「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

熊本地震から3年。

2019-04-14 13:57:34 | 震災関係


【今日の写真】
我が家の四天王(四種類)の桜の二番手の「紅枝垂れ桜」です。
ほぼ満開になりました。この木には「山雀」が食事する格好の枝があり、毎朝、「ひまわりの種」をついばんでいます。
花や葉の無い時には良くみえるのですが、これからは花や葉に遮られて、なかなか姿が見えません。


【身近な出来事と体調】
今日も、午後から曇で、ところにより雨の予報が出ています。
未だ、少し袖口が冷たい感じがする気温です。
体調・体重77.4㌔(前日比+100g)体脂肪率26.4P(前日比+0.6P)


【目に止まった話題】4/14(日) 1:32配信 日テレNEWS24
『熊本地震3年 約1万6500人が仮住まい』
震度7を観測した熊本地震から14日で3年。今も約1万6500人が仮住まいでの生活を余儀なくされるなど、生活再建が課題となっている。
熊本地震では、関連死を含め270人が亡くなった。震度7に2度襲われた益城町では、地震から3年がたち、新築の家が増えてきているが、県内外で今も約7300世帯、1万6500人が仮住まいを続けていて、そのうち約200世帯は住まいの再建が難しい状況。
恒久的な住まいとなる災害公営住宅は、先月末時点で完成したのは県全体で3割にとどまっていて、生活再建が進まない要因の一つになっている。
一方、地震で大きな被害を受けた熊本城は修復が進んでいる。大天守は、今年の秋には外観の復旧を終え、天守閣の近くまで行ける特別見学も始まる予定。


【私見】*もう、3年も経つのですね。いまだにあの日債の状況は強く目に残っています。震度7が二度にわたって襲ってきた大地震、いまだにその爪痕が残っているようです。天災の怖さを見た三年前でした。一日も早い復旧をお祈りいたします。

コメント