kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

平泉へ親娘旅 3

2018-11-20 | Weblog


散りゆくモミジ  11/16

 

2からの続きで、残した画像を載せて最後にします。

 


昔登った月山が見えた(山形県)

 

達谷窟(たっこくのいわや)

達谷窟は1200年以前、蝦夷(えみし)と呼ばれる東北で生活していた人々が、坂上田村麻呂の侵略に抵抗した拠点。
その時のリーダーが、東北で英雄として名が伝わるアテルイ
最終的にはアテルイが、自らの犠牲を覚悟して降伏し京都の清水寺で処刑された。

 


懸崖作りの毘沙門堂

蝦夷(えみし)を倒した後に建てられた「達谷窟毘沙門堂」(たっこくのいわや、びしゃもんどう)
征夷大将軍・坂上田村麻呂の建立 。田村信仰の象徴とされ、焼失・再建を繰り返して今日に至っている。

壱之鳥居、弐之鳥居、参之鳥居をくぐると、切り立った崖(窟)を堂宇の背壁面とし。

崖上部に突き出た壁面を屋根の一部のように利用している。
京の清水寺舞台を模した太い柱組の上に、建立された毘沙門堂が目に飛び込んでくる。

 



摩崖仏は大日如来または阿弥陀如来とも呼ばれる。モアイ像に似ていた。

 

本堂で鳴らした鈴が凄い音でびっくり! 

弁財天があり、仲良しの夫婦は一緒にお詣りしちゃ駄目だって(どうして!?)

ここのお札は最強と言われる「牛玉寶印」だそうです。

何故か次女の顔が浮かんで、思わず手が出て買いました(笑)

 

循環バスの時間まで見学して、次は柳の御所へ回ります。

 

 


農家の畑と区別が付かず、遺跡の白い標が無ければ不法侵入になりそうな按配で・・・

歩きましたわ、だだっ広い大地を! 遠くに建物らしきものが見えるので、そちらへ足が向きました。

 


北上川

 

わ~い、道の駅に着いた。昼食のことしか頭にない三人。ここでもお餅を添えたうどんを食べました。

 

夫婦は軽ザック、長女は鞄と手軽な体制だったので楽な旅行でした。

少し早いけれど平泉駅に戻り、コーヒータイム。ついでにお土産も載せます~

 

  
平泉ブランドコーヒーと力餅のお土産(義経名義のお菓子は無かったよね?)

 


悠久の都平泉にお別れ

 


東北新幹線 やまびこ

 


それぞれの駅弁で楽しい時間♪

 

足の具合を心配した夫は、翌日早速散歩するほど回復。元気で何よりだね~

妻は治り切らない咳き込みで、娘に怒られて立つ瀬がありませんが・・・

初の平泉を見学出来て、夫婦は大満足でした。娘よ、良い旅をありがとう


★追記

武蔵坊弁慶は源義経の家来として、最期は平泉で主君を守り果てたとしか知りません

この度の旅行記を読んで下さった故郷の方のコメントに、弁慶の出所が書いてありました。

途端に興味が湧き調査開始。と言ってもネットですが



鰐淵寺(がくえんじ)島根県出雲市

 

「弁慶は仁平元年(1151)3月3日、松江市郊外に生まれ、18才で鰐淵寺に入った。

3年間修行した後、やがて比叡山に登り、牛若丸(後の源九郎義経)に出会ったと伝えられている」

となると、島根県と弁慶さんは深~い縁があるということですね。今まで全く知らずにいました。

伝説か否かの真偽は、脇に置いといて・・・ちょっと書き添えたくなりました。失礼をば!

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (46)   この記事についてブログを書く
« 平泉へ親娘旅 2 | トップ | 晩秋のイベント♪ »
最近の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Minoru)
2018-11-20 20:28:22
こんばんは、ご主人の傘寿、おめでとうございます。だんだん様も咳が治らず大変でしたが、無事ひ旅を完結出来て良かったですね。夏草や つわものどもが 夢のあと、奥州藤原氏三代の栄華が思い起こされます
Unknown (Syu(chan))
2018-11-20 21:04:46
1枚目の写真きれいですね。
本当によい時期に行けて良かったですね。
お子さんに『感謝、感謝』ですね。

前のブログの最初のハスもきれいですね。
(「中善寺」?)
Unknown (花水木)
2018-11-20 21:29:27
ご主人様の傘寿、おめでとうございます。
お元気にご旅行が続けられ、良かったですね。
よい思い出とおなりでしょう。
いつもお子様たちがプレゼント!羨ましいわ。
いつになったら我が家は・・・・・。
大分寒くなってきました。どうぞお風邪が早く治りますように。
Unknown (koyuko)
2018-11-20 21:48:33
東北へご旅行中でしたか? いつもお忙しいようですね。
平泉 大分前に行きました。毛越寺やいろいろ・・・
忘れかけていたのを思いだして拝見させていただきました。
素敵な゛画像がいっぱい 良い時期に行かれましたね。
おはようございます。 (のんのん)
2018-11-21 07:01:06
平泉などの旅行は楽しい思い出がいっぱいですね。
私も一人旅、仲間たちと行った地です。
宮沢賢治館も二度ほど行きました。

ご主人の具合も良く、アッでもだんだんさまの咳はどうですか?
気を付けて下さい。という私も数日前から
風邪ひき、今日はサークルの方々と昭和記念公園の予定でしたが
断念!今素敵な紅葉なのに・・
モミジ (地理佐渡..)
2018-11-21 07:07:07
おはようございます。

山形へと行かれたのですね。
羨ましいですねぇ。仕事の絡みで
酒田とかは行くのですが、観光で
は無いですしねぇ。

行くといつものんびりできたら良
いところなのになぁと..

おはようございます。 (lily)
2018-11-21 07:21:26
ずっと読ませて貰っているのにコメントすることが少なく申し訳なく思っています。

ご主人の傘寿のお祝いおめでとうございます。
長女さんからのプレゼントでご主人の希望の中尊寺への旅行に、良かったですね。
中尊寺の階段のところでのご主人が手をあげている姿は寡黙でいられるご主人が、本当に嬉しかったのだと思います。
娘さん、親孝行なさいましたね。
いい思い出が出来ましたね。
だんだんさんは、咳き込みながらだったとのことですが、
だんだんさんの喜びも伝わって来ていますよ。
本当におめでとうございました。
Unknown (ラッシーママ)
2018-11-21 10:54:20
ご主人様の傘寿のお祝い、おめでとうございます。
私も春に姉妹旅行で訪れた場所なので、載せてる写真の殆どに見覚えがあり
興味深く拝見させて頂きました。

2日間の工程で幅広く見学なさいましたね。
私達は車なのに義経終焉の地や達谷窟など行ってなく、だんだんさんの記事で改めて勉強させて頂きました。

だんだんさんは風邪気味だったようですが、無事に2日間乗りこなして良かったですね。
Unknown (tombee)
2018-11-21 11:12:59
平泉に二日間どっぷり
こんな旅がいいですね。
松江で生まれ大山寺から鰐淵寺・・
今日の五条の橋の上で義経と出会い・・陸奥へ。
弁慶の壮大な旅もここで終わったんですね。
お大事に! (nao♪)
2018-11-21 12:44:38
ご長女様がプレゼントしてくれた、ご主人様の傘寿の祝い旅の三部紀行、読ませていただきました。
親孝行な娘を持っていて、良いなぁ~良いなぁ~と呟きながらね。
平泉は昔々に行きましたが、世界遺産になって変わったかしら?

近年の東北旅は殆どが「山登り」が目的で、それも紅葉時が素晴らしくて毎年のように行きましたが
最近は皆歳には勝てずに近場が多くなりました。

だんだんさんも咳込みが酷いのですか?私も同じです。
風邪かと思っていましたが、医者が処方してくれた薬は抗アレルギーの薬でした。
以前何度か気管支ぜんそくになってしまったので要注意!で、大人しくしています。
だんだんさんもお大事にね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事