kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

市民音楽祭

2017-10-29 | Weblog


南天(まだ赤くならないナンテンとセンリョウを鳥が啄んでスカスカ・・)  
咳止めに効く南天はのど飴で販売もしている。実を煎じてエキス飲むのも大丈夫。

 

28日・台風接近のなかで無事音楽祭を終了。二つのサークル掛け持ちで気持ちよく歌ってきた。

終了後に混声の打ち上げがあるので、他のサークルを最後まで聴くことが出来た。

驚いたことに、メンバーの多数があちこちのコーラスに登場していた。好きこそ物の上手なれ~♪

10分の持ち時間を厳重に決められている。選曲の段階でそれを念頭に入れておかなければならない。

 


混声五部合唱

アメリカン・フォークソングの三曲メドレーは英語で歌った。

「こまんたれう”」のプロハーモニカ奏者&ピアニカ&ギター二丁も歌を盛り上げる。
(こまんたれう” → フランス語でご機嫌いかがですかの意味♪)

 


男性が受け持つパートが多く、にわかに英語の発音まで修正

浜離宮朝日ホールで特別賞を受賞したのが拡散したらしく、歌い終えると「ブラボー!」の掛け声が♪

 


女性三部合唱

 


ピアニストの優子先生は、合唱団とソロの伴奏掛け持ちで大忙しだった。

 

女声合唱の友だちはフォークロアのアンデス音楽・ケーナ演奏にも参加。とっても艶やかな民族衣装が素敵!

 

写真は夫と次女が撮ったのを載せた。みんなお疲れさま~

 

コメント (42)

秋の空に♪

2017-10-24 | Weblog


頂上が見えた富士山   10/23・12:45

 

夏以来連続の降水と天候不順が続き、やっと晴れた! 太陽が出た! 

富士山スポットの近所の坂は、スマホ撮りで賑わった。

でもまた台風がくるらしい。寒いなあと言ってるうちに年末になってしまいそう・・・

 

 

プロのハーモニカ奏者として、国内外で活躍している3人の女性ユニット「こまんたれう” 」を聴いてきた。

宮地楽器とトンボ楽器製作所が共に100周年を迎えた「特別企画・記念コラボレーション」

トンボ楽器の社長は、アコーディオン奏者としても知られる。

客席からタンゴリクエストが出るほど、素晴らしい演奏だった。

彼女たちの演奏ジャンルは多岐にわたり、全て3人のオリジナル編曲である。

ハーモニカレッスンしている友だちは「こまんたれう”」のAya先生に、アンサンブル合奏を習っている。

そのAya先生と私は、混声合唱団でもご一緒していて(歌とハーモニカ伴奏)図らずも巡り合わせが出来た。

これぞプロフェッショナルの妙技を聴いて魅了された。妙技の言葉が相応しい♪

 


「こまんたれゔ」三人娘(真ん中がAya先生)
左の方はフランスに拠点を置き、プレーヤー兼指導者として活躍。

 


出演者全員の合奏

 

友だちと別れた帰り、最寄り駅のホームの端っこは、またもやスマホを向ける人たちが・・・?

 

 

 

夕焼け🌆 富士山🗻 上弦の月 三拍子揃った光景が見事だった。

 

 

 

コメント (22)

大塚国際美術館

2017-10-21 | Weblog


ゴッホの幻の「ひまわり」

 

注) 第二次世界大戦中に兵庫・芦屋で焼失した「芦屋のひまわり」を再現する計画が「大塚国際美術館」で進められた。

   「大塚オーミ陶板(株)製作」戦火で犠牲となった幻の名画を復活させる試みだという。

   再現されるのは群青色の背景に6輪のヒマワリが描かれた縦98mm、横69mmの作品。

   兵庫県芦屋市の実業家「山本顧弥太」が「武者小路実篤」が進める美術館建築構想のために2万円(現在の約2億円)で購入した。

   美術館建設構想は、大正13年に大阪で行った国内3度目の公開の後に頓挫した。

   「ひまわり」は、山本の自宅に飾られたまま、昭和20年8月6日の阪神大空襲によって焼失した。

   大塚国際美術館は1千点を超える世界の名画を陶板画として再現、展示している。

   ゴッホの作品は「モナ・リザ」に次いで人気が高いことから、芦屋のひまわりの原寸大での再現に取り組んだ。

 

 

雨続きの気晴らしにちょっと横道に逸れます。美術館はネット情報を引用しました。

月初めの連休に次女が友だち夫婦と車で出掛けた先は、徳島県鳴門市の「大塚国際美術館」

1000点以上の原寸大作品が、何と全て陶板レプリカで忠実に再現されているそうです! 

贋作かとガッカリするなかれ~トリップアドバイザーのランキングで、常に上位を占める稀有な空間。

文化財修復の分野でも活躍する「大塚オーミ陶業(株)」による、特殊技術があるからだそうです。

そこで3人は魔法をかけられて、4kmも歩いて絵画を観ることになったらしい

ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂に描いた天井画が、そのままの大きさで迫り度肝を抜かれたと言ってました。

 


システィーナ礼拝堂。バチカン市国の新たな教皇を決めるコンクラーベの部屋。


現地で観られない人や、外せない壁画や洞窟などに描かれたものを此処で鑑賞出来ますね。

撮影もOK、レストランや喫茶店のメニューも、画家をイメージしたのが出たとか~

絵画をお土産にするから、どれが良いかなと写メールしてきました。

候補は「真珠の耳飾りの少女」もあったけど、狭い居間に飾ったら、あの鋭い眼差しに竦みそうでパス。

第六感で「幻のひまわり」に惹かれて、意外にも良い作品選んだものだと自信を持ちました


 

 

ウイーン・ベルベデーレ宮殿のオーストリア美術館で観たクリムトの「抱擁」

忘れられずにいたら、夫が都心のギャラリーで90×60cmの複製を買ってくれました。

その隣に小さな「ひまわり」を架けましたが、存在感あるなと~(負け惜しみ

 

もう一つは「パピルス紙」古代エジプト王ファラオが描かれている。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

娘、親戚、友達のお嬢さんと渡り歩いた振袖が帰って来ました。

およそ5~6回は羽織った割りに、汚れもなく頬ずりしたい正絹の感触♪

再来年孫の成人式に着せます。多分前撮りするので来年末に着ることになるでしょう。

亡き義父母からの頂き物で、日本の女の子は白地が良く似合うと言ってました。

手描きと絞り染めの美しさに見惚れます。ずっと受け継いで欲しい和服です。

別に訪問着に相応しい反物があります。何とか自力で仕立てようと計画したものの、腰があがらず!

 

思い立ったのだから縫わなければ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (23)

箱根駅伝予選会 その2

2017-10-16 | Weblog


ケイトウとパンパスグラス(昭和記念公園) 10/14 

 

今日も歌の練習があったんですが・・・大雨で遠いのでキャンセル(駄目お婆・・・)

公園の景色を載せてしまいましょう~

予選会を橋から見下ろして結果発表を見る為に、みんなの原っぱへ向かいました。

 


ヒマラヤ杉のシダーローズ(公園の樹木医に頂いた実)
松ぼっくりが落ちて外皮が剥がれて、バラの模様になるのを「シダーローズ」と言う。


花散歩になった途端、NさんKさんは夢中になったよ🌸
この有り様ですが面白くて撮りました。バッグや背中までしつこく付いてるのを手間かけてお掃除。

 


 右はウバユリ

 


みんなの原っぱ。お利口なコリー犬のナイスショット(画像は了解済み)

 

さて次は、コスモスの丘を見てから北口(砂川口)に行き、近くのお薦めレストランへ向かいます。

で・・・気が付けば西南に歩いておりました! 一瞬、頭の中は逆の道じゃないかと信号が出たけど。

人の流れに沿ってるうちに、西立川口を過ぎて立川口に着いちゃった!

コスモスの丘にお仲間と行く予定があると言われて、ホッとしました。

 

 


園芸種のケイトウはカラフル♪

 

2ヶ所に咲く皇帝ダリアのうち、こちらには「ハイブリッド・皇帝ダリア」がありました。


 


5mを越す高さの皇帝ダリアより、2mほど低いハイブリッド皇帝ダリア。色も豊富。

 

 

 

              
並木道に木工のオブジェ。                またしても狙うのは何?            

 


水鳥の池はボートもお休み中

 

雫が上手に撮れない!

 

傘はほとんど不要でした。上手なお2人に写真は任せて、ワタクシはいい加減であります。

何と2時半ではないか! 急ぎ足で駅前のイタリアン「SABINI・サヴィニ」へ
お好みのパスタを食べ、特製ケーキまでシェアして やっと人心地つきました。


Nさんに美味しいお菓子を戴きましたが、食べてしまいまして

Kさんがわざわざ編集作成してくれた写真があるので、ご紹介しますね。

 


ねぶたの蒔絵と春夏秋冬の花が素晴らしい出来映え!

 

居間に飾って眺めています。

愉しかったですね。またお逢いしましょう

 

 

 

コメント (34)

箱根駅伝予選会 その1

2017-10-15 | Weblog

 


プラタナスの実(別名・スズカケ) 昭和記念公園 10/14

 

いつもは花散歩に訪れるこの時期・・・小雨降る昨日は様子が一変! 

箱根大学駅伝予選会が行われ、ブロ友のNさんとKさんを誘って見学しました。

本戦出場をかけた49校の10名(合計490名)が、一斉スタートして20kmを走ります。

自衛隊立川駐屯地を全員スタートするのが圧巻なのに、時間に間に合わず

公園の橋の上からは樹が邪魔して数枚しか撮れず。不完全燃焼の次第・・・

やはり集団を観たいので、ネット画像とTV映像から引用しました、悪しからず

 


駐屯地を出て市街地に向かう集団

 

 
有力校のデッドヒート!


 

  
闘い済んで応援団が引き上げる。                   姫たちを撮ってもらった(真ん中の巨漢は誰!?)

 


みんなの原っぱの大型TV。後は監視塔?

 


中央大学が返り咲き、日大と明大はシード落ち。来年を期して頑張れ!

 

  
原っぱ東花畑のコスモス。                            予選会の警備に当たるセコムの気球。

 

予選会の余韻が融けて、三人は砂川口の「コスモスの丘」に向かう・・・の筈なのに~

迷子になって立川口に歩いておりました。幸いなことに素敵な花を観ることが出来ました。

 

 


ハイブリッド・皇帝ダリア

 

数年前は西立川口でハイブリッドのユリを観ました。

異種を組み合わせると、より丈夫で良い品種が生まれるようです。

5mもある皇帝ダリアに比べ、2~3mほどの背丈です。雨風に安定感がある高さですね♪

次回は昼食時間も忘れて、延々と歩いた公園の花を載せます。

 

 

 

 

 

コメント (16)

シルバーコーラスフェスティバル・浜離宮朝日ホール

2017-10-07 | Weblog


セミの抜け殻(庭掃除で出て来た)
まだ半分残った場所にもいるでしょう。命短しセミの一生・・・

 

 

第32回・東京都合唱連盟のフェスティバルに初参加。合計44サークルが出場しました。

 

 

青春隊は、アメリカンフォークソング三曲をメドレーで合唱。7分きっかりで歌えました。

知り合いの女性音楽編集者になるオリジナルです。このサークルって色んな技術を持つ人物が現れます。

Seven Daffodils/七つの水仙500Mails/500マイルも離れてGreen Leaves of Summer/遥かなるアラモ

鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)と、2名のアコースティックギターが、合唱を盛り上げてくれました。

ハーモニカも入る予定が、今月コンサートで責任者でもあるので欠席。

大江戸線の築地市場駅からエスカレーターを登ると、目の前が朝日新聞社。そこに音楽ホールがあります。

 

  
出番ごとに集まって来る合唱団。

少人数でも素晴らしいハーモニーを奏でるグループ。何十年も歌い続けて、80歳を過ぎた集まりのサークルなど。

背筋を伸ばして歌う姿は、心から拍手したくなります。見習うべき人たちばかりでした。

 


仲間のおじさまたち。カマーバンドして見違えたわ~♪

 

           
カメラ向けられて(オレンジ色のがワタクシ)

このヘンテコなケープ、マジックテープで首を止めますが、間違えて後ろ前を逆に着てました。

「反対よ」と言われて慌ててグルっと回しました(笑) 毛糸で編んだ花がダサいし、しっくりしないよ~ 

「追記」
フェスティバルは3名の講評者が立ち会い、プログラム終了後に全体講評があります。

お仲間と他の合唱を聴きましたが、帰りが遅くなり先に失礼してしまいました。

親切に速報を知らせてくれました。青春隊は「講評者特別賞」を受けたそうです。バンザ~イ

 

今度は地元の音楽祭が控えていて、2曲を用意してあります。また頑張ろう!

本来の女性コーラスも仕上げが待ってる・・・こっちは人数少ないからもっと大変だわ!

 


中秋の名月は過ぎたけど、帰り道で美しい満月を見上げました


コメント (39)

秋の味覚♪

2017-10-02 | Weblog

名前教えて下さいませ

庭や近所を飛び回って、番と呼び合っていた鳥。綺麗な啼き声に聞き惚れました♪

 

昨日、長女夫婦が矢川近辺をウオーキングして、午後寄るからねの電話。お婿は海外出張が多く久し振り♪

数日前に秋川ファーマーズで、基礎調味料や地場野菜を仕入れてきて、昨日料理しようと思ったのに・・・

怠けてしまって一日違いで秋の味覚をあげられず・・・取り敢えず作ったばかりの新生姜の佃煮を持たせました。

 

そして今日、冷凍庫へ直行させていた帰省土産の山栗を、やっと栗ご飯にしました。

小さい山栗は皮剥きが面倒だけど甘味はぴか一です。残りはきんとんにでも使いましょう。

 

            
    皮だけ柔らかく茹でる                 クチナシの実で色を付けて茹でる

 


五合炊いたから娘にも届けよう~

 

              
       アップし忘れたイチジクジャム。コンポートは撮り忘れて、すでに食べた後の祭! 

        

新生姜の佃煮

ファーマーズに新鮮な新生姜が並んで格安~佃煮を大量に作りました。

きび砂糖を控えめが良い。おかかと白ごまをかけて完成。

おかかが少なくなり、ふと思い出した鰹節削り器。次女が当選でゲットしたあれです(笑)

そうだ、かつお節を買おう!

最寄りのお店で低、中、高の値段のうち、試しに中の1,500円を購入。

夫さんに削ってもらいました。まぁこんなもんでしょ

 

 これであります♪

 

刃の切れ味もグッドでした~次は野菜のおひたしにかけて食べてみましょう。

 

 

 

コメント (36)