雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

アンドロメダ座大銀河(いまさらのLPS-D1 その3)

2019年09月21日 | 天体写真(系外銀河)
満月期もそろそろ終わりですが台風17号の影響で撮影はもう少しおあずけ。

7日夜に撮った3タイトル目は おなじみの明るく大きなお隣の銀河でした。
アンドロメダ座大銀河 
( 画像クリックで元画像の30%表示 少しトリミング)
( 上方向が北 になります )
撮影DATA : 2019/ 9/ 8 01:47’~  Vixen R200SS+コレクターPH(合成f=760mm)
露出 分 × 18枚 + 分 × 12枚 ISO 3200 LPS-D1 EOS 6D (HKIR改造)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam ステラショット ステライメージ7
撮影画像を見ると途中で薄雲がかかったようですが、
その分 朝の薄明が始まるまで枚数を稼ぎました。

自宅裏口付近で撮影中の星空です。 ↓
( 画像クリックで星座名で星座名を表示します )
2:15'ころ 30秒固定撮影× 8枚 ISO1600 LPS-P2 kissDX(SEO-SP2)

この夜は購入したばかりの光害カットフィルターLPS-D1の検証も兼ねていました。
今回撮影した6分露光1枚画像 canon D.P.P (ホワイトバランスは ”オート” )

昨年からLED照明対策でLPS-D2を使用してきたのですが、
蛍光灯などの光害に弱く緑色にかぶるのが気になっていました。
昨年 同じ光学系で撮影した6分露光1枚画像 canon D.P.P (ホワイトバランスは ”オート” )
R・Bのヒストグラムが低めなのは、昨年の方が空の透明度が良かったせいではないかと思っています
LPS-D2で撮った昨年の処理画像です ↓
( 画像クリックで元画像の30%まで拡大 )
背景のホワイトバランスを揃えると 赤が強めに出る傾向にあります

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
これで画像ストックは無くなりましたので、
台風が過ぎた後の星空に期待です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« しゃぼん玉からクワガタ星雲... | トップ | 素直に星を消してみました。... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アンドロメダ (ともぞう)
2019-09-21 23:42:14
オリオンショットでも、アンドロメダが確認出来ますね。
光害カットフィルターの効果が、よくわかりますね。
自宅から、撮影出来るなんて羨ましいって、何回言ったことか・・・・。GW以降、撮影に行けていません。
極軸合わせ、出来るかなーなんて不安です。また台風の影響で30℃超えしそうですね!
もう自宅撮影しか・・ (雲上(くもがみ))
2019-09-22 09:34:26
ともぞうさん おはようございます。
空が良ければこの銀河はペガススの四辺形からたどって肉眼でも確認できます。(我が家からでも)
光害の問題はありますが、自宅撮影できることはほんとありがたいです。
遠征でしか撮影できないとしたら、体力的にもう卒業しなければならない歳です。
たしかに撮れる機会は少ないですが、あきらめずにいれば星はずっと待っててくれますよ。

コメントを投稿

天体写真(系外銀河)」カテゴリの最新記事