kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

ハイキング仲間の記念撮影

2018-05-22 | Weblog

 

雑然とした庭の風景  5/21

 

若い頃から少数で山歩きしていた面々が、どんどん膨れ上がって出来たハイキング同好会

海外&日本の山を歩いてきた親分と、自然観察の妙を教えてくれる姉御夫婦が頼りになるのです♪

メンバーの夫婦が経営する喫茶店の名前をもらって「えごの樹ハイキング」と名付けました。

2015年には十周年を迎えました。男性陣の喜寿・77歳」を祝う記念日でもありました。

発足時に登った青梅の山を歩いてから、メンバーのお兄さんが営む寿司屋で大宴会

 


2015/10月。雷電山に18名が登り、寿司屋へ直行は3名。

 


夫も同年で仲間入り。
フラダンサーのメンバーからレイをかけられて幸せな各々なり♪

 

あれから3年、幸い大病する人はいないけれど、足腰弱った現在なのです。

元気なうちにと記念写真を撮り オジサマたちの傘寿・80歳」の祝いも兼ねました。

喜寿の女性が2人いる筈だけど、祝いごとは堪忍よというタイプだからパス

男性の実家が渋谷駅すぐの一等地で写真館をしており、有名人も来るのです。

撮影は15名の大人数で、半数毎に撮ってから合成して1枚にまとめます。

全員出席は叶いませんでしたが、素敵な出来映えでした(^^♪

全体写真以外に、個人別に切り取った顔写真も添えてくれるそうで、遺影に使えるね~♪

 

 PCで合成した画面


ランチタイムまで時間が余り、駅近に出来た「渋谷ヒカリエ」の展望台へ行って来ました。

東急文化会館跡地に出来た複合商業施設で、182.5mの高さ。展望台はヒカリエホール9Fと11Fにあります。

 

高みが怖い、下半身がムズムズする!


傘寿の男性3人は渋谷の学校で同級生。ジオラマで実家を探してた。


ビルの谷間にうっすら富士山も見えました。デジカメでは無理!


ジオラマ

 

渋谷界隈を初めて上から眺めたわ~混沌としたビル街に圧倒されました!

待ちかねたランチのお店に向かいました。乾杯してご馳走をいただきました♪

 

 

 

 

上品な北京料理ですがお店の名前を忘れた、おいしゅうございました

その後、別口のコーヒータイムは失礼して帰宅しました。

 

来月の予定も決まりました。膝が痛い自分も負けずに参加したいです。

 

 

 

コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

高尾の横道に逸れて~

2018-05-16 | Weblog


高尾・西山峠付近(葉裏側が透けて見える♬)  5/15

 

気温急上昇の日、相変わらず高尾山へ向かう人の列が続いていました。

 

高尾山口

混雑を避けて友人と回れ右して、甲州街道沿いをグリーンセンターまで歩くことにしました。

が・・・間違える筈の無い道路を間違えて徘徊! 取り敢えず、途中の景色を載せて気晴らし(^^;

 

       
高尾圏央道                      この鳥は?

 

 


アブラナ
ジャケツイバラ


国道沿いは桑の樹木の並木道。実が沢山生っていた。

 

 

都民も良く知る「うかい竹亭」「うかい鳥山」の料亭がありまして、竹亭横の道から入口があったのに・・・

分岐を鳥山の方へ曲がってしまった! 多分途中で合流するよね~なんて、呑気なお婆さんたち。

やがてうかい鳥山の豪壮な構えが見えてきました。あれ、以前はこんな所通ったかしらと疑問符が浮かんだけど。

 

   
行き過ぎて地図を見直したら、合流するどころか道逸れてるじゃないの~慌てて逆戻り。

 

国道へ戻るくらいなら、途中から行ける「西山峠」へ登ろうと気を取り直して出発。

そこから下るとグリーンセンターに着くのです。お昼は用意したけど山登りしないので軽装でした。

 

山道へ入ったものの、鬱蒼として人っ子一人行き会わないよ。もう13:00だよ

明るい場所で草を敷いてお弁当タイム。充分に森林浴が出来ました。

あっけなくハイキングを中止して、車が突っ走る街道を高尾山口まで帰りました。

 


エゴの樹


白い花はオオアマナ。黄色はオオキンケイギク。右はホホベニエニシダ

ヘビイチゴクサイチゴ

「赤字は植物博士による訂正です」


近場で迷っては、まだまだ修行が足りません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

日曜日に長女と女子孫が来て、食事に誘ってくれました。

地元に一軒しかないロシア料理のお店は、丁寧な献立と美味しさに二度目のリクエスト♪

 

 

肝心の献立はお喋りに夢中でアップ無し! いつもこんな調子なのよね。

女子孫はカリキュラムの進め方などで忙しく、久し振りに顔を見せてくれました。


ロシアではなくベルギー製の黒ビールを選んで、とても美味しかった。

七人の小人が作ったビールとの伝説で「ラ・シュフ」 瓶が可愛くて頂いてきました。


肩組んでご満悦の祖父。

 

 

 

 

  

 

 

コメント (41)
この記事をはてなブックマークに追加

連休疲れも吹き飛んで!

2018-05-08 | Weblog


ホオノキ(朴ノ木)  昭和記念公園  5/4

 

天気に恵まれたゴールデンウイーク。3泊4日を我が家で過ごした兄弟孫は、満足の体で帰って行った。

1ヶ月前に予約した公園の「BBQ広場」で7人で賑やかに飲み食い

その後は「子どもの森」でも遊んで帰宅。最終日はお弁当作って「狭山公園」でアドベンチャー

放ったらかしても良い年頃で、大人は敷物に横になってるうちにスヤスヤ~

 


貸し出しのテーブル、椅子、BBQの道具は各自が運んで場所を選ぶ。

 


昼前には立錐の余地なく満杯!

 


残り火でマシュマロを焼いて、リッツクラッカーに挟んで食べる。これが美味しいんだわ♪

 

 


トチノキ

 

月末の運動会には応援に行けるかな。小学校が終わるまでは、発表会も見学したいと思っている。

今まで、運動会の昼食タイムは家族と一緒だったが、教室で済ますことになったらしい・・・

 

 

 

連休中パニックになる事態が2つ!!


突然スマホが真っ暗になり壊れた! 

全ての情報を入れていたためショップに飛び込んで機種替え。バックアップを忘れたアプリがあった。

復元に手間取ってる最中。この際不要な項目は削除する方向でいくつもり。


連休明けに原稿の直しをするつもりが、やいのやいのと督促がきた!

そんなん、孫の相手で成すすべがないじゃないですか。結局夜なべ仕事で書いて電子媒体で送付。

自分の一遍を待って冊子になると言われては、頑張るしかない。

今朝、読み終えたとの返事をいただいた。校正割り付けを済ませたら、最後の確認するようにとのお達しだ。

大変なことに首を突っ込んだものだ。経験豊かな方ばかりで何だか恐ろしくなってきた。

 

 

 

 

 

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

シャーレ―ポピーは三分咲き on 花の丘

2018-04-27 | Weblog


昭和記念公園・砂川口の池  4/27

 

あと1時間で閉園だよ~のお知らせが流れる頃(4時過ぎ) 北口から公園に飛び込んだ!

ポピーの咲き具合を見たかった。まだ固い蕾が多く5月中旬が見頃だろう。

ついでに「こもれびの里」周辺を観察。花が萌えるを実感する今日この頃♪

 


ハクウンボク 

ハクウンボク

ハクウンボクとエゴノキは間違えやすい樹木。
ハクウンボクは葉が大きく、花が枝にしがみ付くように密集して咲く。エゴノキは葉が小さく、花が長くぶら下がって咲く。

 

   
 ハクウンボクは枝から直接               エゴノキはぶら下がって咲く

 

大木のヒトツバタゴも迎えてくれた。なんじゃもんじゃだね♪

 

 

 


シャーレ―ポピー。大型連休にはもっと増えるから、乞うご期待。

 


砂川地区の農家さんが作物を育てて収穫のイベントを開催している。

元米軍立川飛行場の滑走路延長計画は、砂川住民の必死の抵抗で土地が守られた(砂川闘争)

公園を出た北に広がる農地は滑走路のように細長く、緑豊かな畑になっている。

 


こちらは、こもれびの里の麦畑

 


ヤグルマギクと綿毛

 


アヤメ

 


マリーボールドはキンセンカに訂正

 

 左下はハルジオン

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 6月開催のコンサート練習は余すところ1カ月。

地元のフィルハーモニー管弦楽団とソリスト、そして女子中学生たちが加わり佳境に入っている。

メサイアの時は約半数の人数だったが、今年は全楽団員が出場で大迫力 合唱団は後ろへ追いやられる始末

 

 

 

交響楽だけでも良いと思える出来映え・・・聞惚れてしまって出だし忘れる按配なり!

LP版レコードを擦り切れるほど聴いた当時を想い出して、情景を浮かべながらのお稽古中。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

また頭を悩まして・・・

2018-04-21 | Weblog


 
こんな野草も・・・


 

上・シャガ    下・イモカタバミ

雑草の合い間から顔を覗かせている花々。広がるので写真撮ってから周囲を減らした。

 

先月中に取り敢えず提出した作文もどき。御大将から数々のチェック直しがきた。

全体はこれで良い。要は急ぎ過ぎて雑になってると・・・見事に見透かされた!

弁明はせずに今月末に出しますと返答。さぁ大変! 書けるんかい、今月中に~

何とか約束を果たさないと人柄を疑われる。家事は放っておくから宜しく~


その前に、10個の塊の始末があったのを忘れていた🍊🍊

面倒臭いなぁ~と思いつつ・・・恒例の夏みかんマーマレード完成。

手を動かすうちに何やら楽しくなってくるから不思議

果実のジャムをつくるようになったきっかけは、料理の酢の物は好きなのに、柑橘の酸っぱさが大の苦手!

砂糖で煮ればOKと、果実を見ればせっせとジャムにするお婆さんになっちゃった。

 


1・皮の裏の白い綿をこそげて千切り。沸騰させて捨てるを3回繰り返す。
2・実をほぐす。ペクチン用に種と薄皮を茶袋に入れておく。

3・皮、実、砂糖、茶袋、水を鍋に入れ混ぜながら40分煮る。砂糖は3回に分けて投入。

 

実を少し残して大瓶に入れ、デザートの蜂蜜漬けにする🍊

プレゼントした後、空き瓶を返しにくる習慣になって、作らずにはいられない状況が生まれた。

いつまで続けるられるかは分からないけど・・・

 

多摩地域の養蜂部の生徒が収集した100%蜂蜜を購入。
貴重な蜜をそ~っとパンに塗っている

 

 

 

 

 

 

コメント (46)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良・吉野千本桜&金峯山寺蔵王堂拝観

2018-04-16 | Weblog


経路は印 印は拝観した神社  4/12

 

初のバスツアー経験は随分昔のこと。2,300円で身延山久遠寺の枝垂れ桜でした。でも見事に散って後の祭り!

感心したのは、代替コースにスライドした会社の対応の早さ。当時は知らない所でした。

信玄公ゆかりの地や武田神社を案内されて、良い想い出になりました♪

その後は娘とのバス旅以外は滅多にしないけれど、今回は初めて行くので飛び付いた桜三昧コース。

案の定景色は新緑に変わって、3時間の自由散策も消化不良は否めませんでした。

 

★2日目

ホテルのバイキング朝食を済ませ、高速道を奈良へ向います。吉野山見物と金峯山寺のご開帳拝観。

山の全体図を知らずに行き、簡単に奥千本まで行けると思ってた4人組。

大いなる勘違いで、ツアーは中千本の蔵王堂で折り返しでした。満開の時なら下千本でも充分でしょうね。

駐車場から登り坂で、七曲坂から見下ろす桜が「下千本」山並みの中に遅咲きの桜がありました。

 

チラホラ桜が残る中を、橋を渡って金峯山寺へ

 


七曲りからの吉野桜


暑くなって傘や帽子で日除け~

金峯山寺・蔵王堂秘仏拝観をします。ご開帳に合わせた「花供懺法会」の行列見物が叶いました。

 


仁王門



蔵王堂

御本尊は金剛蔵王大権現。今から1300有余年前、金峯山山上ヶ岳に役行者が一千日の修行に入り、感得された権現仏。
権現とは権(仮り)に現われるという意味で、本地仏の釈迦如来(過去世)千手観音(現在世)弥勒菩薩(未来世)が権化されたもの。
過去・現在・未来の三世にわたる衆生の救済を誓願して出現された。
また金剛蔵王とは、金剛界と胎蔵界を統べるという意味も表す(wiki参照)


日本最大級の秘仏大迫力の金剛蔵王権現立像(ネット画像より)

役小角(えんのおづぬ)を開祖とする修験道(しゅげんどう)の根本道場。
仁王門〈国宝〉平成の大修理勧進のために、日本最大秘仏・金剛蔵王大権現三尊(重文)が特別公開されている(5/6まで)
御前には、心の内を打ち明け懺悔(ざんげ)する「発露(ほつろ)の間」が設けられている。

 


大名行列(ネット画像引用)

花供懺法会「蔵王権現のご神木・山桜の満開を御本尊に報告する行事」
壱千年の歴史を持つ金峯山寺の伝統法会で、奴行列を先頭に金峯山の鬼、お稚児さん、山伏、僧侶が続く。
行列の最後は管長猊下が乗られた大名籠と続く、10万石の格式を持った行列が行われる。

階段を上った行列を境内から観覧しました。現れた順番の写真で~す。

 

  
奴さんー赤鬼、青鬼、黒鬼

   
山伏のほら貝の音と共に僧侶~最後は管長さまのお出まし。

 

花供養の祭を満喫して、時間はたっぷりだからと次々と門前店を覗き神社巡りをして・・・駐車場から遠のいた

  
                  勝手神社跡地               桜本坊入口

 


桜本坊(ご開帳あり)


あらぬ方向に回ってしまい、気付くと集合時間に遅刻しそうで、ショートカットの道を下りました。

バス乗り場があれども、観光駐車場に寄らないと言われ、それっと速足で~

元バレーボール部員・・・間に合いました。早速膝が痛くなりました

バスで爆睡するうちに、再び大阪伊丹空港へ着いたのでした。


 

次回に満開の桜を見ようと、時期を見据えてリベンジを誓ったのでありました。

 

 



 

 

 

 

コメント (33)
この記事をはてなブックマークに追加

京都仁和寺の御室桜 & 吉野千本桜

2018-04-13 | Weblog


真言宗御室派総本山仁和寺・金堂  4/11

 

初めての桜鑑賞旅をワクワクしながら待っておりました。特に仁和寺(にんな寺)の御室桜(おむろ桜)!

でも全国的にあっという間に満開となって、桜三昧は諦めの境地に・・・

奇しくも先月国立博物館で見た「御室派・仁和寺のみほとけ」の本場にお詣り出来ました。

記事はこちらでございます上野・国立博物館

遅咲きと言われる御室桜も、行く前の検索で散ったのを知りました。が、ぎりぎりセーフの数本もあり。

誰にも文句言えず心を入れ替えて、同行者4人の2日間を楽しんできました。

時節柄寺社の特別拝観が多く、2日目に「金峯山寺(きんぷせんじ)日本最大秘仏本尊ご開帳」が叶いました。

 

 

★1日目

羽田~伊丹空港着。ツアーバスで京都へ向かう。

同じツアーバスが三台も続きました。上賀茂神社天龍寺仁和寺 全てユネスコの世界文化遺産。

 


上賀茂神社
二つの円錐形は「立砂」 神様が降臨された憑代に因む「清めの砂」の始まりという。

 

京都最古の歴史を有する一社。かつてこの地を支配していた古代氏族「賀茂氏」氏神を祀る神社として、
賀茂御祖神社(下鴨神社)とともに賀茂神社
(賀茂社)と総称される(wik引用)

 

  

  
 珍しい盆栽や植物が多々あり(下右は捻木・ネジキ)     

                                           


天龍寺
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である。
足利将軍家後醍醐天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位とされてきた(wik引用)

 法堂は雲龍図がありますが、チケットを貰って庭だけを見て回ります。


     
   庭園前の曹源池     一本の桃の木に「白、紅、斑入り、絞り、赤」の花が咲く。              freind,s       

  
    シャクナゲ

  
       ミツバツツジ             竹林の道             野宮(ののみや)神社

 

渡月橋     

竹林のそばを電車が走ってるんですね。いつか乗りた~い

アジアその他海外からの客が圧倒的だね~ よほど着物が良いらしく和服が目立ってます。

竹林の小路は、静かな雰囲気がガラリと変わり騒々しいったら! 早々に引き上げました。

渡月橋は渡らずに見るだけでバスに乗車。いよいよ仁和寺へ期待が高まります。

 

京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇
皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された。
明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。
御室は桜の名所としても知られ、春の桜と秋の紅葉の時期は多くの参拝者で賑わう(wik引用)

 


御室桜はが低いのが特徴(葉桜の風情もまた佳きかな♪)

 

 


正面と横から見た五重塔。1,844年創設で大日如来を祀ってある。

 

      
 熟女避け 散りゆく御室の さくら花      石楠花に 見染められたか ベレー帽

愚にもつかぬ句であります。ちょっと遊んだだけです

まだ時間はたっぷりあるけど、もう夕食食べるらしい。まだ4時だよ!

早過ぎる~とブツブツ・・・ツアー客も外人客も一緒で、同時刻の食事風景でした。

 

  

 

13,000歩でした。喉が渇いたからビールが美味しいわ~ 

夜が長いから二次会必至です。コンビニで赤と白ワインを買い込み、持参のおつまみで改めて乾杯

延々お喋りして、ジャンケンで二部屋に分かれてお休みなさ~い

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

ヨモギ摘み

2018-04-06 | Weblog


ダム百選・狭山湖 4/5

 

冬の狭山湖は冠雪の富士山が現れて、夕日と山と湖を撮影する人が集まるビュースポットです~

思い立って狭山湖へ車を走らせました。富士山は春霞で見えなくなったけど、花が沢山咲いています。

風が吹いて少し涼しい。湖は水鳥も見えず波もなくひっそり~

湖の奥のトトロの森近くまで散歩して、排ガスの心配の無い林でヨモギ摘みました。

 

 

  
 ハナミズキ              ミツバツツジ             サクラ

 


1日本タンポポ 2カラスノエンドウ 3オオバコ?? 4ミヤコグサ
3・ヘラオオバコ

 

 

   
 ノイチゴ(クサイチゴ)                カタバミ                ツツジ

 赤文字は山小屋氏の訂正です)


鋏持参で摘んだヨモギはこんだけ~雑草も結構入っていて、選り分けるのが大変!

申し訳程度のツクシも、袴を取って味噌汁に浮かべて食べたけん

いつもはみじんに叩き切るヨモギを、ミキサーにしたら緑色が何故か綺麗に出なかった

味は同じよ~と、強引に餡子を乗せて食べました。

 


1洗う前に綺麗に選り分ける。 2ざっとみじん切りにして、湯冷ましをかけてミキサーに。 
上新粉と混ぜて捏ねて丸めて3浮き上がって3分ほど茹でる。

 

松江の番茶が我が家の定番。

 

実家の近くに住む次兄は81歳。去年9月に緊急入院した時は、見舞いが叶いましたが。

その後数回入退院した後、現在デイサービスに週4回行ってます。

アルツハイマー病が進行中で本人は自覚なし。義姉と手紙と電話でのやり取りで様子を聞いています。

妹を認識出来るうちに行かなければと思いつつ・・・ショックで逢うのが怖い!

ザワザワする気持ちを抱えながら、健康食などを送っている現状。


三浦屋でケールを見つけました。以前山梨の道の駅で買って、炒め物にしたら美味しかったんです♪

ネット調べてスムージーにしてみました。ケールの匂いが効き目ありそうで、すんなり飲めました。

 


アボガド&バナナ&蜂蜜&天然水をミキサーで攪拌。

カルシューム・ビタミンC・食物繊維・βカロチンetc・・・

成分がたんまり詰まっていて、青汁の原料でもあるらしいですね。

飲んでくれるかは未知数だけど送ります。団子は冷めると固くなるので、餡子と別々にしてね。

食べる時に蒸すかレンジで温めるのが面倒だけど、珍しがってくれるかも~


手紙に何と書こうか迷う妹・・・

 

 

 

 

 

 

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

cocobunji プラザホール

2018-04-04 | Weblog


ユキノシタ&スミレ   4/3

 

ユキノシタとシャガが徐々に縄張りを広げてきた。雑草も隙間を埋めつつある。

俳句ではユキノシタを「鴨足草」と書いて季語とするそうだ。

ブルームーン 仰いで卯月を 迎えけり

駄句でごじゃる次のブルームーンは2020,10月に見られるそうだ。

主さんは同期の友と記念公園にお出かけなり。昨日行った方が充分OK🌸だそうで、楽しんでいるだろう。


新ビルのこけら落としに歌ってきた。多目的ホールで250席の席が満杯。

今月から凄い厚さの新曲楽譜が配られて、またパニック!

 


見た目は大都会!
4Fまでが商業施設。上階から全て不動産の売り物ですでに入居した家もある。

 

 

混声合唱団は人数が多く、ステージに上がり切らずフロアにも並んだ。

階上の広場から街が見渡せて気持ちは良い。しかし、カッコつけてスマートにし過ぎの感あり。

トイレ・控室などのパネルが小さくて探し回ってしまった。不親切な案内板である!

開店したら一度はウインドーショッピングするかな。でもそのあとは・・・?

 

 

 

 

 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

枝垂れ桜&殿ヶ谷戸庭園

2018-04-02 | Weblog


殿ヶ谷戸庭園   4/1

 

近所の「枝垂れ桜隠れ名所」と勝手に名付けている農家さんの畑に、友だちがやって来た。

FBに載せた画像を見て、千葉からはるばる遠征してね。まだ満開で良かったわ!

連れ合いさんに突然逝かれてしまって、残されたカメラを形見に愛好会に入っている。

最寄り駅に車でお迎えして、まずは葉っぱになっちゃった大学通りの桜を見物

自宅近くの農家へ移動して「好きなだけ見て撮ってね」 期待に違わずだったらしく光栄の至り♪

美しいに違いない画像を、送信してくれることになっている。

 


3/27に撮影。あれから満開になりピンク色が濃くなっている。

 

次に案内したのは「都立殿ヶ谷戸公園」 

大正2年(1913年)に作られた別荘で、昭和4年に三菱財閥の岩崎家の所有となる、
和洋折衷の回廊式庭園。昭和49年に東京都が購入し、都立公園として有料開放している。
平成23年9月には、国指定名勝に選ばれた。「次郎弁天の池」は東京都名湧水57選にも選ばれている。

 

駅ビルで地元の野菜を蒸した食事をする。

 


庭園から見る駅(シティタワー国分寺・ザ・ツイン)

開館した新ホール「cocobunji・プラザホール」にて、こけら落とし事業開催中。



湧水が湧く「次郎弁天池」


 

 


1・シャガ  2・ヒトリシズカ  3・イチリンソウ  4・イカリソウ

 


キクザキイチゲ

 

 


右の芽吹きはエビネかな?

 

 

思いがけず山野草に逢えて幸せだった♪

彼女は身近に自然が少ないと嘆くので、秋には紅葉名所を探す約束をした

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加