アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

神戸地検検事を逮捕=女子トイレで盗撮容疑―地検

2018年03月15日 17時55分29秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
勤務先の女子トイレに侵入し盗撮しようとしたとして、神戸地検は15日、建造物侵入と兵庫県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸地検の検事平木伸佳容疑者(46)=大阪市淀川区=を逮捕した。
地検は認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は昨年9月19日と今年2月6日、兵庫県姫路市の神戸地検姫路支部別館の女子トイレに侵入し、個室内の女性に対して撮影する目的でスマートフォンなどを向けた疑い。
平木容疑者は2007年9月に検事に任官。事件当時、神戸地検姫路支部の公判担当検事で、同支部別館で勤務していた。現在は神戸地検総務部付で、休暇を取得している。地検関係者によると、仕事上で特に問題はなかったという。 

@警察、消防、医師、教師と来て、今度は検事さん。まあ、当然と言えば当然の成り行き。人心の荒廃をもたらす、戦後体制なのだから。国家理念なき、左翼とエロ事師しか生まれてこない。
コメント

3歳児死亡ひき逃げ事件で実刑判決 懲役3年6カ月

2018年03月15日 13時22分26秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
茨城県つくば市で3歳の男の子をひき逃げして死亡させたなどの罪に問われた男の裁判で、懲役3年6カ月の判決が言い渡されました。
鈴木賢一被告(34)は去年10月、つくば市の交差点で、和田天馬ちゃんと母親(当時31)を車ではねて天馬ちゃんを死亡させ、母親にも重傷を負わせたうえ、逃走したなどの罪に問われています。これまでの裁判で、鈴木被告は「間違いない」と起訴内容を認めていました。15日の判決で、水戸地裁土浦支部は「まだ幼い被害者の死など、取り返しのつかない重大な結果を生じさせている」と厳しく指摘したうえで、「人命軽視の態度にも強い非難を向けざるを得ない」として懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡しました。

@人命軽視とか言いながら、安すぎるだろ。死刑が妥当だ。未決拘留入れれば、3年弱ででてくるじゃないか。

コメント

高畑潤一容疑者(33 生活保護巡る対応に不満か 金沢市役所刺傷事件の男

2018年03月15日 13時09分59秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
石川県の金沢市役所で職員4人が刺された事件で、逮捕された男が去年、生活保護の相談で市役所を訪れていたことが分かりました。
14日午後3時すぎ、金沢市役所で職員4人が刺され、警察は金沢市の無職・高畑潤一容疑者(33)を包丁を所持していた銃刀法違反の疑いで逮捕しました。捜査関係者によりますと、高畑容疑者は去年、生活保護の相談で市役所を訪れていたということです。警察は高畑容疑者が市の対応に不満を持って犯行に及んだものとみて、殺人未遂の疑いも視野に捜査を進めています。警察の調べに対し、高畑容疑者は「今は話すことはありません」と供述しているということです。

@役所に乗り込んで役人を4人も刺す体力があるなら働けや。
時々起きるけど、役人が真面目に働けば逆恨みされて刃傷沙汰になるような生活保護は止めればいい。病気の日本人ならまだしも、神戸市で外国人に費やされる生活保護費は年間60億円だそうな。強制送還すれば済む問題だ。


コメント (2)

伊調馨選手 現在の心境を・・・内閣府からヒアリング

2018年03月15日 13時01分20秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
@どうでもいい問題だが、自分一人の力でと思う驕りが自滅へと突き進むんだよ。栄も好かんタコだが、先ず、栄に会いに行けよ。


コメント

チャンコロ 小遣い稼ぎで“休日白タク” 会社員の男を逮捕

2018年03月15日 11時57分55秒 | 日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 その他
男は休日にいわゆる「白タク」行為をしていたということです。
李東日容疑者(27)は先月、東京・港区のホテルから羽田空港まで国の許可を受けずに中国人観光客4人を有料で車に乗せて運んだ、いわゆる白タクを営んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、中国出身の李容疑者は中国の旅行会社を介して客とやり取りをしていて、自家用車を使い、勤務している会社が休みの土日を使って白タク行為をしていたということです。取り調べに対して「小遣いを稼ぐためにやりました」などと容疑を認めています。

@浜の真砂は尽きるとも、世にチャンコロ犯罪の種は尽きまじ。


コメント

西部邁に結ばれたロープ 何者かが自殺手助けか

2018年03月15日 11時34分52秒 | 放送法4条撤廃 売国朝日・東京・毎日・NHK & オールテレビ局を廃局に追いこめ
1月に東京・大田区で自殺したとみられる評論家の西部邁(当時78)について、警視庁は何者かが自殺を手助けした可能性があるとして捜査していることが分かりました。
西部は1月21日、大田区の多摩川で意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。現場に遺書が残されていたほか、目立った外傷などもないことから自殺したとみられていました。しかし、その後の捜査関係者への取材で、発見された際、西部の体は近くの木とロープで結ばれていたことなどが分かりました。手が不自由だった西部がこうした行為を1人で行うのは難しいとみられ、警視庁は何者かが自殺を手助けした可能性があるとして捜査しています。

@自殺だろうと他殺だろうと、どうでもいいけど、こいつはそもそも転向組で、売国奴の所功と同じ女系天皇容認派だ。


コメント

海自 第28次派遣海賊対処行動水上部隊 活動記録

2018年03月15日 11時31分48秒 | 社会 (蔓延する占領弱体化政策の呪縛)
第28次派遣海賊対処行動水上部隊(28th Deployment Surface Force for Counter-Piracy Enforcement)は、海上自衛隊 第2護衛隊司令指揮のもと、護衛艦「あまぎり」は、アデン湾において民間船舶を海賊から護衛する任務にあたりました。日本の暮らしを支える海上交通路を守る海上自衛隊の活動をどうぞご覧ください。

@ご苦労様。
シーレーン防衛、我々の生命線を守る大切な任務である事はまさにその通りだが、基幹電源として日本の地域経済を支える中小零細企業に安くて安定した電源を供給する原発を正常に稼働させる事はそれ以上に大切なことだ。
小泉純一郎のようなアホが、再生エネ再生エネと吠えているが、今日的異常気象下で安定したクリーンな電源の供給は原発以外不可能なのだ。そもそもその異常気象の原因となるco2を排出してはばからないのが火力発電ではないか。

コメント