」と語った。(社会部編集委員 佐々木正明)


@こういう破壊活動を専門に行う連中に、懐の深さを見せることはない。入国を拒否すべき。IWC脱退し、堂々と商業捕鯨(日本の食文化を守る)を再開すべき。
ジャンル:
我が家
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 17歳女子高生にみだらな行為... | トップ | 新幹線で拳銃所持と通報 名... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コイツら (田舎者)
2018-10-22 21:14:03
はい、対テロ防止法でぶち込んでください。

国民の生命と財産を守るのが警察でしょう、
合法な経済活動しているのに妨害するんですから
明らかにテロです。

そもそも政治活動する (ja2kow)
2018-10-25 09:56:57
奴らを入国させてはいけません。そんなビザはありません。
環境保護というビザもありません。
観光ビザで来ているに決まっています。そんなところが、なれ合いというか、取引に材料にするんでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

IWCから脱退し、商業捕鯨を再開せよ!」カテゴリの最新記事