出羽景観都邑会

街と田園が調和する形を、出羽の国から、探して、磨いて、創って、伝えていきたい。【でわとゆう会】080101出発

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

十日町三方よし

2008-02-10 21:59:17 | Weblog
 近江から、NPO法人「三方よし研究所」の方々が訪ねて来られた。「売り手よし、買い手よし、世間よし」という近江商人の理念が知られている。特に、現代に通じる「世間よし」という社会貢献の考え方が、封建社会である江戸時代から商法の軸として掲げられていたことには敬服するしかありません。
 江戸期の山形は、殿様の国替えが多くしっかりしていなかったため、近江商人が中心になって「自由都市」のような民主導の自治を確立していたようであり、これは現代の打開策の糸口に通じるのではないだろうか。
 また、現代では決して良い意味ではとられにくい「薄利多売」を是とする合理的な考えは、美しく潔いさえと感じられる。
 近江の方々と山形の近江商人の流れをたどってみた。十日町の商家(上の写真)は奥行き深く、今でも5棟の蔵が静かに佇んでいる。漆喰壁の美しさは、まさに、西洋の大理石以上の白亜の御殿です。これらを街の財産として共有できないでしょうか。
 また、山形の近江商人についての貴重な話をしてくださった井筒屋さんのお宅(下の写真)も造り酒屋の名残が見られます。銘柄は「一品」と「程よし」だったそうです。「一品」は、煙突に刻まれて残っており、「程よし」は「中庸」(偏りなし)に関わり、「三方よし」にも繋がるような含みのある素敵な名前だと感じ入りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 用と美の間(御殿堰WS) | トップ | 旧羽州街道の通り(三日町) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めて拝見 (探険君)
2008-02-11 18:13:40
連休の3日五堰・近江商人・かせ鳥(好天で何より)とすばらしいですね。 今日のお酒は最高でしょうね 
お世話様です。
今後とも宜しくお願いいたします。

ブログ  すごいですね。  探険君
また来てください (kumasama_001)
2008-02-13 23:23:10
今年のカセ鳥は良い天気でした。
おかげで、少しの遠慮もなく水をかけられました。
次は写真を掲載します。来年いかがですか?
ありがとう。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事