「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

長崎原爆の日

2020-08-09 14:03:58 | 戦争


【今日の写真】
今日の写真は、山の端に浮かぶ雲の様子です。今から数日前の空の様子です。
規格の山に植わっている杉の梢が少し覗いています。今日は積乱雲がひろがっています。


【身近な話題】>
今日は、午前中買い物にでかけたのですが、駐車場も結構な混み具合、他所から来られた方たちでしょう「コロナ」関係ないという具合でした。そんなに気温もかわらないのですがね。今日先ほどソフトバンクから、注文していた「スマホ」が届きました、セットアップにやや不安を感じながら、今は「充電中」です。
体調は体重77.6 KG[前日比±0G]体脂肪率30.9[前日比+0.7P]


【目に止まった話題】8/9(日) 8:30神戸新聞NEXT配信
『人焼けた異臭、忘れがたく 長崎で入市被爆した男性』
 長崎はきょう9日、75回目の原爆忌を迎える。兵庫県太子町に暮らす今岡淑己(ひでみ)さん(82)は長崎出身。原爆投下翌日の10日、親戚を探すために爆心地付近を訪れ、入市被爆した。当時は7歳だったが、その記憶は生々しい。証言に耳を澄ませた。
 今岡さんは1937年、長崎県西部の漁村、式見村(現・長崎市式見町)に生まれた。

 あの日は兄やその友人と波止場で遊んでいた。午前11時ごろ、突然、紫色の稲光が辺り一面を覆い、思わず目と耳をふさいだ。そばにあったドラム缶の陰に隠れたが、警防団に「何しとるんじゃー」と避難するよう怒鳴られ、急いで自宅近くの防空壕(ごう)へ逃げ込んだ。その晩は山林で一夜を明かした。


【私見】*今日は、長崎に原子爆弾が投下された日から75年の日です。長崎市長の「平和宣言」は、日本国民奈良誰しも感動し賛同するスピーチでした。
「安倍総理」も「アベノーマスク」で臨んでいましたが、「核廃絶」には無関心のようでした。世界で唯一の「被爆国」の首相がこんなことで、いいのでしょうかね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 台風5号の発生か | トップ | 「熱中症」にご用心。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戦争」カテゴリの最新記事