「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

危険はらんだ「仲人役」

2019-06-14 09:39:56 | 世界情勢

【今日の写真】
今日の写真は、我が家の裏の竹藪の裾に生えている「野ばら」です。成長が早く、棘に守られた言うならば「厄介者」です。
花には虫たちの「吸蜜活動」で賑わっています。
♪「童は見たり、野中のバラ」ですかね。


身近な話題】
今日はお天気が崩れるとの予報です。リビングから見ると「夏椿」が一輪咲いていました。今年の「一番花」です。
明日からほぼ毎日開花することでしょう。
体調・体重77.5kg(前日比-100g)体脂肪率24.7P(前日比-0.1P)


【目に止まった話題】テレ朝 news6/14(金) 8:01配信
『ハメネイ師「トランプ氏にメッセージ送る価値ない」』
 イランの最高指導者・ハメネイ師は安倍総理大臣との会談冒頭で、アメリカとの交渉を拒否する考えを伝えました。

 イラン最高指導者・ハメネイ師:「トランプ大統領のメッセージに対して何も返事をすることはない。あなた(安倍総理)とは対話を行うが、トランプ大統領には何もメッセージはない。トランプ大統領にはメッセージを送る価値がない」
 ハメネイ師はこのように述べ、アメリカとの交渉を拒否する考えを改めて示しました。核開発については「宗教的に禁じられており、核兵器を製造も保有もしない」としつつも「もし我々が開発しようとした場合、アメリカは何もできない」とアメリカを牽制(けんせい)しました。日本に対しても「イランとの関係を発展させるためには自分たちの断固たる決意を示すべきだ」との注文を付けています。


【私見】*容易ではない「仲人役」です。「離縁状」を突き付けているトランプ米大統領。それを仲持しようという大冒険、早々たやすくことは運ばない、かえって石つぶてが飛んできそうな危うさを抱えている事柄でしょう。「やけど」しないように・・・。

コメント   この記事についてブログを書く
« 世界各地で民主化デモ。 | トップ | 世界的問題の高齢者ドライバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界情勢」カテゴリの最新記事