kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

釣瓶落とし!

2017-11-30 | Weblog


春と秋に咲くツルバラ(ぼやけた・・・)   11/29 

 

あれま、明日から師走ではござらぬか! あっという間に新年を迎えることになるんだろうな。

誰かと逢う時間は、午前なら10時または11時が妥当なスケジュール。昼間に充分目的が果たせるけど・・・

サヨナラして買い物なんぞすると、帰りはもはや真っ暗。損した気がするのはワタシだけ?

晩秋の風情に浸る余裕もなく、はよ帰ってご飯の用意だとなる訳で!

今日も今日とて歌のレッスン。終わると、とんぼ返りで立川の隣の日野へ向かった。

ピアノ伴奏の先生宅へ駆け付ける。お父上が鯖の味噌焼きしてお待ちかねだった。

新潟の寺泊港直送のサバは活きが良くて、3人で乾杯までして戴いた。何しに来たのよ!

ま、病後の父上を慮っての見舞いだけど、坂の街を散歩してサバ焼く元気あれば大丈夫ね♪

家では散歩を終えた主さんが、炬燵の中から「おかえり・・・」・・・・・

 

赤い実がチラホラしてる庭。今のうちに撮っておこう

 

  
  クロガネモチ              センリョウ                マンリョウ

 

                
チロリアンランプ                    秋モミジ

 

信州で買ったリンゴをせっせと食べたものの・・・齧ってばかりも飽きる(笑)

秋映2個を皮付きでコンポートにしたら、程よいピンク色で美味しい

ぼた餅が食べたくなって、眠っていた小豆を煮て、もち米とうるち米を半々で炊いた。

水の入れ過ぎで小豆がべたべたになったがね! 家で食べるからいいもんね~

小豆はもう一度煮直して、コンポートと一緒に子どもに持って行こうかな。

 

                

 

 

音楽祭の発表では、DVD用の撮影を頼んでいる方がいる。

客席の真ん中辺りにカメラ据えて、スタンバイしてるのが舞台から見える。

それを1枚仕上げて貰って、メンバー全員へのダビングは我が家のプリンターで印刷する。

自分で買ったのに教わるまで知らなかった、お利口なプリンターであった~

 

        
     これが元のDVD                   普通の紙印刷と違って、下敷きに乗せて差し込む。

 

恐る恐る操作していたのが、今はどんなもんだい、と面白がっている

 

 

 

 

 



コメント (24)

御岳山・宿坊に泊る 2日目

2017-11-24 | Weblog


秋晴れの御岳山   11/21

 

★2日目

冷え込んだ朝がみるみる晴れて気温も上昇した日。今日はロックガーデンを歩きます。

御嶽神社へ登る途中に長尾平への分岐があり、そこから清水が流れる岩場へと降りて行きます。

七代の滝と綾広の滝があり、四季の風景を眺めながら森林浴が楽しめます。

 


青いラインが歩いた所(七代の滝と奥の院は除く)

 


とろろご飯の美味しいこと お腹が綺麗になる食事です。

 


お世話になった能保利荘で記念撮影
ひと組の夫婦は用事がある為、写真撮ってさよならしました~

 

 ロックガーデンは折々に空気が変わり快適ですが、私は苔が際立つ季節が好き。

ネット画像ですが載せてみます。

 

 


休憩タイムには仲間の男性が担いできたポットで、人数分のコーヒーを入れてくれます。
いつもありがとう

 


綾広の滝

 


道路に上がって御嶽駅に向かう。

 

再びケーブルカーで滝本駅に下りたら、バスが30分の待ち時間ゆえ、御嶽駅まで歩きました。

車道に出てから我がお膝はもう嫌よ~とごねたけど・・・バスより早く駅に到着しました。勝ったね

お昼は蕎麦好きならご存じの「玉川」でザル蕎麦大盛りを平らげた~

 

 

宿坊でも出た手作りコンニャク、これほど市販と美味しさが違う食材は無いと思います~

 

駅のそばにあったお店でこんにゃく芋を購入。そろそろ作るかな♪

 

宿坊初体験が心地良くて、日帰りコースを泊まるというのも高齢者には気楽です。

師走の忘年会ではきっと、今度は何処の山で泊まろうと話にのぼりそうです

今年は信州小諸の紅葉、そして御岳渓谷の紅葉を満喫しました。

 

 

 

コメント (34)

御岳山・宿坊に泊る

2017-11-22 | Weblog


キッチョウソウ(吉祥草) 御岳渓谷にて   11/20

 

先月のハイキングは雨で中止。今月の御岳山(みたけさん・929m)を心待ちにしていました。宿坊に泊ります。

宿坊は参拝客以外に一般客にも人気で、シーズンには早めに予約しないと満杯になります。

天気に恵まれた2日間でした。御岳渓谷と御岳山ロックガーデンを歩く、12名のゆったりハイキングです。

山は御岳山、御嶽神社と御嶽駅は難しい字を書きます。各地の御嶽山と間違えやすいかも~

 

★ 11/20

青梅線・軍畑(いくさばた)から御岳渓谷に降りて、御嶽駅までの二駅を歩きます。紅葉黄葉が素晴らしい景観でした♪

 


多摩川

 


ジャケットと紅葉が同化してる

 


作曲家・佐々木すぐる記念碑。S19年「お山の杉の子」を作曲。

むかしむかし~その昔~しいの木ばやしのすぐそばに~小さなお山があったとさ~あったとさ~

想い出したでしょ、楽しい歌です。

(注)月の砂漠・京人形などを作曲した「佐々木すぐる」氏は、戦時中と自宅改装の際に御岳の渓谷沿いに居住。
   地元の小学校校歌などを作曲して、地域と深い関りを持った。当時活躍した童謡歌手「安西愛子」さんが歌詞を付けた。

 


奥多摩に近い多摩川は急流でラフティングが楽しめる。夏ならチャレンジしたいな~

 


こちらは川岸の岩場。敷きマット担いだ若者が大勢行き来してます。頑張れぇ~!

 

             
         青年の碑           東京湾からの距離標識が定点で見られる。

 


御嶽駅前の橋に到着。

 

 

楽して楽しむ方向に転換した高齢者軍団は、駅からバスに乗りケーブルカーで御嶽山駅まで登りました。

バスからケーブルカーまでの少しの登りに、すでに息切れ!

山頂駅の広場で持参の昼食タイム。宿坊の食事がご馳走と聞いてたのでおにぎりで腹ごしらえ

 


山頂駅から神社までは、幟旗が行列~
8月にレンゲショウマ見に来た時は「レンゲショウマまつり
今は「天空もみじまつり

 


茅葺屋根は現在葺き替え中。

 

両側に宿坊が並んでいて今夜泊まる宿もあります。横目に見ていよいよ上り坂が始まります。

そこからはずっと登り斜面になり、神社への300段階段で運動不足がもろに出て厳しいー!

 


神代ケヤキ(国指定天然記念物)推定600年。樹高30m、幹囲8.2m。
樹木の右に見えるのはお店。そこの斜面に「キレンゲショウマ」が咲きます。
お店に入らないと見えないのです、機会があれば食事に寄ってご覧下さいね♪

 


御嶽神社本殿。ここが御岳山の頂上で櫛真智命を祀る。獅子に見える像は本社を守護する狼。

夏に来た時は額絵が修復中で全部外されていたけど、染色されて綺麗になっていました。

無事参拝が済んで暇になった~宿坊に行くにはまだ早い・・・

そこで、朝コーヒーを飲まなかったのに気付いて門前のお店に寄りました。

サイフォンから落とすコーヒーの良い香りが漂い、至福のCoffeetime☕

 

今宵の宿坊に落ち着きました。以前泊った友人がまた行きたいと話したのが懐かしい~

 


リニューアルされたばかりの宿。今日の宿泊は我々だけのようです。

 

 

ご主人は代々続く神主さんで大広間に祭壇が祀ってある。

 

 


鴨居には「太々神楽」への奉上関係者名がぐるりと掛けられている。

jinja-hp030001.jpg

 

 

軽くお風呂に浸かり、待ちかねた宿坊の食事ですよ~

自家農園の野菜と自然の恵みに彩られた食材が、期待に違わずで宴も佳境にある頃~

闖入者現る! 実は最初に予約した宿坊は、能保利荘の向かいの御岳山荘でしたが・・・

宿の手違いでダブルブッキングしちゃった! そのお詫びに、山荘のご主人がお見えになったんでございます。

日本酒の一升瓶を持ってね、気遣いある対応ですよね。

この辺りは当然澤乃井酒造ですね、来月の忘年会用にありがたく頂戴しました♪

 


A・イガ栗を模った中身は栗の渋皮煮。外は抹茶そうめんをから揚げしてあり、カリカリほくほく♪
B・川鮎の朴葉味噌焼き。    C・手作りコンニャク&自家製野菜のレシピ。
D・マイタケとカブの土瓶蒸し風&グラタン

 

食事後はひと部屋に集合して、ミーティングとは名ばかりのお喋りタイム。

ワインも開けて空っぽになっちゃった 早寝早起きの人は、もはや瞼が重たくなって・・・

部屋割りは男性4人は2部屋に2人づつ。女性陣は10畳の二部屋に4人づつ。

山の上は朝晩の気温が2℃~5℃で寒いけど、日中は温度が上がり歩けば汗ばむほどです。

寝る前にもお風呂で暖まってお布団はポカポカ~ 暖房切って熟睡出来ました

 

2日目に続きますです 

 

 

 

 

 

 

コメント (26)

ママチャリ激走!

2017-11-15 | Weblog


新蕎麦      

 

金曜日のバス旅行で信州の蕎麦を食べた前日、お仲間と蕎麦打ちした。師匠入れて出席者9人。

和気あいあいとテーブルを囲み、家でもしっかり食べた。

余った蕎麦は、土曜日のお昼に汁蕎麦にして、3日続けて蕎麦三昧~(^^♪

 

 

そして土曜日は午後から邦楽演奏会があり、長女の弾く琴を聴きに行った。

ところが出るのが遅くなって・・・車より自転車が早かろうと、急きょママチャリで行くことにした。

天気の良いのにも惑わされて、年を忘れて激走 
大慌てで走ったものの、二曲とも間に合わず・・・

約束反古にしてごめんねで済んだけど、あ~ぁ、片道1時間半の道のりが無駄になった・・・

家には孫がいると思い込んで寄ってみれば、みんな留守で鍵も忘れてきた!

西武線の駅前はお祭りで歩行者天国。疲れてぼんやり眺めて写真だけは撮ってるお婆さん。

 


喫茶店のテラスみたい~

 



 


団地もお祭り

 

 

 

 

消防車のレスキュー隊お披露目かな。高所恐怖症の人は乗れない~

帰りはお尻が痛くてたびたび休憩。やけのやんぱちでお店でケーキ食べて来た。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (36)

小諸・懐古園&上田城址の紅葉祭 後編

2017-11-13 | Weblog


上田城の紅葉   11/10

 

小諸・懐古園の錦秋に見惚れた後、バスは上田城に到着。こちらはもっと広くて城内の紅葉はドンピシャリ

真田丸の大河ドラマを見て行かれた人も多いでしょうが、ドラマ見ないので情報不足甚だしいのであります。

主演の堺雅人しか知らな~い! 史実にも疎く下手に解説するのはやめます・・・

今年2月に野沢温泉の山でスノーシューした帰りに、新幹線の飯山駅で二手に別れて自由解散しました。

数組が飯山のかまくら祭へ、残りが上田城にと別れた時、お城を希望して行く筈が、切符買い替えでモタモタして・・・

結局かまくら祭に鞍替えした顛末があり、心残りであったのです。リベンジ叶ったのは日頃の行いかな

 


六文銭の幟がはためく上田城

 


この橋を渡って入場

 


二の丸 大手門

 


「真田石」 真田昌幸(幸村の父)が上田城築城の際、太郎山から掘り出した石。
その子信之は松代へ移封の際、この石を家宝として運ぼうとしたが、微動だにしなかったと伝えられている。

 

 


千曲川を望む展望台

 

 

 


二の丸跡

 


真田神社

 

                
真田井戸                           鏡石

・真田井戸 この井戸に抜け穴があり、太郎山麓の砦に繋がっていた。敵に包囲されても兵糧を運び、兵の出入りにも不自由しなかった。
・鏡石   山本勘助晴幸が常に愛用した石(身だしなみは大事よね♪)

 


懐古園そばの「草笛」で食した蕎麦。桶で無くザルの大盛りでしたネットから拝借)

  

 

           

      

バス旅はいつも快晴で良い想い出がまた一つ増えて♪

初めての地で歴史を知らないことが多く、これを下見にして機会があれば再訪したいものです。

 

 


  

 

 

 

 

コメント (18)

小諸・懐古園&上田城址の紅葉祭

2017-11-12 | Weblog

 


懐古園の紅葉 11/10

 

長女と行く年に一度の「はとバスツアー」 始めの数回は母娘で行き、昨年から夫も加わりました。

「小諸城址・懐古園紅葉祭上田城🏯リンゴ狩り詰め込みだね(^^;

父親の誕生日祝いを兼ねたプレゼントです。爽やかな秋空に映える紅葉は素晴らしかった!

朝8時に池袋を出発。トイレ付きバスだけどSAにも一度停まります。慌てずに済む休憩タイムでゆとりある旅(nice♪)

前期後期高齢者が20人ほど、娘年齢の女性が数名に、男児一名のファミリーが乗り合わせ。

バス会社の初々しい男性は、時刻伝達と旗持ち担当。

バスガイドさんは、バス内のみで各地の情報とガイドに徹して、落ち着いた説明が心地良かった♪

運転手さんもとってもにこやかで、行ってらっしゃい、お帰りなさいと言葉をかけてくれました。

一日を気持ちよく過ごせるか否かは、これで決まりますよね。ハードで疲れるだろうな~


関越道から上信越道に入り小諸へ向かいました。


             
   
妙義山                  浅間山(車窓から)

近づくにつれ山々が色づいてるけど、何だか茶色に枯れた樹が多く心配でした。

でも懐古園に着くと、眼が覚める紅葉が待ってました! 初めに松井農園でリンゴ狩りからスタート。

斜面を登るので足腰弱い人は車で送迎。至れり尽くせりで販売元は一生懸命。

リンゴは全面に色が付くよう、日が当たる方向に向きを変えなければなりません。

この農園は太陽が均一に注ぐので、その必要は無いそうです。

もぎ方はへそを上向きにして一回で採る。ねじると来年の芽に影響あるそうで。  

 


秋映
                                 

 
シナノゴールド

 

ミニトマトみたいなアルプス乙女。
ふじと紅玉の混植園で偶然発見された実だそうだ。娘がお弁当用に購入した

大きくて重いリンゴは蜜たっぷりで甘いけど、食べ放題で一個丸ごとなんて無理!

昼食前だし各種を少しづつ食べて、かなりお腹にきてます 夏みかんなど柑橘系は苦手でも、リンゴと梨はOK♪

秋映・シナノゴールド・シナノスイートの三種を宅配でお土産にしました。

届いた箱にあった説明書で、リンゴが25種余りもあるのを初めて知りました。

お昼は信濃1号の手打ち蕎麦(普通よりも多め)とお惣菜。クルミときな粉のおはぎが付いて美味しゅうございました。

 

★懐古園となった小諸城

小諸城は武田信玄の頃、山本勘助らにより現在の縄張りとした。
豊臣秀吉天下統一のとき、小諸城主となった仙石秀久により完成された城。

城下町より低い位置に城を築いた「穴城」は全国でも珍しい城で「日本百名城」でもある。
仙石秀久が築いた「大手門」や野面石積みの石垣は、400年前のまま当時の姿で残されている。

また、明治の廃藩置県により役割を終えた小諸城は、本丸跡に「懐古神社」を祀り「懐古園」と名付けられた。
現在の「三の門」に掲げられた扁額は徳川宗家16代当主・徳川家達の筆によるもの。

明治の文豪・島崎藤村をはじめ、若山牧水、高濱虚子、臼田亜浪のゆかりの地であり、多くの歌碑を見ることができる。
第二次大戦では小林亜星、永六輔が小諸に疎開していたが、この縁で「小諸 わが想い出」を二人が作詞作曲した。

「上を向いて歩こう」は、永六輔が疎開した時の、悲しい想い出を元に作られた曲である。(wiki抜粋)

 


小諸城・三の門 日本城郭建築初期の代表格大手門

 


野面積みの石垣が特徴



 


島崎藤村は小諸で結婚。教師のかたわら多くの小説を書いた。時間制限で見学出来ず残念。
広場に「小諸なる 古城のほとり~」の千曲川旅情の碑がある。

 

 
懐古神社
女子孫に勝守を買ったら娘もダルマの消しゴムを購入。神頼みが佳境に入ってる時期なり。

 

上田城址でも見事な景色を載せます。

 

 

コメント (12)

多摩森林科学園

2017-11-08 | Weblog

 


コブクザクラ(小福桜)  11/7


ジュウガツザクラ(十月桜)

 

ちびっ子に付き合ったあとは、気分転換に高尾山の麓へ森林浴にひとっ走り~

ハンカチの木とナンジャモンジャ(ヒトツバダゴ)を見に来て以来だ。

コートも要らない快晴で人も少なく気持ちいい。入口で桜に逢えたのが嬉しかった♪

 


56haの敷地に、全国津々浦々から集めた桜保存林として知られている。200種1,500本。

 

 


ドウダンツツジ

 


リンドウ

 


本土より白い幹肌でツルツル感が強い。

 


太い棘は大怪我しそう!

 


遊歩道に適した小さい工事車両。

 


樹木の穴はムササビの家があちこちにある♪

 


植物観察のツアー。ドングリの区別を後ろで聴いてるお婆
これを炒って食べるとうまいんだよね~だそうで・・・

 


フキが沢山で採りたかったな

 

 


ノアザミ

 

花は終わりを告げ枯れ色の森、地面に霜が降りてる所もあり冬間近を知らせている。

帰りに東京で唯一の「道の駅・滝山」に寄り、野菜と柿とリンゴを購入。車じゃないと不便なのがネックなり。

天下一が終わった駅前に寄ってみた。一橋大学の4学期制に移行って何だろね?

我が子の育児や孫たちも、自由に出入り出来る構内のグラウンドで庭のように遊んでいた。

今後は出入り出来るのかな。外から見たイチョウ(公孫樹)の黄葉が美しい。

 

 

 

 

コメント (32)

マゴマゴ連休!

2017-11-06 | Weblog

 


果実の実り(文旦)  

 

11/3

連休になると押しかけて来た兄弟孫。小学の年度が上る毎に忙しくなって、その回数も減ってシメシメ

文化の日から3日間、久し振りに賑やかなことになった。2人とも11月が誕生日で一緒に祝うことにしている。

秋祭り華やかな季節で、地元の天下一(てんかいち)に出掛けてみた。何年振りだろう~

毎年「一橋大学」と同時開催だけど、今年は4学期制への移行でテストがあり、祭は月末開催に変更!

大学構内も進入禁止となると、賑やかさが失せて人出が鈍るかも・・・一部をご紹介♪

 


心配ご無用の大混雑だった。桜並木の大学通りが歩行者天国になる。

 


國立の神輿が揃い踏み。

 

暑くてミルクトップのソフトクリームを頬張りながら、お店を覗き通りの踊りを見て帰宅。

夜は濃厚なチョコレートケーキで おめでとう 先月末に誕生日だったお爺さんもまとめてね。

 


ロウソク全部揃えると、ケーキからはみ出そうで少なめに

 

11/4

Toys "R" Usでプレゼントのゲームソフトを2個購入。お爺さんは・・・良いこと待ってるね♪

兄弟で交代に使うと決めていたらしく、あっさりお金だけが出て行った

午後から長女が来て、要件が済むと夕方まで40代の女3人寄って姦しいこと~

婿殿はベテランの友人に誘われて、雲取山へ一泊登山したんだって 次は武甲山で急に山男に変身!?

お嫁は2年間サッカークラブの役員で、日曜日は終日出ずっぱり。夕飯を食べ終えて帰って行った。

 

11/5

恒例になった多摩動物園で遊んだ。彼らは動物より前に昆虫館がお目当て!

 


休日の動物園は大賑わい

昆虫嫌いなお婆さんは、ベンチで優雅に日向ぼっこして待っている。はやく他のことに興味持ってくれないかな。

バッタやコオロギまでは許せるけど、サソリなどの毒虫から大型昆虫、蛇もいるし・・・

家でも虫のフィギュアが転がって、DVDでは虫同士の闘い見てるからトラウマなのだ!

お弁当を食べてから、本来の動物たちに逢ってきた。目的を決めないと坂道が多くて疲れる・・・

今年6/2日に生まれた「ユキヒョウ赤ちゃん」見たいのよ♪

 


やっぱりね~最後列は40分待ちだって。

 


金網越しは消化不良ゆえ、下に動物園提供の写真を載せた。

 


お母さんはミミ、赤ちゃんはフクちゃんよ♪

もう満足だけど、ついでに色々な動物にご挨拶~

 

     

 


レッサーパンダ

 

 


落ちた角は5kgの重さ。

 

 

自分の子どもたちに加え、長女の子、息子の子・・・もうお馴染みになった動物園。

回数券買ったほうがお得かもね。あとしばらくは御用達になるだろう~

   

秋の花は少なかったけれど、最後に気が付いた花を載せておこう。

   


ツワブキ



ガマズミ?

 


クサギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (16)