kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

乗鞍高原スノーシュー Ⅱ

2014-01-30 | Weblog


動物の領域にお邪魔します

 

 

1/27(月)  これ以上は望めないほどの晴天♪

宿の車で国民休暇村まで送ってもらいました。午前中は此処から「東大ヒュッテ」までを往復します。

いったん休暇村に戻り昼食を済ませて、午後はリフトで1800m地点のスキーゲレンデに登りました。

そこから「三本滝」を目指しましたが…滝への下りと、帰路はリフトじゃ無くて徒歩だったから、すっごく疲れた~

 

 


休暇村でシューを装着して、いざ出発

 

 

私たちが歩いているのは乗鞍高原で、春夏秋は、車道や森林や湿原や立ち入り禁止の柵がある場所です。

冬にはこの上に雪が積もるので、お構いなしに何処でもウオーキング出来るんですね。その醍醐味がたまらないのです。

 

 


「東大ヒュッテ」の方角へ…と言っても真っ白で道が分からない! 何度も歩いているリーダーが頼りです。

 

 


ここは湿原です。振り返ればラッセルした跡だけ…

 

 


白樺林に動物の足跡がたくさん♪

 

 


白樺と青い青い空

 

 


到着でーす。乗鞍岳の剣が峰も見えました♪ ワインで乾杯嬉しいな

 

 


帰りは「原生林の森」に入り込み休暇村へ向かいます。番号があるので迷いません。
ドイツトウヒ(樅の木)が多く、雪の妖精が出てきそう

 

ひとまず休暇村の食堂で腹ごしらえをして、午後の部です。

 

 


リフトを2度乗り換えて標高1800mまで登ります。三本滝レストハウス横から歩け歩け!!

 

 


滝は目の前だけど…雪の階段は慎重に1人づつ。リーダーが注意を促します。

 

 


三本滝の氷爆に到着  写真をはるかにしのぐ感動の景色です♪

 

 


芸術その一

 

 


芸術その二

 

滝へ下った後はゲレンデまで登り返して…「リフト乗らずに歩いて下るぞーっ」 

親分、そんなご無体な~  仕方無しにテクテク・・・・・スキーヤーやスノーボーダーの舞台だから、端っこを歩きます。

 

 


スキーが出来たら良いな~

 

 


斜面ならば滑っていこうと試みる誰かさん、スキーヤーがあっという間に抜いていきました

 

 


岩魚も残らず頂戴しました♪

 

 

この夜は素晴らしい星空で、ひと際大きく見えました。

寒いけれどいつまでも眺めていたい輝く夜空でした。

 

 

 

 

コメント (40)

乗鞍高原スノーシュー Ⅰ

2014-01-29 | Weblog


1/28 「善五郎の滝」の氷爆

 

 


右が乗鞍岳の剣が峰(3,026m) スキーヤーの邪魔にならないよう、ゲレンデを下ります。

 

 

長崎旅行から1週間余り…今度は雪山へ乗り込みました(遊び人の本領発揮

気温と積雪の好条件を選ぶと、この時期しか無いのです。今年は二つの滝の氷爆も見ることが出来て大成功でした♪

ブログを遡ると、カンジキを履いて雪山を歩くのはもう10回近くなりますね。

最初は爺ガ岳のペンションでオーナーに習い、覚束ない足取りで白樺地帯を歩きました。

その後は毎年です。2007/1月乗鞍→2008/1月乗鞍→2,009/乗鞍。この年は4月に栂池歩いています。

2010/2月菅平の根子岳2012年は2月に趣向を変えて「小笠原・父島」へ飛び出しました。

2011/1月と昨年2月は高峰高原へ

乗鞍高原の楽しみは凍結の滝を見ること。今年もドンピシャリで、滝ツボへ行けました♪

宿は家族経営で顔馴染みになりました。お手伝いをしていたお子さんたちも大きくなって、松本で下宿生活しています。

 

 

1/26(日) 参加者・夫婦2組ありで合計9人の前期&中期高齢者集団!

モノレール利用で、日野バス停から高速バスに乗車。松本駅ターミナルまで2時間半。宿の送迎車で1時間。3時間半で到着です。

昼食の牛丼を用意して貰って、午後13:00時から足慣らし開始。レンタルのシュー(西洋カンジキ)が新しい器具になっていて、装着に一苦労!

 

 


「ちゃんと締めたかい?」 「これで大丈夫よね?」夫唱婦随の風景は良いですね♪

 

 


バス停やスキー場への送迎でお世話になったオーナー

 

 


宿からスタート。新雪に陽が降り注いでいます♪

 

 


一の瀬園地までの距離を歩きました。下りにズボッとはまるので少々緊張…

 

 


あざみ池は約50cmの氷が張って歩けます。彼は平気でもちょっと怖い

 

 

3時間の訓練?を終えて、温泉に浸かり夕食。持込みのドブロクまで出現して、大いに飲み食べた一夜でした。

 

 


露天風呂は雪が積もって出られなかった

 

 


山菜と川魚中心で、自家製がふんだんに出てご馳走です♪ 山女などは骨も残さず食べるお婆です。
野沢菜の自家漬けは絶品で、今回もお願いして土産に買いました。

 

 


ロビーに据え付けてあるストーブはドイツ製。上と下の管から暖かい空気が出ます。

 

ロビーでおしゃべりに花が咲きましたが…初日のウオーキングの疲れでいつもより早い就寝でした。

男子3人は一部屋でOK。女子6人はジャンケンで2部屋にお別れでしたが…

約1名が夜中にうなされて、叫び声に2人は飛び起きたらしい!!  

誰だ、犯人は

 

 

コメント (16)

長崎の旅 異国に触れて

2014-01-24 | Weblog


長崎ちゃんぽんを初めて食べました

 

 


1/17 ホテルからの眺め。正面が夜景を眺めた稲佐山。

 

朝起きると両方の上腕が何だか痛い?? 前日のアスレチックでのがむしゃら奮闘で、筋肉を刺激したようです。

さて最終日です。全ての計画を娘に委ねていたので、母は長崎ぶらぶら節気分で暢気なものです。

市電とバス乗り継ぎで、今日も元気に長崎観光

浦上天主堂オランダ坂を登り下り中華街(門を見ただけ孔子廟グラバー園大浦天主堂出島長崎空港

凄い距離と思うでしょう、でも意外と行けるのです。私もびっくりしています。

くどくなるので、写真には簡単な説明だけ添えます。ご了承下さいね。

 

 


浦上天主堂
爆心地から500mにあり原爆投下で徹底的に破壊されました。その後レンガタイルで復興されました。

 

 


一部の残骸が残っています。
写真は無いですが、瓦礫の下から天主堂のシンボル「アンジェラスの鐘」が掘り起こされました。
後に平和の象徴として「長崎の鐘」の曲が出来ました。

 


石畳のオランダ坂を歩いていきます。

 

 


横浜などに比べると小規模な中華街でした

 

 


孔子廟
旅行計画を知る前に、たまたまケーブルTVで孔子の教えを観たのです。
フー・メイ監督、チョウ・ユンファ主演で、乱世の時代に儒教を広めた歴史ドラマ。
ちょっと親近感を抱きました。

 

 


孔子廟は日本の各地にもあるそうですね

 

 


気になった狛犬?狛虎?の口とお腹の丸いもの。 
玉(ぎょく)と呼び、世人を惑わしたり妄言を吐いたりするなという戒めだそうです。

 

 


貿易商として日本と交流を蜜にした「トーマス・ブレイク・グラバー」の旧邸。日本最古の木造洋風建築物。
長崎湾を望む一等地にあります。


 

 


フリーメイソンの石柱
元はイギリスの石工組合(ギルド)が発端の友愛結社とか。柱に定規やコンパスが彫られている。
AXNミステリーのイギリス刑事番組が好きなお婆ですが・・・
フリーメイソンも時々登場します。秘密結社の扱いが多く、どうも良く分かりません

1/25に後述↓ 

はるか遡ったテンプル騎士団の末裔が英国に渡り、石工たちが組合を作った。
現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人に上る。
うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下に。
25万人は英連邦グランドロッジに200万人は米国のグランドロッジに所属している。
(wik引用)

 

 


上は知る人ぞ知る「三浦環」マダム・バタフライを世に広めたプリマドンナ。
下は知られざるソプラノ歌手「喜波貞子」 日本名ですがクオーターです。
ヨーロッパ留学後は声楽家として活躍ししました。

 

 


キリンビールのロゴマークはこれです(説明が読めるかな…)

 

 

長崎へ来たなら食べなければと「卓袱(しっぽく)料理」のお店で昼食です。

予約が必要ですが飛び込みOKのお店があり、同じような年代の、観光客とおぼしきおば様方と行列して待ちました。

 

 


豚の角煮は絶品ですね♪

 

ちょっと豪華なランチの後も、残りの目的地が待っています。大浦天主堂の写真は、最初に載せたので省きますね。

 

 


天主堂にある石像
津和野の隠れキリシタン弾圧は、高校時代のレポートに書きましたが…この出来事は知りませんでした。

 

 


上の説明文

 

教会の中では歴史の説明が流れています。静寂な空間に浸りました。

この辺りも坂道で、下りながらお土産屋を覗いて次なる目的地へ。

眼鏡橋を通って最後に寄ったのが、鎖国時代に唯一外国に門戸を開いていた、外国人居留地「出島

 

 


眼鏡

 

 


出島の模型。鎖国が解けてその用を成さなくなった後、更地になっていたらしい。
現在は修復作業が続けられています。

 


当時のいでたちで案内するアルバイト? 暇そうでした~
ビリヤード・ボーリング・テニス・クリケットなどは、居留地から広まったスポーツです。

 

娘に負担をかけたけれど、長崎の一端を観ることが出来ました。ホテルに預けていた荷物を受け取り、バスで空港に向かいました。

冒頭の長崎チャンポンは空港での夕食です。全国チェーンのリンガーハットで食べられるそうですが、一度も行ったことありませんで…

本格ちゃんぽんは初めてと言って良いかも。取り敢えず、これだけはと思う食事はした筈♪

九州のほんの一部に触れて他はこれからです。元気を蓄えておきます。

 

読んでいただきまして・・・ だんだん

 

 

 


 

コメント (27)

長崎の旅 夜は七色~♪

2014-01-22 | Weblog


いきなりですが…ものは試しで食べた「佐世保バーガー」 見た目よりあっさり。

 

 

子や孫の付き合いで、あちこちのアトラクション施設に行きますが。若者には嬉しくとも、お婆さんはお疲れさまでして…

ハウステンボスの予備知識もその程度でしたが、この旅は大人同士で少し勝手が違ったかな~ 

考える暇も与えられずあちこち歩き回りました。スリラーシティは避けたいのに、娘はさっさと入場!

真っ暗な迷路を、離してなるものかと腕にしがみ付いてた母です…作り物より、急に現れる人間がよっぽど怖かった!

写真はありませんが、想像だけなさって下さいませ~

 

 


ドムトールンからヨットハーバーが見えます。カヌーや海上ツアーもあります。

 

 


長崎空港からホテルまでリムジンバスでDoor to Door

 

 


ホテル・ヨーロッパは船でも行けます。シーズンには満室ですが、冬はゆったりくつろぎました。
朝食はバイキング、少量の皿で次々に料理が取り替えられてスマートなのです。

 

 


オランダですね。今はチューリップを中心とした花の養生中。春は大混雑!

 

 


ここはベネチアかしら~ ホテルマンも園内の従業員も仮面を付けています。

 

 


ギヤマンミュージアムのシャンデリア

 

 


一変する昼と夜

 

 


ドムトールンも夜はお化粧直し♪

 

 


画像が下手で一部だけです。

 

 


あとで思えばこれが最高だったかな。バランス感覚を体験出来たから…
下から助言してくれて何とか終えました
右下の写真は「シューティングスター」 体重制限にも引っかからず、池の上を300m滑降。
すごーく気持ち良くてヤッホ~と叫んでました!

 

午後、シーサイドライナーで長崎に

 

 


オランダ風のお土産を買ってサヨナラ~

 

 


お弁当を電車で食べるのは楽しい♪

 

 


JR九州ホテル長崎に一泊。市街は次々に市電とバスが行き交って、待つことがありません。
時間の節約が出来ました。

 

まず市電とバスで「原爆資料館」「平和祈念像」へ。写真のみ載せておきます。新参者ですから・・・

資料館で思わぬことに出合いましたが、それも胸におさめておきます。

 

 


この近くに住んでいた、今は亡き友人の話を想い出しながら見上げました。
ちょうど噴水が最高潮に達しました。

 

 

長崎は坂の街で、所々にエレベーターがあっても高齢者には辛いですね。

その後は再び乗り物で稲佐山へ向かいました。天気が良く夜景はバッチリでしょう♪

実は夜景撮影に大失敗 落ち込んじょります・・・

 


ロープウエーで稲佐山へ。光が飛んでしまって!

 

 


まぁまぁの景色でしょうか? 

ここで「トルコライス」なる食事でした。トルコには何の関係も無いらしい。
ピラフ、スパゲッティ、サラダ、豚カツなどを一皿に盛り付けた、言わばお子様ランチの大人版!?
お腹空いてるから美味しかった(写真は…ご想像のほどを)

 

 


ネット引用画像。モナコ・香港・長崎の世界三大夜景と言われています。
月も綺麗でした。 日本の
函館・神戸・長崎の夜景を観たので満足♪

 

歩数計は今日も2万歩近くでした。最終日も歩け歩けになりそうです。

 

コメント (36)

長崎の旅 初めの一歩

2014-01-19 | Weblog


佐世保・ハウステンボス(HUIS TEN BOSCH)

 

 


地上80mの展望室・ドムトールン。最初の写真は、ここから見下ろしたハウステンボス

 

「ハウステンボスは、大村湾沿いに広がる152万㎡のテーマパーク。一時経営不振で会社更生法を適用。
その後、HISの澤田秀雄社長の経営手腕が功を奏し、西日本鉄道、JR九州、西部ガス、九州電力の出資支援でリニューアルオープン。
ガーデニングを手始めに、昼夜楽しめるアミューズメントエリアを次々に設立。
本格的な中世オランダを模した園内は、2010年、黒字に転換した」 wik引用

 

長女と長崎へ行ってきました。九州へ足を踏み入れるのは、生まれて初めてなのです。

子どもが大きくなり、婿さんの薦めもあって、ありがたく遊ばせてもらいました♪

仕事のシフトを割り振りした彼女が段取りしてくれました。寂しいほど人出が少ない時で予算も安い

娘は昔来たことがあって、うろ覚えの勘とガイドブックを駆使して、主な観光地を次々に案内してくれました。

連日間食する暇も無く、2万歩近く歩いてましたね。歩調が合わない夫は喜んで留守番です(温泉に行きましょうね

土地の名物料理「卓袱料理・長崎チャンポン・トルコライス・佐世保バーガー」も制覇

1泊目はハウステンボスの「ホテル・ヨーロッパ」 翌日は「JR長崎駅ホテル」で、駅の中だから便利ですね。

冴え渡った冬の夜が舞台の、イルミネーションと長崎の夜景を満喫しました。両日とも月がとても綺麗でした♪

本日はその一部を紹介しておきますね。電球数が世界一のイルミネーション「光の王国」からスタートです。

 

 

 
3月まで仮面舞踏会が催されています。ホテルロビーでは雅なワルツでお迎えです。

 

 


目が覚めるような彩色のイルミネーション(カメラの腕が悪くて…ご容赦下さい)

 

 


圧巻は建物に映し出される「スーパー3Dアトラクション」 うまく説明出来ません!

 

 


ごく一部です、あとはお楽しみに~♪

 

 


天空の城」は日本一の空中アスレチック。上のカップルは地上6mにチャレンジ。
「命綱があるから大丈夫よ~」と、まんまと乗せられてしまいました
初心者は地上からたった3mなのに、グラグラ揺れる丸太の綱渡りやクライミング!
が落ちたら笑いもの…バランス取るのに必死で冷や汗でした。

 

2日目の午後、海沿いに走るローカル電車で長崎に移動。

稲佐山からの夜景を見ながら、トルコライスの夕食でした(トルコライスって? 説明はお待ち下さいね~)

 

 


レストランの中から

 

 


ネット画像を借りて失礼致します

 

 


長崎に来たならば、行くべきは「原爆資料館」と「平和祈念像」 
爆心地の松山町にあります。
思うこと多しで長くなるので後ほどに。
東京・井の頭公園の自然文化園に、製作者「北村西望」氏のアトリエがあり、その原型が置いてあります。

 

3日目は夕方のフライト時間まで観光三昧。

オランダ坂を登り、浦上天主堂からグラバー邸を経て、大浦天主堂その他を巡りました。

 

 


グラバー邸から三菱重工造船所がよく見えます。正面アンテナのある稲佐山から夜景を眺めました。

 

 


隠れキリシタンで知られる大浦天主堂


 

高校の修学旅行は九州で自由参加でした。ミッションスクールだったので、柄にもなく聖書読んだりする女子でして。

許可を得て津和野へ行ったのです。神道中心だった島根県の津和野にもキリシタンが流されて、棄教の弾圧を受けたのです。

浦上村3,394名の信徒が一斉流罪に遭い、全国に送られた「浦上四番崩れ」と称された大弾圧!

お会いした「津和野カトリック教会」の神父様はドイツ人のネーベルさん。日本語が上手で「髭の神父さま」と慕われていました。

殉教した36名の中の1人「岡崎裕次郎」の名前を貰って、日本人に帰化されました。

教会の客間に泊まり、隠れキリシタンの歴史を伺いました。そこで、谷間にある乙女峠にマリア堂を建立されたことを知りました。

翌日は乙女峠へ。藪の中にも石碑が残り、何故か空気が違う空間。

これ以上続けると止まらなくなるのでやめます。感じやすい年頃の感傷を想い出してしまいました…

 

あらぬ方向へ話しが飛びましたー! そんな訳でやっと九州を訪れたのでございます。

次回は、おっかないスリラーシティを連れ回されて娘にしがみ付いたり、TFMスーパーイルミネーション3Dに目を白黒させた話題かな~

アドレナリン全開の連続! 心臓と脳の活性化になるらしいけれど・・・?

 

 

 

コメント (50)

野暮な天神様!?

2014-01-11 | Weblog


谷保天満宮・国立市

 

それぞれに、新年のお参りや街歩きをされたことと思います。

まだ小さい孫には過酷な混雑は避けて、元日は地元の小さな神社へ行ってきました。その数日後は、毎度お世話になる「谷保天満宮」へ。

神社往復は徒歩で、また遊びに出かけた場所でも歩け歩けで、連日一万歩以上を刻む幕開けでありました!

 

谷保天満宮」は家族の祝いごと、受験期の合格祈願など、長年お参りをしているお社。

何気なく参拝してますが、面白い由来があるので、ちょっと歴史を振り返ってみたいと思います。

東日本最古の天満宮で、亀戸天神社湯島天満宮と共に「関東三大天神」と呼ばれています。

祭神は学問の神様「菅原道真公」 父亡き後に、子息(副祭神・菅原道武)が廟を創建して父を祀ったとされています。


面白いのはこれからでして~

谷保は(やほ)と言い慣れてますが(やぼ)が正確な読み方。ある謂れからヤボと呼ばれるようになりました。

何を思ったか、こちらの神様を神無月に開帳したのです。駄目でしょ、それは!

それを揶揄して、ダサい意味の「野暮天」の元になったんですねー

国立の蕎麦屋には「野暮天蕎麦」と印す店もありますよ~

狂歌師・大田蜀山人は 「神ならば 出雲の國に行くべきに 目白で開帳 やぼの天神」 と詠んだそうなーアハハ!

ついでにもう一つの話題は~

明治41年、日本発のドライブツアーが開催され、谷保天満宮が終着地になったとのこと。

有栖川宮・威仁親王殿下の愛車「ダラック号」の先導で、合計11台の車で天神様へ遠乗会があったそうです。

 


交通安全発祥の地ともされています

無事天神様へ到着、お参りの後に梅林で昼食会を催されました。

その石碑は梅林にあり、観梅の時期にご覧になれます。中央道、国立府中ICから立川方面へ数分です。近いです♪

色々知ると親しみやすくなりました、これからも、野暮天さんへお参りを続けるでしょう♪

 


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

強風で中止だったテニスのリベンジ。雨天振り替えで、週2回はコートが確保してあります。

ダブルスの人数が足りないと、呼び出しを受けて3回プレーすることも! 

 


寒風でも汗をかきます

 

蕎麦打ちの断片と黒豆の残りで、煎餅もどきを作ってみました。

 


見映え良くないけれど優しい味です♪
 蕎麦がきを作る要領でぬるま湯を入れて鍋で捏ね、そこへ豆の汁と豆を混ぜてオーブンで焼きます。

豆汁と水の量を気を付けるだけ。甘味は砂糖を少量足します。濡れ煎餅のようでもう食べてしまいました。

 

 

コメント (53)

新年は狭山湖の夕日を♪

2014-01-06 | Weblog


狭山湖・黄金の光  2014,1/6

 

明けましておめでとうございます。皆さまは佳き年をお迎えのことと存じます。

すでに1週間が過ぎて、明日は七草粥ではありませんか 出遅れも甚だしいことでして!

例年と同じく、賑やかに暮れて賑やかに明けた正月。1週間滞在した孫が、やっと帰っていきました。

お節は元日に集まった1ダースの人数で食べ尽くし、ストックしていた食べ物も飲み物も、きれいさっぱり無くなって気持ちがいいくらい…

ともかく忙しい毎日が終わり、大勢の布団干しや洗濯や大掃除を済ませてグッタリ・・・の祖母でした。

 


立川昭和記念公園
子どもの森の「ふわふわドーム」で飛び跳ねた後、みんなの原っぱで凧揚げを楽しみました。
凧揚げ愛好会の方々の連凧が空高く舞っていました。

 

始動開始は初テニスで、勇んでコートへ自転車で行ったものの…強風で中止。今年一番の風と寒さです。

そこで閃いた!こんな日は絶好のチャンス、狭山湖へ行こう 貯水池ですが周囲は深い森に囲まれて、トトロの森もあるのです。

流星群を見る為に、堤防で毛布にくるまって寝そべって見たっけ 悲しい時も心が落ち着くところ。

そして冬の寒い寒い夕方、夕日が沈む頃、富士山がくっきり現れるのです。

4時に到着で間に合いました。着込んで肉布団なのに風が冷たいの何の…一瞬で冷えてしまいました!

 


以前撮った写真は夫が褒めてくれました。が…デジカメなので、皆さん方を見ると気後れします。

 

 


日が沈むと富士山の色が徐々に変わります。

 

 


山が茜色に染まります

 

 

 

 


水面が金色に染まり・・・

 

 


奥多摩の山の向こうに沈んでいきました

 


カイツブリの群れ

 

狭山湖・所沢市と入間市にまたがる人造湖で「山口貯水池」とも呼ばれる。
小作取水堰及び羽村取水堰から導水する他、天然の湧き水も流れ込んでいる。


 

今年もよろしくお願い致します。


 

 

 

コメント (62)