「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

老人ホームでの孤独死。

2019-06-01 07:37:35 | 社会

【今日の写真】
今日の写真は、「白あやめ」手入れという手入れは全く施していないのですが、毎年、きれいに咲いてくれます。ただ残念なことには花の命が短いということです。ただ沢山蕾が立つので、花期としては長く楽しめることになります。


【身近な話題】
今朝も、6月に入ったとはいえ、肌寒さは体の芯が震えを覚えるくらいにのこっています。
「郭公」が朝の4時頃から、絶え間なく啼きつづけていました。
3日くらい続けている「草引き」で体に疲労がたまってきました。
今日から「水無月・六月」です。
体調・体重77.8kg(前日比-200g)体脂肪率24.8P(前日比-0.2P)


【目に止まった話題】テレ朝 news5/31(金) 23:30配信
『老人ホームで男性が孤独死 発見に2週間』
 兵庫県明石市の介護付き有料老人ホームで22日、男性(91)が自分の部屋で死亡しているのを職員が発見した。
死後約2週間が経ち、腐敗が進んでいたという。
男性は介護サービスを必要としない契約だったが、今月4日、体調不良を訴えたため家族が「様子を見てほしい」と伝えていた。施設によると、数日後に男性の姿を見かけたことから体調は回復したと判断し、安否確認をしていなかったという。


【私見】*こんなことがあっていいのだろうか? 一口に「老人ホーム」と言ってもいろいろの種別があることもあまり知られていない。世間的には、こんな形式の施設もあるのだということが分かった。それにしても「安否確認」が2週間も放置されていたとなると、何のための老人ホームなのか不可解である。ただの金儲け、蚤の経営なのだろう。

コメント