アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

“紀州のドン・ファン” 謎の死から1年 ビールビン2000本鑑定中

2019年05月24日 20時42分56秒 | 犯罪系
「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の男性が急性覚せい剤中毒で不審死してから、24日で1年。警察は、覚せい剤の入手ルートを調べているが、捜査は難航している。
2018年5月、和歌山・田辺市の資産家・野崎幸助さん(77)が、自宅の寝室で亡くなっているのが見つかった。死因は、急性覚せい剤中毒で、遺体に注射の痕がないことから、警察は、口から覚せい剤を摂取した疑いがあるとみている。当時、自宅には、野崎さんの妻(当時22)と家政婦の女性(60代)がいたが、2人とも野崎さんの死への関与を否定していた。
野崎さんは、死亡する直前にビールを飲んでいて、警察は野崎さんの自宅や会社から空のビール瓶およそ2,000本を押収し、鑑定を進めていて、半分ほどの鑑定は終わったものの、捜査は依然として難航している。

@なんでこんなに難航しているのでしょうね。この世に完全犯罪なんて存在しません。当たり前ですが、必ず関係者の中に犯人はいます。
この親父の近くにいて、この親父が亡くなって喜んでいる奴が犯人です。



コメント   この記事についてブログを書く
« 愛知7区 ヤリマン山尾志桜... | トップ | 丸山氏“適応障害”「2カ月の休... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

犯罪系」カテゴリの最新記事