「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋放浪記NO.0071 ~祝勝会~「串や 楽蔵」(船橋市西船)

2006-06-14 23:37:19 | 居酒屋さすらい ◆地方版
 西船橋。通称西船。
 地下鉄東西線の基点ながら、その土地柄は千葉県北西部では至って地味だ。
 この辺りの盛り場というと、一番手はやはり柏、次に津田沼。更にその次となると、松戸か船橋。西船は端にもひっかからない。
 そもそも、西船のイメージはあえて一言で言えば「いかがわしい」に尽きる。
 船橋競馬場や船橋競輪がある南船橋より断然いかがわしい。
 そのもっともたる理由は、伝説のストリップ劇場「西船OS」の強烈なイメージが残っているからか。
 西船と言えばOS、OSと言えば西船というほど、そのイメージは鮮烈。
 小生も20歳の頃、成田空港でのバイト仲間、O野ちゃんと一緒にストリップ小屋の扉をくぐった。
 据えた臭いの劇場で真面目そうな学生風の青年が、じゃんけんに勝ちまくり、えげつないほどに高揚した顔でまな板ショーに臨んだ、あのシーンは今も小生の脳裏に強烈な印象で焼きついている。

 ともあれ、そのいかがわしい西船に久しぶりに降りてみた。
 厳密に言えば、今年はすでに2回くらい草野球の関係で、この地に足を踏み入れているが、それまでは10年間、ここは通り過ぎるだけだった。
 そう、ここは通りすぎる町。
 JR線は総武線と武蔵野線が乗り入れ、地下鉄の東西線と私鉄の東葉高速鉄道もそれぞれ始発駅として路線を設ける。また、徒歩10分圏には京成線の西船駅もあり、一応ターミナルステーションの体裁ではある。
 だが、何故か学生もサラリーマンもこの町を素通りしていく。
 それは何故だか分からない。

 前置きが長くなったが、実に久々に西船の駅を降りてみた。
 今日は、草野球チームの祝勝会なのである。
 5月28日、練習試合ながら創設4年目にして初勝利をあげたマイティフロッグ(「目指せ!ドラフト草野球日誌♯10」参照)が、その栄誉をたたえ、祝勝会を催したのである。
 日曜日の夕刻、メンバー総勢6人が集い、監督が事前に予約したという「楽蔵」という居酒屋を目指した。
 西船駅の北口は相変わらず雑多な感じで「いかがわしかった」。
 線路沿いを東京方面にちょっと向かった一角はそれに輪をかけて胡散臭い。
 戦後まもない頃、ここにどさくさにバラックを建てて、どさくさに商売を始めて、今に至っているような、何か触れてはいけないような張り詰めた空気が漂う。
 こじんまりとした中華料理屋の裏でタバコをふかして休憩するコックと目があった。
 人を刺すような鋭い眼光だった。

 もう少し歩くとようやくお目当ての居酒屋に着いた。
 最近やけに多いダイニング系のおしゃれ系和風居酒屋だった。
 夕方5時20分、我々一行は一番乗りを果たし、奥座敷掘り炬燵風の席へ案内される。
 生ビールで口を濡らし、料理の注文に入ったとみるや、チーム最年少のO崎君(25)の「学生風とにかくいっぱい注文」攻撃が始まるのである。
 まず、「パリパリ鶏皮と温玉のホワイトサラダ」から、7種類の味噌仕立てという「牛もつ味噌煮込み」、「串盛り合わせ本日のお勧め」を2皿。そして「ふんわりだし巻き卵」に「地鶏と野菜のピザ」、更には「特製メンチカツ」に「ご飯」までを一気に注文。
 さすが、20代半ば。まだまだ若いな。

 しばらくすると、次々に料理の数々が運ばれてくる。
 そのうち、テーブルには置ききれないほどの皿が宴を彩るのだった。
 とは言うものの、料理はけっこうおいしかった。
 特に「パリパリ鶏皮と温玉のホワイトサラダ」(名前なげぇ~よ。どうして、こういうダイニング系の居酒屋の料理って名前が長いんだ?)。
 長い独身生活にすっかり緑黄色野菜の摂取が不足している小生にとってはまさに恵みの雨。思う存分サラダを食べ尽くしてしまった(チーム最年長とは思えない、しかも新人なのに、その振る舞い)。
 また、7種類の味噌で濃厚な味を醸していた「牛もつ味噌煮込み」。これが案外いけたな。

 軟弱な店かと思っていたが、意外に骨太。
 焼酎もけっこう種類が豊富だった。
 オープンキッチンの周囲はカウンターで固められている。さらに店の内壁には焼酎や日本酒の酒瓶がオブジェのように飾られているのだ。

 生ビールを立て続けにか~っと3杯もやっちゃったら、おっさんかなり酔いどれ気分になってきた。このため、完全に思考回路が中断し、焼酎もキャプテンが飲んでいるものを指差し「同じもの」と適当に注文。だが、この芋焼酎、「さつま島美人」(長島研醸有限会社)がけっこうイケた。

 次から次へとくいくい飲んでいると、かなりのへべれけペースに。しかし、ここはグッと抑えて平静を保つ。
 気がつけば、時間は9時半。おいおい、4時間も店に長居しているじゃないか。
 機関銃のようながっつり注文といい、居酒屋長居といい、久々に小僧のようなことしちゃたなぁ。
 まぁまぁ、たまにはこんなのもいいだろう。
 4年目にしてチームが初めて勝ったんだから。
 しかし、純粋に勝利を求めてプレーする草野球って悪くないと思う。
 素朴で、そして温かくて。

コメント (12)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 居酒屋放浪記NO.0070 ~侮れ... | トップ | モザイクの一球NO.0027 ~さ... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ホワイトサラダ?? (怪鳥)
2006-06-15 09:02:46
なにがパリパリ鶏皮だ~!熊猫さんも良くこれらの長い名前のメニューを覚えていたね?いや、絶対メモしてるな・・・・。ま、このような店には自ら足を踏み入れる事は100%無いから良いのかな。でも野球部の飲み会がこういうところって変じゃない?監督、采配も変わってるけど会場選択も変わってるなあ。おっと、読んでるかな・・・。教えないでね。
意外と (熊猫刑事)
2006-06-15 13:14:31
 うまかったよ。しかし、名前が長いよ。いちいちフルネームで頼んでいたら煩わしくてしょうがない。

 ちなみにメモはとっていないよ。こういう店は「ぐるナビ」とかに登録してあるから、メニューも掲載されているんだな。



 野球部関係は多分読んでいないので大丈夫。

 まぁ、こういう店も後学のためには行っておきたいところだね。



 2ヶ月前に飯田橋の「白木屋」に行ったんだけれど、魅力的な食べ物がいっぱいあったよ。

 馬鹿にできないかも。
そう? (怪鳥)
2006-06-15 17:02:29
私の飲み友達Mさんと「日本中のダイニングバーらしき店駆逐大作戦」と銘打って、おじさんたちを新橋方面から大量派遣し、おしゃれな雰囲気をぶち壊して全ての店を大衆酒場にしてしまおう、という計画を密かに目論んでいます。まずは恵比寿辺りから・・・・。

私は大手チェーンは頑固なまでに行かないぞ~!無論行った事があって言ってますからね。行かず嫌いじゃあ~りません。でも養老はオッケー!(なんで?)
Unknown (熊猫刑事)
2006-06-15 21:22:27
 それはいい。

 その計画是非参画したい。

 ふらいんぐふりーまんの「ディスコ理論」に相通じるものがあるな。言わば「ディスコ作戦」と名づけたいな。



 さて、今晩は申し訳なかった。

 急遽、仕事関連の用事が出来てしまった。

 来週は水木が空いているよ。
ディスコ理論 (怪鳥)
2006-06-16 09:13:23
見てきました。なんたる偶然でしょうね。やはり「おじさん」と「おしゃれ」は相性がとても悪いんだなあ・・。それぞれ居場所があるからそのテリトリーを守らなければうまくやっていけないのでしょうね。昨日は会社の人間と「村役場」行きました。若い女性なんか一人も居ない。あそこもおじさんのオアシスだね。来週は中国行くかも&仙台行きも予定にあり、また連絡するぜい!
仙台? (熊猫刑事)
2006-06-16 13:31:15
 なぬ?

 仙台いつ行くの?

 オイラは火曜日、山形県酒田なんだけれど、

 タイミングがあえば蔵王あたりで会う?



 村役場気にいったのかな?

 あそこいいよねぇ。

 食べ物出てくるの早いし、けっこううまくて安いし。

 あんまり行くようだったら鉢合わせするかもよ。

 同じ店にいながら別々で飲むっていうホピ研も面白いね。
仙台は (怪鳥)
2006-06-16 16:36:15
水曜日の夕方から木曜日の午前中です。R球団に行って来ます。友人が入社しまして、呼び出し食いました。時間が無いね、残念・・・・。

村役場、う~ん昨日2回目だったのだけどおっしゃるとおりまあまあ美味くて安い、って感じですよね。気に入ってるって程では無いかな。私は気になった店は2回は行く事にしています。

スカウト。 (熊猫刑事)
2006-06-16 23:31:39
うむむ。とりあえず、2回は必ず行くのか。そうすると、3回目があるのか、ないのか、村役場の評価は次の来店にかかってるのだな。

どうなんだ!怪鳥!



来週はR天球団に行くのね。

いい選手がいるって言っておいてよ。

一度でいいからスカウト見に来てって。
そうだね! (怪鳥)
2006-06-19 08:58:22
そうだ、言っておくよ。でも彼はチケット事業部だからなあ(笑)。ま、でもどこから伝わるかは判らないよね。必ず言っておくぞ、いいね!このBBB見ろとURL教えておきます。

村役場、そうだね、自分としては微妙な位置です。カウンターが欲しいところですね。過去2回、二人で行ってるのだが、あの大テーブルでしょ。なんかね~、う~ん・・・・。やっぱり知らない方々と向かい合うってのは落ち着かないんだよね。隣にいる分には全く問題無いのに。それほど親しくない人とは「向かい合う」って結構難しいね。
よろしく! (熊猫刑事)
2006-06-19 13:37:42
 これで、プロ入りの扉が少し開かれた!

 「何でもやります!」と言うのも付け加えておいてよ。

 球拾いからチケット売りまで、何だったら職員になってもいいし!!



 よろしく!

コメントを投稿

居酒屋さすらい ◆地方版」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ディスコ理論 (鬼飛(おにとび)ブログ)
今日はディスコ理論について話しをしたい。この理論は、自分がバブル華やかなりし頃、当時流行っていたディスコ(というかクラブ)の栄枯盛衰を見て、編み出した理論である。