アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

ヘリ救助者落下、遺族敗訴 富士山で静岡市の対処巡り 京都地裁

2017年12月07日 21時31分48秒 | 日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 その他
2013年12月に富士山で起きた滑落事故で、静岡市消防航空隊のヘリコプターによる救助作業中に落下し翌日死亡が確認された京都市の男性=当時(55)=の遺族が、静岡市を相手取り9170万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(三木昌之裁判長)は7日、原告の請求を棄却した。
提訴は15年12月。判決によると、男性は計4人のグループで富士山御殿場口登山道を下山中、標高約3500メートル付近で滑落。静岡市消防ヘリは当時静岡県防災ヘリが点検中だったため、応援協定に基づき県からの要請を受けて急きょ出動した。
しかし、市消防ヘリの救助作業中に「DSV(デラックスサバイバースリング)」と呼ばれる救助器具が外れ、男性は地上約3メートルの高さから落下。再度救助を試みたが、気流が安定せずに断念した。男性は翌日、県警ヘリに収容された。
救助作業中の事故を受け、静岡市は14年11月、標高3200メートルを超える地点では、ヘリを使った救助作業を行わないことを決めた。
訴訟の主な争点の一つは、救助の際にDSVの股下シートを使用しなかったことが適切だったかどうかだった。今年7月には、作業に当たった隊員2人が出廷、事故当時の様子を証言し、「未経験の高度3500メートルでの作業で、ベストを尽くした」と証言した。

@よく裁判で訴えられたものだ。拝金のシナや朝鮮人か? 京都地裁が、以外に常識的判断を下したので逆にびっくり。
ジャンル:
我が家
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« チャンコロの十八番 「北の... | トップ | 名古屋 6年前に当時21歳女性... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こいつバカか? (田舎者)
2017-12-07 23:38:39
こんな奴、最初から救助しなけりゃよかったんだよ。

怪我と弁当は自分持ち!

いやなら、保健掛けて民間の有料ヘリ使いなよ、
だったらナンとでも言えるぞ!

金もないくせに公共の救助隊呼んでこれじゃ
救助隊だって怒るわ。
だから、逆に (ja2kow)
2017-12-08 09:35:56
かかった経費を請求してやればいいんです。

好きで山に登って、遭難しようが、税金使う事はない。

それを、カネよこせって・・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 その他」カテゴリの最新記事