「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

裁判員裁判。

2019-05-16 09:07:39 | 社会

【今日の写真】
我が家の庭の鉢植えで咲いている「石楠花」の白花です。
樹勢が衰弱していたので、3月下旬に植替えしたので、今年の開花はあきらめていたのです。
それが、数はすくないのですが、しっかりと開花迄成長してくれました。「ひ弱な子はかわいい」という故事も実感です。


【身近な出来事と体調】
昨日は、「ムカデ」等の害虫駆除の薬品を家の周囲に散布しました。
FB仲間の方からも「お宅にも出ますか」と言われました。実際にはそれほどでもないのですが、寝ていて足元で、動きを感じるとどきっとします。実際には未体験ですがね。
体調・体重77.3kg(前日比-100g)体脂肪率25.5P(前日比-0.4P)


【目に止まった話題】テレ朝 news5/16(木) 5:54配信
『裁判員制度来週で10年 最高裁長官「おおむね順調」』
 裁判員制度が始まってから来週で10年を迎えるにあたり、大谷直人最高裁長官が会見して「おおむね順調に歩み続けている」と述べました。
 大谷直人最高裁長官:「裁判員の視点・感覚を反映し、より多角的で深みのある判断が示されるようになるなど、この10年間、戦後最大の刑事司法の改革がおおむね順調に歩み続けていることに大きな感慨を覚えます」
 裁判員裁判ではこれまでに約1万2000件が審理され、9万人もの市民が参加していて、大谷長官は「国民の理解と協力のたまもの」と話しました。
一方で、候補者の辞退率の上昇が課題との認識を示しています。また、最高裁は裁判員制度の運用状況のまとめを公表しました。
裁判員を「良い経験と感じた」と答えた人は制度開始から高い水準で推移していて、去年は約97%でした。


【私見】*でしょうか? しかし、地元紙の一面トップに「辞退率67%」という見出しが掲載されている。それはそうでしょう、半ば強制的な民間人を指名するのですから、無謀と言えば無謀ですね。まあ、私は年齢制限で心配することはないのですがね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 人間としての資質。 | トップ | ドローン対策法。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事