「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

ips細胞臨床応用報道の疑惑。

2012-10-12 15:48:24 | 社会


【今日の写真】 近所の道端に並んで咲いている「ユウガギク」(優雅菊)です。なるほど石垣に垂れ下がって無数の花をつけた姿は「優雅」で、名前の通りの印象です。この菊も小さいころは「ヨメナ」にも似ているのですが、匂いはやはり「菊」で「ヨメナ」とは違います。
 
【今日のお天気と身の回り】
 今日はすっきりと晴れ上がりました。空は真っ青であちらこちらに筋雲がたなびいています。
庭には「シュウメイギク」と「クリスマスローズ」(こちらは葉だけですか゜)勢いを競っているようです。
マイウエイトは軽装時78.3キロです。体脂肪率計測付きの計量器ですので序に測ってみました、26.2でした。


【不可解】(FNN)
 『iPS臨床応用報道 森口氏の役職などの説明、所属先と食い違い』
フジテレビ系 10月12日(金)13時32分配信
日本人研究者・森口尚史氏が、世界で初めてiPS細胞の臨床応用に成功したと一部メディアが報じたことについて、臨床を「承認」したとされるハーバード大学が、「承認した事実はない」との声明を発表した。
ハーバード大学の客員講師と主張している森口氏は、FNNの取材に対し、「日本では東京大学の講師である」と話しているが、東京大学によると、現在は、東京大学医学部付属病院の特任研究員ではあるものの、講師ではないという。
また森口氏は、東京大学先端科学技術研究センターで、1999年8月から2010年3月まで、知的財産やシステム生物医学などを研究し、客員助教授や研究員などとして勤務していたが、現在は勤めておらず、ウェブサイトからは、11日夜、削除されている。
一方、森口氏は、日本を拠点に研究していると話しているが、複数の再生医療の専門家によると、最近、国内では森口氏の研究成果の報告などは聞いていないという。


 * どうも摩訶不思議なことですね。真偽の程は定かではないのですが。本人が言うような事例があるとすれば、大変な医学的進歩でしょうね。逆に話題に便乗しての発言ならば、許されることではないでしょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ


人気ブログランキングへ


コメント