熊野のおやじの里山ブログ

春夏秋は、地元西城町熊野を紹介 冬はスキーの日記を書きたいと思ってます。( ・_・)ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮崎旅行記 結局九州ほぼ1周①

2015-11-23 17:31:16 | 旅行
11月21日夜から23日にかけて九州に生きました。
11月21日夜6時家を出発中国自動車道から九州自動車道に乗って久留米pPAで朝まで仮眠(鳥栖ジャンクションが渋滞するので越したかった)
22日朝起きて広川SAで朝食後ひたすら南下鹿児島に入り東九州道で都井岬を目指す。おおすみ弥五郎道の駅で弥五郎さんに会い奇妙な銅像を見た。

都井岬に到着岬神社付近で岬馬に接近


その後北上して鵜戸神宮へ 駐車場に車を止めて歩くこと20分


頑張って歩いたおかげで素晴らしい景観と神社に
会えました。
次に向かったのは、今回の旅のメインにあげていたモアイ像に


健康と仕事運が上がる左2体にタッチ 金運上昇にタッチするのを忘れちゃった😰
その後宿泊先のANAホリデーインリゾート宮崎に
途中サーファーが多く海に浮かんでました。
ホテルにつくとフロントでスタンダードの部屋が埋まったので
スペリアルツインの最上階に宿泊ツイてました。
そして夕食バイキングを食べて就寝後はその②で
コメント

熊野の敬老会

2015-11-15 19:06:57 | 神話の里くまの 自治会
今年も熊野地域に住まわれる
75歳以上の方を招待して熊野敬老会を行いました。
猪🐗さんもみんなをお出迎え


私が司会者ですのたすきも似合う松本部長の司会と岡田会長の挨拶でスタートです。

まず綾子さんの体操教室とゲームで体をほぐしました



十分にゲームを楽しんだ後は 今年75歳を迎えられたら雅嶽さんの乾杯音頭で昼食です。



美味しい弁当を食べながら話が弾みました。
昼食後 午後の部として地元出身のしげるさんにお越しいただいて津軽三味線です。残念ながらビデオを撮っていたので写真がありません

東北の民謡を主体に最後は津軽じょんがら節でした。始めて近くで聞く津軽三味線は圧巻で皆様にも大変好評でした。
しげるさんは、白木町で吉田というラーメン屋を営むかたわら津軽三味線を弾いておられるそうです。
集合写真の真ん中がしげるさんです。

しげるさんのおかげで敬老会も大変な盛り上がりの中閉会になりました。お世話をしていただきました役員と地域の皆様ご苦労様でした。
コメント

熊野神社奥の院へ

2015-11-08 20:35:48 | 熊野の見所
県知事参拝に合わせて熊野神社奥の院の紹介をします。
まず境内よこから2の宮 3の宮に通じる山道の始めにある鳥居です

鳥居をくぐると右側に三宝荒神の内中尺田の山脇荒神と下尺田の松崎荒神を祀る荒神さんが有ります。尺田地域にはこの他に下尺田の松本荒神と長者原の近藤荒神があり 大神楽はこの4つの荒神さんを鎮める為に13年に1度地域で催されています。

左手に鎮座されているのは、牛馬の神様 牛馬荒神です。
約30年前までは、この地域の殆どの家で黒毛和牛の肥育をしていました。家畜の安全と繁栄を守るために深く信仰されていました

山道を進と2の宮と金持神社が見えてきますがこれは、次の機会に

コメント

湯崎県知事熊野を歩く その2

2015-11-07 14:10:46 | 神話の里くまの 自治会
熊野神社では参拝の記帳と植樹をしていただきました


植樹

参拝記念の集合写真 木山市長と県 市の同行の皆さん

歴代県知事参拝記念碑の前で 湯崎知事も此処に刻みます。

参拝後イザナミ茶屋で休憩しながら代表の藤崎店長から地元の取組について説明されました


このあとは西城にでて昼食と懇談会をし午後4時から西城町の取組について三坂トマトの方や熊野など地域活性化の取り組みについてチャレンジトークが行われます
熊野に来られた印象は、大変気さくに話をしていただき良い印象を持っていただけたのではと思いました。
11月20日の午後7時前広島ホームテレビでこの模様が放映されるそうです
コメント

湯崎県知事熊野を歩くその1

2015-11-07 13:49:08 | 神話の里くまの 自治会
湯崎県知事がチャレンジトークの一環で熊野にこられました
まずコギの養殖池にて養殖の苦労やコギの魅力について
組合代表の田中さんより説明を受けました。


こぎの塩焼きを食べて頂き 身がしっかりしていて大変に美味しいと
好評を頂きました。



その後熊野神社へ移動し岡田会長と岡崎宮司の案内で神社へ

途中にある県下第1位の天狗の休木や巨杉郡を見上げていました


境内前の手水鉢で清められいよいよ境内に上がられ本殿に参拝された後拝殿で宮司と市職員で熊野や比婆山の歴史について調べている
稲村氏の説明を聞き質問もされていました






その2に続く
コメント