アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

女湯の天井から窓枠落下 入浴中女性が15針縫うけが

2018年02月14日 19時08分34秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
温泉施設の天井から窓枠が落下し、入浴中の女性がけがをしました。
13日午後4時半ごろ、前橋市が所有する「富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館」の女湯の高さ7メートルの天井から、ステンレス製の窓枠が落下しました。窓枠は長さが4メートル、重さは5.7キロで、入浴中の82歳の女性の顔の右側に当たり、15針を縫うけがをしました。前橋市の調査によりますと、窓枠のねじが腐食していたということです。市はこの施設を含めて市が所有する3つの温泉施設を休館にして、点検作業を行っています。


@入浴中の女性なんて言うから、若い女を想像してしまったいけない僕がいました。


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
« 「安倍-ペンス」共に遅刻、... | トップ | 強盗「お金ください」 店員... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)」カテゴリの最新記事