雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

雲に包囲されてやっと撮れた夏物(北アメリカ・ペリカン星雲)

2019年11月01日 | 天体写真(星雲・星団)
このところ月に2本程度しか投稿していない不真面目な天体写真ブログです。
決して「天体写真」への熱が冷めたという訳ではないのですが、
今年はずっと星空に愛想をつかされっぱなし。

そんな一昨日の夜、もしかしたら撮れるかも という雲予報が  ↓

たまたま雲の狭間で数時間は撮れるかもというものでしたが、
前回星空を撮影してからすでに2ヶ月が経過。
鉛色の冬空もすぐそこまで近づいているので 思い切って設営しました。

画像クリックで星座名を表示します

10/30 20:50’頃 6枚コンポジットしてるので ましな空に見えますが 灯火で明るい空です
予報より雲が切れるのが早かったため、灯火で明るい午後8時半から撮影開始。
今年ほとんど撮れなかった はくちょう座のおなじみの星雲を撮影。

北アメリカ & ペリカン星雲 (はくちょう座) 
( 画像クリックで元画像の25%表示 )
( 上方向が北 になります )
撮影DATA : 2019/10/30 20:28’~  Vixen R200SS+コレクターPH(合成f=760mm)
露出 分 × 24枚 + 分 × 枚 ISO 3200 LPS-D1 EOS 6D (HKIR改造)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam ステラショット ステライメージ7
LPS-D1フィルターは8月に購入したのですが 使うのはやっと2夜目

薄明は18:20で終わっているのですが 団地内でこの時間の空の明るさは想像以上。
撮影画像では星雲が判別できなかったのであきらめかけたのですが、
撮影枚数を増やせば画像処理でなんとかなるかも
と、これまでの3倍近い24枚も撮りました。
そのおかげでなんとか見れる画像になりました。

今後は明るい鏡筒(R200SS,NFD400)での撮影は多数枚を心がけたいと思います。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
蚊はもういなくなったのですが
庭撮り、それも室内からPCで遠隔撮影できるのは
老体にはありがたいです。
たまたま南西側の隣地がずっと売れてなくて
見通しが良かったのですが、ついに・・
今年中には工事が始まりそうです

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

コメント   この記事についてブログを書く
« 今年も悩んだ展示写真(「星... | トップ | 撮影枚数を 〇倍にして IC59... »

コメントを投稿

天体写真(星雲・星団)」カテゴリの最新記事