kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

帰郷・関西から山陰へ Ⅳ

2016-09-28 | Weblog


宍道湖の夕日(シンボルの嫁が島)  ネット引用

 

しつこいけれど、夕日に染まる県立美術館をネットから引っ張り出してみました。

 

     
ロビーと屋根に射し込む夕日

 


ガラス張りの美術館に宍道湖が映る

 

★最終日

午後になりました。もう1ヵ所夫が希望したのは、横田の「たたらと刀剣館」 上質の玉鋼の産地であります。

しかし飛行機の時間が心配で、安来市でも同様の見学が出来る「和鋼博物館」に変更しました。

私は以前見学して案内は任せてね~と、鈍行電車で安来節のふるさとへ向かいます。

安来駅から徒歩で20分です。安来港沿いに順調に進みました。中海は広いねぇなんて言いながら

 


安来港と中海

 

博物館は休館日でありました! 曜日を間違えてしまったがねー

 


恨めしや~

 

名だたる交通不便な所で、バスもタクシーもありゃしない。トホホ状態で駅まで歩いて戻りましたんです。

この往復が夫を疲れさせてしまいました。気の向くままに散歩はするけれど、無駄足踏むのは嫌いな方。

徐々に機嫌が悪くなってきた  ついでに時間もたんまり空いて、さてどうしましょう・・・

叔母さんの家にもう一度寄って寝転びたいと仰る。また松江に引き返してお邪魔したくないわと一蹴!

結局米子の街探訪をすることにしました。米子下町巡りとかのパンフ片手に、また歩かせてしまったのでした。

古いお店が残る通りで、私は結構面白かったんですがあの方は・・・

 


駄菓子屋の屋根。中は天井まで商品が並んでいました。

 


合名会社の看板。現在は事務所になっている。

 

他にも見所があり見たかったけれど、これ以上連れまわすのは心苦しくて止めました。

暑くてカキ氷のお店を見つけた時はホッとしたけん。てんこ盛りのパフェが凄く美味しかった♪

ご夫婦経営でフレンドリーな会話を楽しんで、彼も人心地ついた様子でした。

夕刻になりましたがまだまだ最終便には時間があります。米子駅前で最後の食事処を物色。

海の幸を食べたいね~と探して、ありました、ありました。

 


隠岐の島直送に惹かれてここが良い~♪

 

 


握りはもちろんだけど、久し振りに美味しいサンマを食べた 

 

境港が近くて新鮮な魚を堪能。魚が食べたくてお酒を控えたほど・・・

満腹を抱えてあとは空港へ行くだけです。ローカルな鬼太郎電車に乗りました。

ゲゲゲのアニメだらけの車内です。 すでに外は真っ暗になりました。

渡り廊下から空港に到着。もはや精根尽きた夫は、ひたすら休息のお時間。

妻は数少ないお店を巡ってとっても元気(笑)

そして留めにやってくれました。搭乗検査場で彼のバッグがピーピー鳴って アーミーナイフでした。

預け荷物の手続きをすればOKですが、あいにくカートも機内持ち込みにしたのです。

検査官との応酬が続いて「もういい! 没収なんだな!」の捨て台詞。

後続がつっかえるほど時間をとっての結末でございました

飛行機で世界中を飛び回ったのは、はるか昔だったのです。その後テロ防止で厳しくなったんですよ、お父さん。

 

夫婦の本音も出て面白き旅路でした。両家の安否も確認出来ました。

来年は、義弟の三回忌と義母の七回忌をまとめてすることにしました。

長々と続けた帰郷のオハナシ、お読みくださってありがとうございました。

 

 

 

 

コメント (37)