DT12Aの鈍ら工房!! <Gallery(改 Ver2)」改め・・・>

2018年夏・・・Nゲージ再始動! 合わせて、敢えてブログ再始動!

高さ決め・・・・

2018年10月01日 23時09分32秒 | Nゲージモジュール 計画・設計
さて、物は届いたものの・・・

色々取り込んでしまって、手付かずに。(笑)


せっかく、意を決して購入した、「延長用」今日右脚もあるので、実際に立ててみて
感じをつかんでみよう・・・


1:延長なし。

高さ50mmの、KATO指定高さ。

う~ん。やはり、延長しないと雰囲気が近づかない。「


2:30mm延長接続

30mmの延長を追加。

レール底辺の高さで・・・標準の倍の10cm

これで十分かと思いつつ・・・

残りの延長橋脚も付けてみる。

3:30+20mm延長

レール底辺の高さで12cm

やっぱメーカー品だなぁ・・・ばっちり会う。


さて、本来の検証へ戻って・・・

1:5cmは、論外。
2:10cmだと、もう少し欲しいが・・
3:12cmだと、橋脚の間が狭く感じてしまう。

2か、3か・・・・

しばらく、悩みましょうか?(笑)


コメント (2)

禁断の・・・・

2018年09月21日 22時55分55秒 | Nゲージモジュール 計画・設計
今日、会社帰りに受け取ってきました。

(通勤ルート上に、クロネコの営業所があるので・・・)


禁断の果実・・・


KATOの、「ラーメン架線柱」と、「円形橋脚」


本来は、カーブデッキガーターと合わせる品ですが、雰囲気が良いので、今回採用。

本物とは、形状が違いますが、そこは目をつぶりましょう。


この連休で、多少進むと良いなぁ・・・



とは言え、お彼岸なので、やろこといっぱいなんですが。(笑)
コメント

糸口が見えたか?

2018年09月20日 22時15分23秒 | Nゲージモジュール 計画・設計
スマホでも更新出来る、gooブログですが、スタイルが変わるので、
どうしても、更新が滞りがち・・・

見てる人もどれだけいるのかな?(笑)

閑話休題



しばらく停滞していた、別所街道オーバークロス部モジュールですが・・・

途中、リーダー(くどい!)から、「いっそ斜めにしたら」とか、「レリーフにしたら」とか、
さまざまなアドバイス?をもらいながら、検討してましたが・・

結局「隣をもう一枚連続で政策する前提」で、行く事にしました。

対になる、ボードは未発注ですし、処理も辰野方のなるので、実際は山の中だけ・・・
なので、アレンジは必要でしょう。


二枚連続にする事を決断したのは、二つ理由があります。

一つは、「接続方法」の問題。

集合モジュールとするなら、出来るだけ規格をTOMIX指定にして、
規格通りのモジュール通し、バリアブルレールで、連結する事を前提としていましたが・・

隣をもう一枚専用にするならば、レールを1ミリ程度出す事で、
二枚のコンビネーションボード間を、バリアブルレールを使わずに接続すれ事が可能に。

実際、過去にそういう規格で、小型モジュールをグループでつくる事で、
巨大な集合レイアウトにしたサークルもありましたので、不可能ではない。


二つ目は、
「64mmジョイントレール」+「S124デッキガーター橋」×3本+「S124」をつなぐと、


片側は、「TOMIX推奨規格」のバリアブルレールでの接続スペースを確保し、


反対側は、ユニトラックの道床が1mm程度出る範囲で丁度敷設可能な事を確認。


と言うことで、ボード一枚追加政策が必須となりましたが・・・
どうアレンジしゆかな?と、楽しみ半分。

一歩進んだ事で、念願?の橋脚&架線柱を注文しました。(笑)


コメント (2)

思ったより狭いぞ・・・・(汗)

2018年09月01日 23時16分47秒 | Nゲージモジュール 計画・設計
モジュール風景を「別所海道オーバクロスのデッキガーター」三連に決めたまでは良いが・・


実際に、ユニトラックを並べてるみると・・・


ほぼ、ボード幅いっぱい使用してしまい・・山の質量が表現できるか?
いや、特徴である、トンネル出て3連ガーター渡りすぐトンネルが表現できるか?

大分疑問になってきた(汗)

この一か所の為に、端数レール(必要異常に数が多いので有名・・・笑)を買うのもねぇ・・・

かと言って、ジョイントレール62ミリだけにしてしまうと、左右均等で、
何だか雰囲気がなぁ・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・

今一度、場所からの検討も考え中・・・
コメント (4)

制作場所決定!(言い切って大丈夫か? 笑)

2018年08月23日 22時01分01秒 | Nゲージモジュール 計画・設計
前回、手持ちレール見て、「駅出来るなぁ・・」と思ったものの・・・

ボード4枚は必要な候補ばかり。(笑)

残るは、デッキガーター橋だなぁ・・と言うことで、制作場所を再考。

結局、ここにしました。


三河河合~池場駅間の・・・橋梁名未確認。
151号線をオーバーテイクするこの3連デッキガーダー橋の部分。

精密に再現するのは難しい(線路も急傾斜)ので、雰囲気を壊さない程度でアレンジするか?
もし出来たら、錯覚を利用するくらいのつもりで。
(自分でハードル上げてどうする)


紋愛は、

アップで見るまで、3連のガーターは同じ大きさと思ってたら、
中央部はKATO製品サイズ丁度良いのですが、両端はちょっと背が低い(汗)

それでも架線柱と橋脚は、KATO製品をディテールアップ(だから、ハードル上げるなよ。笑)
すれば、対応可能かな?

季節は、やっぱり秋だろうねぇ・・・
(樹の政策が面倒だなぁ・)

川というか、沢もあった、水の表現も必要だし・・
(素材が高そう・・・)

制作には、やはり手間と予算がかかりますね。(笑)


何より・・・

213系5000番台(WC改造後)だけが、所有してないんだよなぁ・・(爆)


駅は、次作としましょう。
(いつ着手して、完成出来るか判らないですが)




追伸
リーダー。
締切ってありましたっけ?(爆)
コメント (6)