アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

四川大地震で亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げます。

2008年05月14日 17時18分52秒 | コーヒーブレイク
こんな悲惨な状況下で聖火リレーやってたんですね!

「中国人には良心のかけらもないのか」 聖火リレー続行に批判集中

中国・四川大地震の発生翌日の13日、北京五輪の聖火リレーは福建省竜岩で予定通り実施された。しかし、スタート時には犠牲者を悼む行事はまったくなく、インターネットには「われわれ中国人には良心のかけらもないのか」との批判や、「リレーはすぐ中止すべきだ」といった書き込みが多数、寄せられた。

 竜岩でのリレーでは、第一走者の重量挙げ選手、張湘祥さんがメディアの取材に「リレーが被災者に元気をもたらすように」と答えたが、黙とうなどは行われなかった。  

 これに対しネットには「笑顔を浮かべる走者の姿は見ていられない」、「聖火リレーをやめ、節約したお金を救援活動に回すべきだ」と反発する声が集まった。
、と報道している。


14日、四川省で発生した地震に関連し、北京五輪組織委員会が6月に同省で行われる聖火リレーのルート変更はないとの見解を示したことが分かった。



コメント