冬の陽だまり 夏の木かげ

宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
旧ブログタイトル 「 アラ環の人生立て直しプログラム 」

行ったり来たり

2018-08-27 16:00:00 | 風景
これは8月18日(土) の夕暮れ時
この日は赤川花火大会の日で、
ここ数年で最も涼しく、適度に風もあって、
まれにみる、最高の花火日和になると予感させる空模様でした。

虫の鳴き声も聞こえて、まるで秋を思わせる空気感でした。
河原で見ていた人は、肌寒いくらいだったのではないかしら…?


18:20 頃の 月山 方向



同じく 鳥海山 方向



二つの山を美しく染めていたのは、この入日




そしてこちらは、8月21日(火) 甲子園決勝の日
真夏が戻って来た!?

14:31



15:15



16:52



17:50


あれ、いつの間にかウロコ雲になって、秋っぽくなっている!

18:23


南西の空には月も…。


いまだに猛暑に悩まされているこの夏ですが、
行ったり来たりを繰り返しながら、
季節は少しずつ秋に向かっているようです。


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本の花火大会は、なぜ夏に... | トップ | バイバイ! 2018年の8月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

風景」カテゴリの最新記事