「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

愛媛の被害。

2018年07月16日 15時05分01秒 | ふるさと


【今日の写真】 
今日の写真は、我が家恒例の玄関アート「アナベルの活け花」です。
この猛暑の中、少しでも涼しげな画像と掲載しました。
地植えしている「アナベル」はますますその球体が成長して「サッカーボール」くらいの大きく大きく育ちました。大人の頭はすでに追い越しています。


【身近な話題と体調】
 今日は、「海の日」ですね。今年の海の日は、洪水で内陸部が水没して「海」のようになっている被災地の皆さんの気持ちを考えると、「海の日だ」とはしゃいでいては恥ずかしいですね。
パソコンも「ヒートアップ」して、アップアップしているようで、席を離れるときは、電源オフに心掛けています。(それがいいのかどうかは不明ですが・・)
 本日のコンディションは、体重が77.6(±0g)、体脂肪は23.8(+1.4P)です。


【豪雨災害】日テレNEWS247/16(月) 12:32配信
『豪雨:愛媛・大量の災害ごみで対応に苦慮』
西日本豪雨で大きな被害が出た愛媛県大洲市では、災害ごみが大量に集まって来ていて市が対応に追われている。

大洲市の災害ごみの集積場では、被災した家屋から出た災害ごみを公民館の敷地内などに集めていたが、受け入れも限界に近づいている。そのため、大洲市では16日、新たに市内のグラウンドに災害ごみの仮置き場を設け、一般からの受け入れと共に一時的に集積していた災害ごみの移動を始めている。
一時集積所には、家電製品や家具など様々な災害ごみが集まっていて、作業員らが分別しながらトラックに積み込んでいた。
また、大洲市では肱川の氾濫で市内のプロパン販売会社の保管していたボンベ約1000本が流出した。すでに900本ほどを回収したが海へと流れ出たものもあり、一部は山口県沖で見つかっていて、第六管区海上保安本部では航行する船舶に注意を呼びかけている。


【私見】*想定外の記録的大雨は西日本各地に膨大な損害が発生している。ここ愛媛県でも、各地で犠牲者、店舗の浸水被害、家屋の倒壊、住民の避難など想像を絶する被害が出ている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 暑さが続く奉仕も続く。 | トップ | 飲み会の言い訳。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふるさと」カテゴリの最新記事