kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

小海線に乗って~1

2017-07-06 | Weblog


甲斐小泉から富士山を望む(雪が少なくなってる)   7/5

 

九州、熊本地方は未だに台風に見舞われています。またも経験したことのない豪雨とか。

繰り返しになるけど気の毒で・・・人命に影響が出ないことを祈るのみ・・・

関東も夜中の大雨に遭いましたが、翌朝は家のそばから富士山が見えるほどの上天気

 

以前から友だちと予定していた、北杜市の「平山郁夫シルクロード美術館」に行ってきました。

絵画が中心ですが、日本各地の街道を訪ね歩いた「路」シリーズも期間限定で展示されます。

7/19日まで「出雲路・古代幻想」の特集があると教えてくれて、遠路はるばる出掛けたんです~

立川から小淵沢まで、特急あずさの自由席でⅠ時間45分の旅。南アルプスが見えて歓声を上げました。

小海線に乗り換えて、小諸までの路線でひと駅目の「甲斐小泉」が目的地です。今日は前半を載せますね。

 

昭和5年(1930)6月15日、広島県瀬戸田町(現・尾道市)生まれ 東京美術学校日本画科卒業。
昭和27年(1952)美術学校卒業と同時に東京芸術大学に奉職、平成7年(1995)学長で退官。
平成13年(2001)から17年(2005)まで、再度東京芸術大学長をつとめる。
昭和28年(1953)、「家路」で院展初入選。昭和39年(1964)、日本美術院同人に。
現在日本美術院理事長 平成10年(1998)文化勲章を受章。
ユネスコ親善大使・世界遺産担当特別顧問、東京国立博物館特任館長を勤めた。
文化財赤十字活動を提唱する文化財保護・芸術研究助成財団の理事長などをつとめた。
平成21年12月2日永眠(満79歳) 広島時代に原爆被爆者となった。

 

 


お洒落で小さな駅

 


シルクロード美術館は駅からdoor to door

 

フラッシュ無しで撮影OKと言われて沢山撮ったんです。ところが・・・

PCに入れたつもりが、何を間違えたか消してしまった! 

従って、美術館の写真はパンフレート頼みであります。あ~ぁ

奈良薬師寺で運良く「大唐西域壁画」を拝観して感動したけれど、それ以来作品を観たことは無かった・・・

雨上がりの甲斐の国は清涼な空気に溢れ、作品を観ていると別世界に遊ぶ想いでした。

中国で遺跡巡りをした友だちが、色々解説してくれました。

私は中国も行っていないのでイメージを膨らませるのみ・・・2m×5m近い絵画が多く圧倒されます。

 


一部が貸し出し中

 


パルミラ遺跡を行くキャラバンの朝と夜

 


仏像を作れるようになったのは、大分後のことらしい。

負の遺産となったバーミヤン古代遺跡群の仏像も、一部が修復されずにありました。

無残な破壊跡を見て、人々は何を思うか問いかけてるようです。

そしていよいよ! 我が故郷のお部屋です。

 


八雲立つ 出雲古代幻想  171cm×545cm

八雲立つは、出雲の國風土記神話に基づく和歌の一節。
幾重にも重なりあった雲によって醸し出される、神々しい雰囲気をいう。

 


特別室は撮影禁止。

 

島根各地の絵を堪能しました♪ シルクロードは永遠の憧れで終わるけど、中国の地に立ってみたい!

 

★三分一湧水へ行く。

美術館の前の大通りは「平山郁夫ロード」の標識。そこから徒歩でアルプスの湧水を辿ります。

 


古戦場跡の碑。
調べると軍用道路としての「棒道」で、武田信玄が立ち寄って休んだ所らしい。

 


樹木に囲まれた公園から凄い水音が聴こえて来た。

 


桑の実だよ♪

 


歩けばクルミに当たるというくらい多い!

 


1・秋を告げるコスモス。2・シャスターデージー。3・キバナノヤマオダマキ。4・キバナヤグルマギク

4・山小屋氏よりオウゴンヤグルマギクとの訂正あり。再度検索するとキバナヤグルマギクとも言うとある。調べて頂き感謝です

 

 

 

花の名前を間違えているかも知れません。次回も登場するので、重ねてご指摘宜しくお願いのほどを

湧水を見て再び甲斐小泉へ引き返し、小淵沢まで戻ります。次回のお楽しみにします~

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草原に響くホーミー♪ | トップ | 小海線に乗って~2 »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (wingtom)
2017-07-07 00:52:31
平山郁夫は
広島県瀬戸田町(現・尾道市)生まれ
広島はもちろん
岡山や山陰地方に数多く出かけています。
故郷の瀬戸田町に平山郁夫美術館があります。
一度入ったことがあります。
シルクロードの作品は有名ですね。

たたら侍のポスターが
貼ってありました。
撮影したと思ったのですがなかったです。
もう上映は終わっているのですか?
Unknown (ローリングウエスト)
2017-07-07 05:58:13
平山美術館行ってみたい!梅雨の晴れ間に富士山が見られるなんて幸せですネ~!九州は豪雨水害で大変なことになっていますね!その数日前は故郷・柏崎も豪雨被害にやられました。どうして毎年日本は地震・噴火・台風・豪雨などの大災害に見舞われるんでしょうね~!
経験したことのない豪雨 (地理佐渡..)
2017-07-07 06:44:35
おはようございます。

まさにそんな言葉がここしばらく飛び交いましたね。
越後にいますとやはり震災のあった2004年の
7.13水害を思い出します。
ザァ~ッという振り方じゃ無く、ゴォ~ッと来るの
が印象です。そしてちょっとやんじゃ又ゴォ~ッ。
たぶん九州北部もそうじゃないかと。

さて、小海線の旅。こりゃ気持ちよいでしょう
ねぇ。電車の旅なんて久しくしていないですねぇ。
羨ましい風景でした。写真データのことは悔やま
れますねぇ。

平山美術館 ()
2017-07-07 17:00:05
こんにちは。
今度は平山美術館でしたか!
甲斐小泉にこう云う美術館があったとは知りませんでした。

一時平山郁夫に夢中になったことがありまして、
本を読み漁り、遂には玄蔵の法師と平山郁夫の辿ったシルクロードに行きました。
(極一部でしたが)あの頃は元気で歩けたんです。
勿論薬師寺三蔵院伽藍でも見てきました。
言葉にならないほど素晴らしかったです!
だんだんさんのブログを拝見してから
久し振りにグーグルして、シルクロードの余韻に浸っております。
Unknown (山小屋)
2017-07-07 17:26:54
随分遠くまで平山郁夫さんに会いに行かれたのですね。
小淵沢までなら各駅停車の旅のほうが情緒があったのでは
ないでしょうか?

塩山を過ぎると左手に鳳凰三山や甲斐駒がみえてきます。
八ヶ岳は左になったり、右になったりと忙しく入れ替わります。
韮崎からは茅ヶ岳が右手にみえます。

花の写真で4番はイエローサルタン、別名:キバナニオイ
ヤグルマと呼ばれています。
ヤグルマギクとはまったく違う花です。

Unknown (チョコママ)
2017-07-07 17:38:10
しまなみ海道にある平山郁夫美術館に行ったことがあります。
シルクロードは代表的な絵ですよね。
出雲路の絵も見ました♪
家族で行った旅行を思い出しました。^^*
こんばんは。 (Minoru)
2017-07-07 20:11:17
 とてもハイブローな生活ですね。最近は絵画を見に行った事が有りません。平山郁夫さんの絵画は素敵ですね。
こんばんは! (維真尽(^^♪)
2017-07-07 21:18:33

出雲路古代幻想!
~神話の国
どんなイメージで
描かれてるんだろう 

みたいなぁ (=^・^=)



Unknown (ひーちゃん)
2017-07-07 21:34:00
平山郁夫の出雲路に会いに
はるばるとお出かけだったのですね
こんな旅もまた楽しいですね
こちらでは瀬戸田に美術館があるので
何度か行きました
出雲路はみたことがありません
ついでに三分一湧水に行かれて
色々な山野草にあえてよかったですね
ヤグルマギクはヤグルマソウとはあまりに違っていて
覚えていますが ちょっと違うようですね
おはようございます。 (のんのん)
2017-07-08 06:05:04
何年か前に小海線に乗り美術館があることを
気が付き私も行ってきました。
砂漠のラクダが好きですが
今回は出雲路とか入場者も多くなく
素敵な美術館だったでしょう。
到着したら開館前!三分の一湧水も名前に興味あり美術館に入場前に行ってきました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事