アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

「宇宙強国」目指す中国 月の裏目指し打ち上げ

2018年12月09日 08時12分50秒 | シナ問題
中国は、世界で初めて月の裏側に着陸することを目指して無人の月探査機を打ち上げました。
無人探査機「嫦娥四号」は8日未明、四川省の衛星発射センターからロケットに搭載して打ち上げられました。月までは数週間かかる予定で、年明けに月の裏側に着陸して月面の鉱物や表面の構造、地質などを調査する計画です。着陸に成功すれば世界で初めてとなります。月は常に同じ面を向いて地球を回っているため、地球と月の裏側とは直接、交信することができません。そのため、中国は今年5月に月の裏側との交信を中継するための衛星を打ち上げて準備を進めていました。習近平指導部は「宇宙強国」を国家目標に掲げていて、アメリカなどと並んで科学技術で世界の覇権を握ることを目指しています。

@あ、そう。

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
« 南朝鮮 高速鉄道が脱線、1... | トップ | スパイ罪で起訴の日本人女性... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シナ問題」カテゴリの最新記事