kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

良いお年を♪

2017-12-27 | Weblog

 

あちこち故障はあるけれど、めげずに来年へ進もう。

今年の打ち止めに致します。

だんだん

コメント

女性陣で締める!

2017-12-25 | Weblog


ムベ(郁子)アケビ科  12/24

近所で沢山実をつけている。むべなるかな~の逸話で有名な果実。とても甘いが種がびっしりで食べにくい。

友だちの名前が郁子。彼女は逸話を知り縁起が良いと自慢している(^_-)-☆

 

ビュッシュ・ド・ノエルのケーキで♪

長女は12月が誕生日。ふと、その年頃母はどんなだったたろうと?

時間給の仕事しながら、スポーツと遊び呆けた以外は想い出せないのである。情けないことよ・・・

一回り若いお嫁も12月で、先日ボロ市に行った際プレゼント渡してきた。

2人ともフルタイムで働き、子どもたち(孫)は元気な祖母に見守られて、恵まれた環境だと思う。


昨日は婿殿と連れだって来た長女。来ないと言っていた男子孫も、急きょ食い逃げにやって来た!

すでに就活がスタートしているので、食べた後は、大学での集まりでさっさと帰って行ったよ。

女子孫はX,masも正月も無く、来年早々のセンター試験を控えてお取込み中

早めに帰るというのでお昼の宴会をして、その後一緒にプレゼントの買い物に立川へ出掛けた。

 

楽々献立の手巻き寿司その他で宴会。



剪定しないまま、伸び放題のハクモクレン



もう咲きそうな勢い!


家族一同が風邪をひき、私の咳込みだけが残ってしまった。プロ集団の「メサイア」のコンサートがある。

オーケストラとソリストのみの舞台に、ハレルヤコーラスと他三曲を一緒に合唱することになった。

去年の楽譜を取り出してチェック。想い出して歌えていたのに・・・急に咳き込むのが怖くてあえなく断念!

 


昨年12月「メサイア」コンサート

 

 
ボイスレッスンは何とか休まずに通っている。中音で歌う曲を高音でチャレンジ。

仰向けに寝る、手をグルグル回す、身長測るみたいに柱に直立する、つま先立ちする。

お箸を口の端から奥に突っ込む(口蓋を広く開ける為) 背中に息を通すetc~

あ~ら不思議! これが全部出来たらどこまでも声が出るではないの~しかしジェスチャー無しで歌うと



以前阿佐ヶ谷のアーケード通りで目にして購入。生姜と粗精糖だけで煮詰めてある。

ペットボトルに蜂蜜と生姜シロップを入れて飲んでいる。

 

 

 

 

 

 

コメント (26)

世田谷ボロ市

2017-12-17 | Weblog


ボロ市   12/16

 

歴史

1578年の「楽市掟書」により世田谷城下で始まった楽市嚆矢とする。
江戸小田原の間にある世田谷宿において伝馬の確保のため、宿場を繁栄させようという目的があったといわれる。
その後、北条氏豊臣秀吉により1590年小田原征伐で没落。
北条氏の配下であった吉良氏の世田谷城も廃止されたことから、楽市は急速に衰えた。
しかし、その後も近郊農村の需要を満たすため、農具市として年末に開かれる歳市に形を変えて存続した。

明治新暦採用後は1月にも開かれることとなった。最盛期には2000店の露店が並んだ。
1994年9月には世田谷区から、2007年2月には東京都から、それぞれ無形民俗文化財として指定されている。

 

世田谷のボロ市は、毎年12/15日と16日。新年1/15日と16日に開催されます。

息子一家が住む家から徒歩10分。代官屋敷通り(通称・ボロ市通り)にあらゆる店舗が並びます。

年前にも行ったけれど、名物の代官餅が大行列で口に入らず・・・

いつかゲットしたいわ~と話したのを覚えていたのね。久し振りに誘ってくれました。

今年は息子が販売前に駆け付けて並び、自宅と両家のも買ってくれました。早速ほかほかのお餅を食べて満足♪

隣家のお嫁のご両親は嫌というほど行って、もう行く気なしだそうで(笑)

ペッタンペッタンと臼で搗いてた餅が、あまりの売れ行きに追い付かなくなったそうで・・・

現在は餅つき機も登場して、半々を駆使してフル回転なんだって~

 


代官屋敷。この前の通りに店が並んでいる。

 



テントの楽屋をチラッと


         
代官餅売り場から行列が延びて最後尾は1時間待ち。
餡子、きな粉、辛味大根の3種類。さほど辛く無くて孫も食べた♪


10時のお八つにちょうど良いね。3種類を1個づつ食べてから、雑踏へ踏み込みました。

いやぁ、混んでる混んでる! 弟孫を見失わないようにするのが大変(兄孫は塾で留守)

ま、はぐれたら家に帰れば良いもんね~

地元ゆえお嫁と息子は、知り合いの保護者と鉢合わせして立ち話。息子も学校のパパ会でエプロンしてます。




孫が通う小学校も出店している。他は神棚、ブリキ細工、骨董品etc



奥に着物端切れが山のように積んであり、捜索する女性が大勢!



威勢の良いお茶屋さん、詰め放題だって~


シャーピンというお焼きは孫の好物だそうで、ちょっと味見したら平らな餃子みたい。

何やらかやら露店で買ってはお裾分けに与って、お昼もお腹空かないよ~

帰宅後、まだ風邪が治らない夫に温めたお餅と煎茶を出しました。行けずに残念だったね。

ワタクシ彼から風邪菌頂いたようで、咳が出て喉が痛くなりました。

暮れまでに治さないと・・・



 

 

 

コメント (40)

お庭で忘年会♪

2017-12-13 | Weblog

 


12/11

 

恒例のハイキング忘年会で、お仲間の実家に17人が集まりました。

平地での集まりには参加する夫は、風邪気味で留守番です。でも美味しい白ワインを差し入れてくれました♪

数年前までは、高尾山へカセットコンロ、鍋、材料を持ち上げていたものだけど、今は皆が高齢者。

山は除外して、仲間のお兄さん宅で鍋釜と炭を借りて、庭でうどんパーティーとなりました。

私を含めた3人は、当日朝は公民館の部屋取り当番でした。

同じ市内の各々の公民館で、同時刻にサークルの部屋割りが決まるんです。

車を出してくれた方と10時半過ぎに全員が合流して出発。きっかり12時に武蔵五日市のお宅に着きました。

すでに出来上がっていた面々! うどんだけは我々を待って煮炊き開始~

大勢で食べるって美味しいネ、持参したお椀の大小で何杯でもお代わり自由だよ~

飲み物はあれよあれよと空っぽになり・・・持ち寄ったおつまみや漬物も食べ尽したのでした!

庭を借りたお兄さんも、騒ぎの中に巻き込んじゃいました。奥さまは今回はお留守で残念。

 

今回は、長くお付き合いしているメンバーの写真を載せてます。

ここと思えばまたあちらと、空いた場所に移動するから可笑しくて~

 


左隅が兄弟。お兄さんは大きな農家をしている。

 


こちらは女子孫も参戦。

 

 


後は竹林で、毎年筍掘りに来る。

 

お兄さん夫婦からのお土産で、斜面に鈴生りのユズを頂きました。

後片付けが済み無事終了。また車に同乗して五日市街道で帰りました。

途中の秋川ファーマーズにちょっと寄り道。目ぼしい野菜は売り切れだったけど・・・

 


獅子柚子が安くて購入。小さいのがお土産に頂いたユズ。
ユズ全部の汁が200cc。ポン酢作りました。皮はガーゼに包み湯船に

                   


ポン酢仕込んで一週間寝かせる。


獅子柚子(鬼柚子)はしばらく眺めてから・・・何に使おうかな。

来年も楽しいハイキングが出来ますように~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (22)

眠らない街

2017-12-10 | Weblog


スーパームーンの翌日の月。少々上が欠けてるけど冷たく光っている。  12/6

 

長女の筝曲演奏会に自転車走らせて、遅刻で全然聴けなかった顛末から、早や一カ月。

今度は悠々間に合った。娘の師匠のコンサートであります(笑)

午後、渋谷の東急東横店前で待ち合わせと言っても、出口入口が各々ありまして・・・

おのぼりさんはオロオロでしたが、無事合流出来ました。

渋谷ハチ公前で写真撮る人波は、ご多分に漏れずほとんどが外国系。賑やかで疲れを知らない人たち!

スクランブル交差点から雑踏をかき分けて会場へ。これがまたビルの駐車場らしき暗がりでアングラ劇場?? 

しかし「クラシックス♪♪♪」という名のコンサートホールでありました。

都心はこういうホールがあまたあるのです。

 

 


50~60席で満杯になる。左が師匠(洗足音大邦楽講師)
(三味線と尺八の賛助出演者もコンサートに飛び回ってるとのこと)


邦楽通にはたまらないレベルの高い演奏は、素人には眠りを誘うもので睡魔に襲われたけど

落語でお馴染みの「寿限無・じゅげむ」寿限無寿限無五劫の擦り切れ~延々と続くあれです。

これを邦楽にするととっても面白いのでした!

そして新年をいち早く届けてくれた「春の海」も素晴らしかった♪

春の海は以前長女も弾いたけど、月とスッポン(娘よ許せ!)今はもっと上手になってるよね。

チケット代サービスしてくれたお返しに、夕飯ご馳走しました

 

お互いに電車が違うので渋谷でさようなら~ 近いうちに婿さんと来る用事があります。

久し振りに井之頭線で吉祥寺から帰ると、街は燦々と輝くイルミネーションの真っ最中。

 


吉祥寺駅

 


国立大学通りは公孫樹が活躍する。Simple is best

 

 

御岳山で買ったコンニャク芋を仕上げた。600gありました。娘にも持って行きましたよ~

 

 


タッパーウエアに流して3~4時間放置する。

 

 

本当は最初に教えてくれたように、おろし金で芋を摺り、4~5時間水中で沈殿させるのが丁寧だけど。

ミキサーを知って徐々に簡単レシピになりました。まず刺身で食べると美味しいよね♪ 

手作りのコンニャクはデコボコがあり、煮ると味がしみ込みやすい利点があります。

暮れまでは持たないので、もう一度作ろうかな。

 

 

 

 

コメント (24)

太田黒公園・ライトアップ

2017-12-05 | Weblog


太田黒公園入口   12/1

 

いらっしゃいませ、ここから夜の部でございます

午前中に「入江一子・シルクロード記念館」を見学。午後は散策しながら阿佐ヶ谷から荻久保へ徒歩で移動。

ちょうど良い時間に「太田黒公園」に到着。ライトアップは1日~3日までの限定でした。

一緒に行ったKさんが帰宅して話したら、連れ合いさまも翌日のライトアップに駆け付けたそうです。

実はTVを見た夫も30日の昼間行きました。すぐに地図を書いて薦めてくれたのです!

友との約束で夜になったけど、昼もよほど綺麗だったのね♪

 

 

太田黒公園

音楽家・太田黒元雄氏の屋敷跡を杉並区が日本庭園として整備。昭和56年10月に開園した。

面積8972.31㎡でそのうち2679.63㎡は太田黒家が寄付した。園内に仕事をした記念館や蔵が保存されている。

S8年に建築された記念館は、当時としては珍しい構造と意匠で西洋風の作りになっている。


NHKラジオ番組の「話しの泉」に出演されてました。ご存じの方も多いと思います♪

 

無風の夜、池を取り囲む紅葉が鏡の如く映っています。

凄い混雑も暗闇に沈んで、一斉にライトが灯されると「ワァ~ッ!」と歓声が

お2人は上手な写真、ワタクシは気後れするほど下手。でも載せておきますね。

 

 

 

 

 

 


太田黒元雄氏の資料館。お洒落なお部屋♪

 

    
火事じゃないよ~!

 

足元を照らす行燈に彫刻が・・

カメラ愛好会にいるNさんは、撮影に忙しくて行方不明。Kさんとスポットを教え合って楽しみました。

灯りに浮かぶ紅葉を観たのは初めてで感動♪

翌日紅葉をFacebookに載せました。そうしたら友だちのプロカメラマンとニアミスしてた!

お互いに思うことは同じなんだわね。

 

NさんKさん、良い昼と夜でした。ありがとうございました

 

 

 

 

コメント (36)

入江一子・シルクロード記念館

2017-12-04 | Weblog


ヒマラヤの青いケシ「入江一子作」  12/1

 

入江一子・101歳 

大正5年5月15日朝鮮大邱生まれ。女子美大卒。昭和13年独立美術協会展に初入選。

S21年女流画家協会結成に参加、28年と31年に協会賞を受賞。

50歳を過ぎてからシルクロードの30か国以上を旅し、風景や人びとを描いてきた。

平成12年、阿佐ヶ谷の閑静な住宅街に「入江一子シルクロード記念館「」を設立した。

日野原重明医師との交流も長く続いたが、日野原氏は105歳で先に逝った。



7月に小海線・甲斐小泉駅前の「平山郁夫・シルクロード美術館」に行きました。

その折りに偶然知った、シルクロードを描く女流画家の入江一子さん。阿佐ヶ谷に記念館があるという。

いつかは見学したい願いが叶いました。ブログ友Nさんの近くで一緒に行ってきました。

Kさんもご一緒です。何度か3人で逢う機会があるのは、中央線沿線で近いから~

阿佐ヶ谷駅で待ち合わせて、まずは神明宮に参拝。紅葉がまだまだ綺麗♪



阿佐ヶ谷神明宮



お宮参りおめでとうございます。



入江さんの記念館は住宅街の一角にあり、案内役のNさんがいなければ迷いそう。



小さな館内は訪問客でごった返していた。撮影は禁止。



代表的な「トルファンの祭」をバックにご本人。101歳とは思えぬ艶のあるお顔(wiki引用)


「青いケシ「」と」「トルファンの祭「」の絵葉書を買って、ビデオを見て入江氏の来し方を振り返りました。

地図が分かったのでまた行くつもりです。絵が混み過ぎていて良く鑑賞出来なかったから。

外に出て七夕祭りで知られるパールセンター商店街を散策。アーケードは前より長くなった?



ずっと昔の七夕祭に来た商店街。可愛いワンちゃんに目が留まった。


Nさんが新たに発見された和のお店で、ランチタイムとなりました。




 

午前の部は終了。さてまだ午後の部が、いや夜の部があるんです~

隣の荻窪駅まで歩いて移動して、途中でカフェタイム。たっぷりお喋りできました~




TVや新聞で紹介された「太田黒公園のライトアップ」鑑賞が待ち構えてます。

素晴らしい天気と無風の夜、期待以上の光景を満喫しました。




入口まで案内致しましょう。その後はお楽しみに♪







 

 

コメント (10)